*

同窓会で綺麗と言われたい!30代で若く見せるためのポイント

公開日: : 美容・健康

学生生活を終え一般社会に出ると自然と疎遠となるのが学生時代の友人達。

 

30代くらいになると、忘れた頃にふと訪れるのが同窓会のお知らせです。

 

久しぶりに友人達と会いたい気持ちとおばさんになってしまった自分では、友達の前に出たくないと思う気持ちが交差するものです。

 

しかし、こういった機会がないと仲良しだった友人に合うチャンスもありません。

 

みんな同級生ですから、おじさん&おばさんばかりなので見栄を張る必要は無いのですが、少しでも若く見られたいもの

 

そこで、皆から綺麗といわれるためのポイントを紹介します。

 

 

同窓会で綺麗といわれるためのポイント

同窓会に参加してみんなの注目を集めるには以下の項目に気をつけるべきです。

 

■お肌

■髪

■体型

■メイク

■服装・アクセサリー

 

それではそれぞれの項目を見て行きます。

 

 

お肌

20代のころには気にならなかった肌荒れは、30代になるとかなり老化してしまっています。

 

顔はマジマジと見られるので、特に注意が必要です。

 

よく見られるポイントは、シミやシワ、毛穴や潤い(カサカサ乾燥していないか)などです。

 

これらは一朝一夕では良くすることができないので、普段からのケアが大切です。

 

 

メイク・化粧

普段の肌荒れはある程度メイクで隠せます。

 

ちなみに同窓会だからと気合を入れて化粧するのは逆効果です。

 

普段しているメイクよりも少し華やかにするイメージで、厚化粧にならずに頑張り過ぎないメイクが好まれます。

 

b0de52

 

 

髪も顔と同じくらい気になるポイントです。

 

薄毛や白髪、ボリュームなどチェックされます。

 

30代では薄毛を気にする事は少ないかもしれませんが、40代以上になると部分かつらなどを利用すると簡単にボリュームアップできます。

 

ただ、男性陣は30代でもハゲている確率はかなり高いです。

 

 

体型

普段の食生活の乱れから太ってしまっていることの多い30代。

 

お腹についた脂肪が取れずに何度もダイエットに失敗していませんか?

 

同窓会の参加をきっかけにダイエットを成功させる人もいるかもしれませんが、まず難しいでしょう。

 

そのような場合はエステに通ってプロの手を借りるのが手っ取り早いです。

 

しかし、エステ通いはお金がかかるので、補正下着やヌーブラなどで一時的に痩せてみせ、ふくよかな体型を演出するのは可能です。

 

余談ですが、最近CMでも人気のライザップのようなジムでは短期間でも痩せたり、マッチョになれます。

 

しかし、糖質制限や筋トレなどはかなりキツイので、強い精神力がないと体型を変えるのは難しいでしょう。

 

 

服装・アクセサリー

気合を入れてブランドで身を固めるのはやめましょう

 

30代ともなると目が肥えていますので、普段着慣れない服装やアクセサリーは浮いて見えるのですぐに分かります。

 

ワンポイントで持っておくくらいが丁度いいくらいです。

 

 

まとめ

同窓会の本来の目的は昔の仲間に会うことです。

 

しかし、少しでも自分を良く見せたいというのは誰しもが思うことです。

 

言っても、会うのは数時間程度のことですから、見た目を良くして昔に戻ってみるのもいいですね。

 

関連記事

ロカボ食で無理せずダイエット!食べていいもの・ダメなもの

食事の量を減らしても、カロリー制限しても体重が減らない!なぜ?と悩んでいませんか?  

記事を読む

no image

夜勤で健康被害に遭う前に!食事で健康管理に気をつけよう

夜勤や交代勤務を長年していると、段々と不安になるのが健康面です。   人間は夜には

記事を読む

no image

ヘアアイロンで髪を傷めない最適の温度設定|200℃は高すぎ?

くせ毛を真っ直ぐにしたり、巻き髪にカールをさせたりと便利に使えるヘアアイロン。  

記事を読む

ムダにしていませんか?長風呂の時間を効果的に楽しむコツ

一日の疲れをとる一番の方法といえば、お風呂!   仕事から家に帰って湯船につかった

記事を読む

no image

シャンプーでしっかり洗ってもかゆみやフケが止まらない原因

頭皮の悩みのひとつとしてかゆみがあります。   なんとなく、頭がかゆい、違和感がある、

記事を読む

no image

唇の端(口角)が切れてしまった時の原因と対処法

唇の端が切れたことってありませんか?   治りかけても食事をする時に又切れてしまっ

記事を読む

目を開けたまま寝る人は要注意!眼球が傷ついてしまう事も!

夕方から夜にかけて電車に乗っていると 半目を開けて寝ている人ってけっこう見かけませんか? &nb

記事を読む

ニキビ部分の皮が剥けるときの対策|刺激を与えないケアを心がける

ニキビ部分だけ皮剥けする場合は主に乾燥が原因となっています。   ニキビは毛穴の詰

記事を読む

乳腺症は20代でもなる

乳腺症は20代でもなるって本当?痛みやしこりの様子見は危険!

女優の真矢ミキさんが乳腺症であることを公表されてから、乳腺症についての不安を口にする方が増え

記事を読む

ごっそり取れる毛穴パックにご用心!開きっぱなしで逆効果にも!

あなたは500円くらいで買える市販の毛穴パックを使ったことありますか?   毛穴に

記事を読む

no image
頭皮のかゆみ止め塗り薬|効果的な塗り方知っていますか?

頭皮がかゆいときはシャンプーが合わないとか、洗い方に気をつけましょう、

no image
アデランス無料ヘアチェックではどんな事をされる?

自宅での頭皮ケアや育毛剤で効果が感じられなかったなら、そのまま同じ薄毛

no image
ミノキシジルの副作用|心臓や肝臓への影響はある?

発毛・育毛に効果のある成分として有名なミノキシジル。  

no image
ミノキシジルの初期脱毛が止まらない|いったいいつまで続く?

ミノキシジルを使い始めると初期脱毛が起こることはご存知でしょう。 &

no image
シャンプーしても髪のべたつきが取れない原因を知っていますか?

毎日シャンプーしているのに何故か髪がべたつくことありませんか? &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑