*

同窓会で綺麗と言われたい!30代で若く見せるためのポイント

公開日: : 美容・健康

学生生活を終え一般社会に出ると自然と疎遠となるのが学生時代の友人達。

 

30代くらいになると、忘れた頃にふと訪れるのが同窓会のお知らせです。

 

久しぶりに友人達と会いたい気持ちとおばさんになってしまった自分では、友達の前に出たくないと思う気持ちが交差するものです。

 

しかし、こういった機会がないと仲良しだった友人に合うチャンスもありません。

 

みんな同級生ですから、おじさん&おばさんばかりなので見栄を張る必要は無いのですが、少しでも若く見られたいもの

 

そこで、皆から綺麗といわれるためのポイントを紹介します。

 

 

同窓会で綺麗といわれるためのポイント

同窓会に参加してみんなの注目を集めるには以下の項目に気をつけるべきです。

 

■お肌

■髪

■体型

■メイク

■服装・アクセサリー

 

それではそれぞれの項目を見て行きます。

 

 

お肌

20代のころには気にならなかった肌荒れは、30代になるとかなり老化してしまっています。

 

顔はマジマジと見られるので、特に注意が必要です。

 

よく見られるポイントは、シミやシワ、毛穴や潤い(カサカサ乾燥していないか)などです。

 

これらは一朝一夕では良くすることができないので、普段からのケアが大切です。

 

 

メイク・化粧

普段の肌荒れはある程度メイクで隠せます。

 

ちなみに同窓会だからと気合を入れて化粧するのは逆効果です。

 

普段しているメイクよりも少し華やかにするイメージで、厚化粧にならずに頑張り過ぎないメイクが好まれます。

 

b0de52

 

 

髪も顔と同じくらい気になるポイントです。

 

薄毛や白髪、ボリュームなどチェックされます。

 

30代では薄毛を気にする事は少ないかもしれませんが、40代以上になると部分かつらなどを利用すると簡単にボリュームアップできます。

 

ただ、男性陣は30代でもハゲている確率はかなり高いです。

 

 

体型

普段の食生活の乱れから太ってしまっていることの多い30代。

 

お腹についた脂肪が取れずに何度もダイエットに失敗していませんか?

 

同窓会の参加をきっかけにダイエットを成功させる人もいるかもしれませんが、まず難しいでしょう。

 

そのような場合はエステに通ってプロの手を借りるのが手っ取り早いです。

 

しかし、エステ通いはお金がかかるので、補正下着やヌーブラなどで一時的に痩せてみせ、ふくよかな体型を演出するのは可能です。

 

余談ですが、最近CMでも人気のライザップのようなジムでは短期間でも痩せたり、マッチョになれます。

 

しかし、糖質制限や筋トレなどはかなりキツイので、強い精神力がないと体型を変えるのは難しいでしょう。

 

 

服装・アクセサリー

気合を入れてブランドで身を固めるのはやめましょう

 

30代ともなると目が肥えていますので、普段着慣れない服装やアクセサリーは浮いて見えるのですぐに分かります。

 

ワンポイントで持っておくくらいが丁度いいくらいです。

 

 

まとめ

同窓会の本来の目的は昔の仲間に会うことです。

 

しかし、少しでも自分を良く見せたいというのは誰しもが思うことです。

 

言っても、会うのは数時間程度のことですから、見た目を良くして昔に戻ってみるのもいいですね。

 

関連記事

主治医が見つかる診療所で原千晶ががん闘病を激白|最新の検査法まとめ

各科の医師が集まって病気の予防や治療について紹介するテレビ東京の「主治医が見つかる診療所」。

記事を読む

no image

肌が弱いアナタのためのファンデーションの選び方

ファンデーションで肌が乾燥したり、赤くなった事はありませんか。   肌に密着するフ

記事を読む

食べるだけでは痩せないよ?タイガーナッツで太りにくくなる食べ方

食べるだけで太りにくくなれる食品として人気の「スーパーフード」。   人気モデルの

記事を読む

峯岸みなみも実践?コンビ二でOKのライザップ流食事メニュー

ライザップ(RIZAP)でダイエット成功の芸能人として新CMに出演することになったAKB48の峯

記事を読む

怖い顔を直したい!目つきが悪いのが改善しない時に使える秘策

スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogl

記事を読む

no image

ヘアアイロンで髪を傷めない最適の温度設定|200℃は高すぎ?

くせ毛を真っ直ぐにしたり、巻き髪にカールをさせたりと便利に使えるヘアアイロン。  

記事を読む

no image

シェーバーを選ぶときはお肌への優しさがポイント

毎日の髭剃りや無駄毛剃り、剃った後、なんだかひりひりしたり赤くなったりすることはありませんか。

記事を読む

日焼け止めでニキビが悪化するのはなぜ?塗らないほうがいい?

ニキビやニキビ跡に悩んでいる人は、この季節は通常のケアのほかに紫外線対策が必要です。  

記事を読む

長命草の育て方

長命草の育て方|与那国島にならって幻の美容草で大儲け?

与那国島でパワーベジタブルとして島民の多くが育てている長命草(ボタンボウフウ)。 &nbs

記事を読む

no image

大根足でも大丈夫!足をスッキリきれいに細く見せる方法

ダイエットしてもなかなか細くならないのが足(脚)です。   上半身がキレイにダイエ

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑