*

Iラインの毛深い女性はどう処理するべき?自分でやっても大丈夫?

公開日: : 美容・健康

女性なのに毛深いと色々なところに悩みの種があるものです。

 

中でもIラインは処理が難しい上に、そのままにしておくとスグにボーボーになってはみ出てしまうので、これからの季節は大きな悩みの一つですね。

 

場所が場所だけに処理の仕方には気をつけましょう。

 

 

Iラインは抜く?剃る?

Iラインをツルツルにしたくても、剃ったり抜いたりはNGです。

 

太ももやふくらはぎに比べて剃りにくいので、皮膚を傷つけてしまいやすいのです。

 

また、抜くのはもっとダメです!

 

毛を抜く時には皮膚や毛根を傷つけることが多く、炎症を起こしたり血が出たりします。

 

日常生活に支障をきたすほどの痛みが出る事もあるので、抜くのは止めましょう。

 

 101256

 

 

除毛クリームはあり?

アンダーヘアの脱毛方法として近年ブラジリアンワックスが評判となっています。

 

自宅で出来るからと人気となっており、実際に使っている人も多いです。

 

しかし、クリームやワックスを塗布して固まってから一気にはがすという、結局抜くという行為と変わらないので、あまりおすすめできません。

 

また、場所的に綺麗に塗るのが難しいため、処理できる場所とそのままになってしまう場所ができてしまいます。

 

毛抜きで抜く以上に広範囲を一気に抜いてしまうため肌トラブルも多いといわれています。

 

メリットとしては剃るよりも次の毛の生える時期までが長くなるため、お手入れの回数が少なくて済みます。

 

時間も毛抜きより短くて処理できるので忙しい方にも向いています。

 

 

Iラインの処理はどうするのがベスト?

Iラインのムダ毛を処理するのにベストなのは脱毛サロンで脱毛してもらうことです。

 

処理する時の手間や肌への負担を考えると、自分でやるよりはサロンでやってもらった方が安全で手軽、そしてなにより綺麗です。

 

最近は、脱毛サロンも価格破壊が起こっているので、かなり安くで脱毛できます。

 

また、口コミサイトが出来ていることにより、強引な勧誘をするサロンは少なくなっています。

 

脱毛サロンのおすすめは脱毛サロン「KIREIMO」です。

 

今ならワンコイン(500円)でプレミアム美白脱毛が利用できるキャンペーン中です。

 

 

まとめ

Iラインの処理は難しいですね。

 

ただ、これからの季節は薄着になったりするので、ムダ毛は早めに処理しておきたいところです。

 

自分で処理するのもいいですが、時間を節約をするなら脱毛サロンでパパッとやってもらう方が意外とお金も節約できるものですよ。

 

関連記事

お風呂に入るがめんどくさい夜に最低限やっておくべきこと!

夜、仕事から帰って風呂に入るのは、けっこう面倒に感じませんか?   疲れも取れるし

記事を読む

20代でも実感!あなたの記録力低下の原因はストレスかも知れない!

最近、記憶力が低下したと感じたり、以前よりも物覚えが悪くなったような気がすることありませんか?

記事を読む

眠れないほど歯が痛い原因&歯痛に効く応急処置3選

■ズキズキ歯が痛くて眠れない…、 ■食事の時に歯が痛くなり食べられない…、 ■アイクスリーム

記事を読む

体がだるい原因

体がだるい原因はどこにある?知らないと恐い体からのサイン

グッスリ寝たつもりでも体がだるい・・・、調子が悪いわけではないのに体が重い・・・、と体の不調を感

記事を読む

no image

何度やってもまつ毛が上がらない?正しいビューラーのやり方

ビューラーを使ってもまつ毛が上手く上がらないという悩みがありませんか?   カクカ

記事を読む

咳を止める方法 -裏技を2つ公開-

冬になり、寒くなって乾燥してくると風邪をひく人も増えてきます。   街中を歩いてい

記事を読む

no image

ヘアアイロンで髪を傷めない最適の温度設定|200℃は高すぎ?

くせ毛を真っ直ぐにしたり、巻き髪にカールをさせたりと便利に使えるヘアアイロン。  

記事を読む

no image

ワセリンリップで唇が荒れる人必見!保湿ではなく潤いが必要!

冬には荒れた唇をケアするリップクリームが欠かせない!という人は女子だけでなく、最近は男子にも多い

記事を読む

ぐっすり眠れない方に朗報!深い眠りへといざなう5つの処方箋!

ちゃんと寝ているのに疲れが取れない、なんだかスッキリしない、と睡眠について悩んでいませんか?

記事を読む

no image

SK2を使い始めたら吹き出物が出た!美肌ではなく肌荒れになる原因

少々お高めですが美肌になれると評判のSK2(SK‐Ⅱ:エスケーツー)。   若い女

記事を読む

PAGE TOP ↑