*

片思いを諦める時の見極めのタイミングとすっぱり諦める3つの方法

公開日: : 生活

片思いは苦しく切ないものです。

 

彼の態度や仕草に脈があるかもと前向きな時は良いのですが、彼に彼女が出来た時や他に好きな人がいると知ってしまったときには、諦めないといけないということもあります。

 

ただ、そんなに簡単に諦められるものではありません。

 

そこで、片思いを諦める時のきっかけとなるタイミングと諦める方法について紹介します。

 

どうしても彼を諦められない時

 

 

片思いを諦めるタイミング

一番の片思いを諦めるタイミングは他に彼女が出来てしまった時です。

 

彼女が出来てすぐは、あなたがどんなに素敵な女性であっても彼の目は他の女性には向きません。

 

彼女と仲良くしているところを見たくないでしょうし、しばらくは彼との距離を置くほうがいいでしょう。

 

086806

 

 

彼への恋心を諦める3つの方法

彼を諦めようと思っても簡単には諦められないでしょう。

 

そこで、彼への想いを断ち切る方法を紹介します。

 

 

1.彼との関係を絶つ

メールやLINE、携帯番号など彼とやり取りできるものは全て消去してしまいましょう。

 

といっても躊躇するのは当然ですよね。

 

大好きな彼の連絡先を消してしまうなんて、今のアナタにとってはとても辛いことです。

 

しかし、諦めると決めたのなら消すことが大事です。

 

 

2.彼が視界に入らないようにする

学校や職場で一緒になる男性を好きなったのなら難しいかもしれません。

 

しかし、彼の声が聞こえたり姿が視界に入ってしまうと、あなたの心は揺らいでしまいます。

 

もしアルバイト先でのみ彼と一緒になるのなら、さっさと辞めてしまいましょう。

 

他のバイトを見つけて新しい出会いに目を向けたほうが建設的です。

 

 

3.思い切って告白する

彼女が出来た彼にアタックするのは100%玉砕覚悟です。

 

でも、想いを告げずに諦めるのが無理なら思い切って告白してみることです。

 

振られたっていいじゃないですか。

 

言わないでズルズルと引きずるより、よっぽど良いですよ。

 

もし告白するという決意を持ったならお守りくらいは持っておくと良いですよ。

 

絶対無理と思ってたのに…!彼を手に入れる【陰陽師のパワーストーン】

 

 

最後に

好きになった彼を諦める時は心が張り裂けそうなほど辛いことです。

 

しかし、女性としてもっと魅力的になれるチャンスでもあります。

 

彼があなたを選ばなかった事を後悔する位に素敵な女性になれるよう努力していたら、気づいたら片思いの辛さなんて忘れていますよ。

 

関連記事

謎肉食べてみた

カップヌードル謎肉祭をたべてみた感想|売り切れ後にある場所で発見

発売3日で在庫が切れて、今現在もAmazonやヤフオクで価格が高騰しているカップヌードルの謎

記事を読む

引越しの挨拶でもらって嬉しい品物

進学や就職などで引っ越して新しい土地に住むことは ドキドキ・わくわくしますね。  

記事を読む

no image

夜勤で寿命が縮むのは本当?長生きするための対策はある?

夜勤で働いていると寿命が短くなると聞いたことありませんか?   ある報告によれば、

記事を読む

手汗でスマホが誤動作する?タッチパネルが反応しない時の対処法

スマホのアプリやゲームを使っていて、「タッチパネルの反応が悪いなー」とか「よく誤動作するんだよな

記事を読む

スマホの動きが遅い?容量不足で重くなった動作を解消する方法

最初はサクサク動いていたスマホなのに、いつの間にか動作が遅くなってイライラしていませんか? &

記事を読む

見逃さないで!好きな人からの脈ありサインはコレではっきり分かる!

好きな人が出来ると毎日が楽しくて仕方ありませんよね。   しかし、その逆に自分に好

記事を読む

100均で買える人気の「おゆまる」

今話題の「おゆまる」はご存知ですか?   100均でも売られている「おゆまる」はポ

記事を読む

朝起きれないのは病気?目覚められない本当の原因とは?

朝スッキリ起きられますか?   目覚ましを鳴らしたはずなのにいつの間にか止まっていて会

記事を読む

no image

居眠り運転撲滅!運転中にできる効果的な眠気覚ましとは!?

運転中はずっと同じ姿勢なので、眠気が起こりやすい状態です。   特に高速道路は信号

記事を読む

no image

交代勤務で寿命を縮めずに、少しでも長生きするには

工場勤務をしている人にはなじみの深い交代勤務。   二交代(日勤・夜勤)や三交代(

記事を読む

PAGE TOP ↑