*

運転中に汗で手が滑るあなたに!事故する前に早めの対策!

公開日: : 美容・健康

運転中に大きめのカーブを曲がろうとしたら、途中でハンドルが滑ってぶつかりそうになった!

 

こんな経験、あなたにもありませんか?

 

手汗がひどいと結構な頻度で起こりえることです。

 

 

運転中にハンドルがすべる原因

ハンドルがすべる原因としては、手汗やハンドルの滑り止めが磨耗していることが大きな原因です。

 

手汗がひどいなら、手袋をして汗が直接ハンドルにつかないようにしたり、信号で止まるごとにタオルで拭くことで対処が出来ます。

 

長年乗っている車でハンドルの滑り止めが磨耗してツルツルになっている場合は、ハンドルカバーを付けたり交換して対応が出来ます。

 

ちなみに、もし手袋をしてもハンドルが滑るようなら、滑り止めのついたツブツブタイプの手袋にすると滑らなくなります。

 

137998

 

 

手汗が原因の場合

タクシーやバスの運転手が手袋をしているのは、手汗によるハンドルのすべりを抑える意味があります。

 

ですので、手汗で困っているなら、まずは手袋をしてみることです。

 

日焼け防止で手袋を付けている人もいるので気にする必要はありませんが、それまで付けていなかったら、普通に車を運転する時に手袋をすることに抵抗があるかもしれませんね。

 

面倒くささや恥ずかしさもあるでしょう。

 

であれば、信号で止まったときにタオルで拭くのがおすすめです。

 

素手の状態なので恥ずかしくはありませんからね。しかし、けっこう面倒くさいです。

 

それより手汗自体を止められればいいですよね?

 

 

手汗を止めるには?

汗を止めるには制汗剤が便利ですが、手の汗となると話は別です。

 

制汗剤はワキ汗を止めることや臭いを抑制するために作られているので、手汗には効果が無いのです。

 

手汗専用のクリームも出ていますが、ベタベタするので車の運転には適していません。

 

手汗にはパウダーが適しています。湿り気をサラサラにすることが出来ます。

 

ベビーパウダーやシッカロールを利用する事でベタベタ感はなくなります。

 

しかし、逆に粉がついてしまうという難点があります。

 

そのため、ハンドルが白くなってしまいます。

 

手汗をスグに止めてくれ2~3時間持続する「ファリネ」がおすすめです。

こちら

 

 

 

最後に

夏になると手汗の出る量も増えます。

 

運転は一瞬の判断・行動が大事になりますので、ハンドルがすべると危険です。

 

手汗を止めたいならファリネなどの手汗専用パウダーを使って、車の運転の時だけ対策したいということなら手袋やタオルなどで対応するといいですね。

 

関連記事

no image

シャンプーで頭皮がかぶれる原因|洗浄力重視は肌の負担が大きい

頭皮やうなじ、生え際がかぶれた時にはシャンプーが原因となっていることがあります。  

記事を読む

ニキビじゃないのに顔に赤い斑点が!それカビではありませんか?

鏡を見ていると顔に赤い斑点がポツポツ出来ている、ニキビかな?   でもちょっと違う

記事を読む

削っても綺麗にならない?かかとがガサガサになる原因とケア方法

かかとがカサカサにひび割れていると、古い角質を除去するクリームやヤスリでキレイにしていませんか?

記事を読む

no image

スーパーミリオンヘアは【ばれる】?気になる副作用も徹底調査!

スーパーミリオンヘアは頭にふりかけるだけで、一瞬で薄毛を隠せるお助けアイテムです。  

記事を読む

no image

冷え性対策には漢方がおすすめ|漢方が苦手な場合の代替案も紹介

これから寒い季節になって嫌なのが手足の冷えですね。   冷え性は冬に限らず一年中あ

記事を読む

no image

韓国発!人気のリップ・ベリサムの使い方と注意点

テレビCMでも話題の落ちないリップのべリサム(カラー6色)。   美容の最先端をい

記事を読む

no image

シミやそばかすがある女子は恋愛対象になる?

完璧な女性は存在しないにしても、できれば完璧を目指したくなるのが恋する乙女です。  

記事を読む

シミ・そばかすを消す方法!もう隠さなくても大丈夫

色が黒い私は小さい頃、肌が白く そばかすがある子がとてもかわいく見えたのを覚えています。 &

記事を読む

no image

肌が弱いアナタのためのファンデーションの選び方

ファンデーションで肌が乾燥したり、赤くなった事はありませんか。   肌に密着するフ

記事を読む

急に鼻水がでて止まらない時の対処法|原因追究が大事!

それまで何ともなかったのに急に鼻水が出てきて止まらない…、なぜ!と突然の鼻水で悩むことって少なく

記事を読む

PAGE TOP ↑