*

熱中症対策でも水の飲みすぎに注意!水中毒にならない正しい飲み方

公開日: : 美容・健康

今年の夏も熱いですねー!

 

連日、「今日の最高気温は○県○市で、なんと○度という暑さでした!」なんていう報道を毎晩目にします。

 

熱中症で病院に運ばれるというニュースも毎日流れているので、家の中でも水分補給は欠かせません。

 

ただ、ゴクゴクと水を飲めば熱中症対策になるかというと、そうでもありません。

 

正しく水分を摂らないと対策にならないどころか、逆に命の危険にさらされることがあるので気をつけましょう。

 

 

正しい水分補給の仕方

喉が渇いたからと冷蔵庫から冷えた水を飲む、なんていう飲み方は間違った水分補給の仕方です。

 

4つのポイントをまとめていますので、正しく摂取するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

のどが渇く前に飲む

のどが渇いたと感じたときには既に脱水症状が始まっています。

 

のどの渇きを感じてもすぐに水分を時など、熱中症は気付いた時には体の自由を奪っています。

 

ですので、のどが渇く前に水分を摂取することが大事です。

 

 

常温の水を飲む

暑い時には冷たい水を飲みたいものですが、常温(10℃~15度℃)の水を飲むほうが体への吸収が早いです。

 

また、火照った体に冷たい水は負担となるので、常温で飲むようにしてください。

 

 

少しずつ飲む

ゴクゴクと飲むのはNGです。

 

一度に沢山の水分を摂ってしまうと体内の塩分濃度が急激に下がってしまうため、体に負担がかかってしまいます。

 

少量なら問題ありませんが、極端に大量の水を一度に飲むと低ナトリウム血症を引き起こし、最悪の場合、命を落とすこともあります。

 

喉を潤す感じで少しずつ飲むようにしましょう。

 

169675

 

 

塩分と一緒に飲む

前述のように水だけだと体内の塩分濃度が下がります。

 

ですので、水を飲むときには塩分を一緒に摂るようにすると体の負担も少なくて済みます。

 

ポカリスエットなどの清涼飲料水でもいいのですが、糖分が多いため飲みすぎは禁物です。

 

経口補水液(けいこうほすいえき)の方が熱中症予防にはおすすめです。

 

 

まとめ

ニュースなどで熱中症指数が発表されて注意を促していますが、毎日救急搬送されたという内容が報道されています。

 

身近な病気なので、意識して水分不足にならないよう気をつけましょう。

 

また、熱中症予防のために飲んだ水が体の負担になるのは本末転倒です。

 

夏の時期は常に水を携帯して、定期的に水分を摂るようにして熱中症予防をしましょう。

 

関連記事

no image

鏡を見たらおばさんだった!パーマの失敗をダメージ少なく直すには

ゆるふわパーマでお願いしたはずなのに、完成したのはおばさんパーマだった…   笑え

記事を読む

足を組む癖は今すぐ直そう!体のゆがみが体調不良を呼ぶ!

仕事中や授業中などで椅子に座っているとき ついつい足を組んで座っていませんか?  

記事を読む

10代・20代にも急増中!若い世代に起こる若白髪の原因と対処法

白髪といえば高齢者のなるものと思いがちですが、10代や20代という若い年代からでも白髪に悩む人が

記事を読む

あなたの動脈硬化度を確認できる!血管年齢測定のチェックリスト

最近、テレビの健康番組でよく耳にする「血管年齢」。   もうすぐ還暦を迎える郷ひろ

記事を読む

no image

縮毛矯正は何ヶ月おきに一回がいい?髪にダメージの少ない頻度

強いうねりでも真っ直ぐにしてくれる縮毛矯正は、くせ毛に悩む人にとって救世主的存在です。 &nb

記事を読む

冬の入浴タイムの楽しみ方

寒くなってくると、ゆっくりお風呂の入って体を暖めたくなりますよね。 あなたは入浴タイムをどのよ

記事を読む

no image

頭痛で悩まされている人必見!その頭痛の原因は鼻づまりかも?

春の花粉の飛ぶ季節や、風邪が始まる冬の時期になると鼻づまりに悩まされる人が多くなります。 &n

記事を読む

no image

芸能人も愛用している冷え取り靴下の効果とは?

冬が近付いてくると手先や足先の冷えが辛くなってきます。   女性では7割ぐらいの人

記事を読む

no image

寝起きがだるいのは病気?朝の目覚めを悪くしている原因は何?

朝目が覚めると全身の倦怠感があり、だるくて起きられないという経験、あなたもありませんか? &nbs

記事を読む

no image

SK2を使い始めたら吹き出物が出た!美肌ではなく肌荒れになる原因

少々お高めですが美肌になれると評判のSK2(SK‐Ⅱ:エスケーツー)。   若い女

記事を読む

no image
頭皮のかゆみ止め塗り薬|効果的な塗り方知っていますか?

頭皮がかゆいときはシャンプーが合わないとか、洗い方に気をつけましょう、

no image
アデランス無料ヘアチェックではどんな事をされる?

自宅での頭皮ケアや育毛剤で効果が感じられなかったなら、そのまま同じ薄毛

no image
ミノキシジルの副作用|心臓や肝臓への影響はある?

発毛・育毛に効果のある成分として有名なミノキシジル。  

no image
ミノキシジルの初期脱毛が止まらない|いったいいつまで続く?

ミノキシジルを使い始めると初期脱毛が起こることはご存知でしょう。 &

no image
シャンプーしても髪のべたつきが取れない原因を知っていますか?

毎日シャンプーしているのに何故か髪がべたつくことありませんか? &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑