*

首にできた醜いイボをサッと取るには?自宅で出来るイボの取り方

公開日: : 美容・健康

鏡を見ていてふと首にイボが出来ているのに気付くことがあります。

 

痛くもかゆくもないですが、ポツポツと出来ていて見た目が不潔っぽくてイヤですよね。

 

このイボは肌の老化によるものだと知っていましたか?

 

紫外線による肌の衰えからくるもので、早ければ20代からイボが出来てくる場合もあります。

ibo2

お年寄りの方でイボが出来ている人が多いのは、紫外線をずっと浴びてきたために発生しやすくなっているからです

 

ちなみにこのイボは首だけでなく、目元や胸元、手の甲などに出来ることが多いです。

 

見た目の印象も悪いので、早く取ってしまいたいですよね?

 

パッと思いつくのが皮膚科や美容整形での除去ですが、その手術費はけっこう高額です。

 

 

首のイボのとり方

病院での手術となると1箇所の除去に対して約5,000円かかります。

 

もし5箇所できているなら、25,000円の手術費がかかる計算になります。

 

手軽に除去できる金額ではないですね。

 

年配の人で、そのまま放置している人が多いのもうなずけます。

 

ただ、30代・40代で目立つところに出来ていると見た目年齢が上がるので、出来れば取ってしまいたいものです。

 

そこでおすすめなのが、軟膏タイプのイボ除去です。

 

イボの出来ているところに塗るだけの手軽さで、イボを包み込んでツルツル肌にしてくれます。

 

一番人気は「ポッツルン」で、皮膚科の医師が開発に携わっているため、安全で安心して使えます。

 

クリーム状なのでイボにしっかり留まって、いつの間にかイボがなくなっていることに気付きます。

 

痛みも無いのでおすすめできるイボの取り方です。

 

 

最後に

紫外線による肌の衰えやダメージが原因のため、イボは目に見えるところに出来やすいです。

 

1箇所・2箇所程度なら手術でもいいのですが、場所が多くなると手術費も高額になってしまいます。

 

軟膏で治せるものなら手軽ですし、安くてすみますのでイボで悩んでいるときは試してみてください。

 

関連記事

洗顔中にニキビが潰れると悪化の原因に!皮膚の汚れは●で落とす

ニキビは触らないのが一番ですが、顔を洗うときについ触ってしまい潰れてしまう事がよくあります。

記事を読む

後悔しないビビリ毛ケア!自宅でやれるだけの事をやる4つのコツ

  ビビリ毛はどうやっても直すことはできません。   しかし、そのまま

記事を読む

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・・・ でも忙しくて皮膚科に

記事を読む

脱毛テープで根こそぎ抜くコツ!処理後のお肌ケアまでキッチリ公開!

  毛抜きのようにチマチマ抜く必要がなく、カミソリのように傷めることもない。 &n

記事を読む

no image

朝までグッスリ!眠れないあなたを良質な睡眠へと導く方法

あなたは毎日の睡眠で次のような悩みがありませんか?   ■寝起きが悪い ■目

記事を読む

ぐっすり眠れない方に朗報!深い眠りへといざなう5つの処方箋!

ちゃんと寝ているのに疲れが取れない、なんだかスッキリしない、と睡眠について悩んでいませんか?

記事を読む

インフルエンザの予防接種はどうする?効果はいつから?

そろそろ夕飯の御献立にあったまるものを なんて考える季節となっています。   こ

記事を読む

no image

快適な眠りを実現!ちょうどいい枕の高さ調整のポイント

長時間寝てもスッキリしないな~、寝て起きると肩こりがひどいんだよな~、と睡眠に対する悩みを持って

記事を読む

夜勤の疲れが取れないあなたへ!その疲れは十分な睡眠で解決できる!

夜勤で疲れているのに何故か眠れない…、こんな経験あなたもありませんか?   眠れないと

記事を読む

どっちがいいか迷ってない?セノビックとミロを比較してわかった違いを公開

  子供の成長期って今しかないので、できるだけ栄養のあるものをとらせてやりたいのが親

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑