*

乾燥肌なのになぜベタつくの?顔のべたつきの原因と正しい対処法

公開日: : 美容・健康

きちんと洗顔しているのに顔がべたつくと、なぜ?と不思議になりませんか?

 

顔のベタベタがひどいと化粧崩れがひどくなるし、テカリが出るので恥ずかしくもなります。

 

乾燥肌なのに洗えば洗うほどべたつくのには原因があります。

 

 

顔がべたつく原因

乾燥肌でべたつくときの原因は洗顔のやり過ぎです。

 

洗顔をする事はお肌を清潔に保つ上で大切ですが、べたつきが気になるからと何度も洗顔をしたり、ゴシゴシと洗ってしまうのはNG行為です。

 

というのも、洗顔をし過ぎると肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

 

必要以上に皮脂を取り除いてしまうと、肌を守るために皮脂を大量に分泌するようになります。

 

この皮脂の過剰分泌が原因で顔がべたついてしまうのです。

 

また、ゴシゴシ洗うと皮膚に余計な刺激を与え、場合によっては傷つけてしまうこともあります。

 

そこが炎症を起こしてかゆみを伴うこともあります。

 

洗顔は泡で洗う事を心がけて洗いすぎにならないように気をつけることです。

 

 

顔のべたつきの対策

顔がべたつくときにベビーパウダーやシートで対策するのは有効です。

 

しかし、あくまでも一時的な対策と考えましょう。

 

皮脂が肌を守るために過剰に分泌しているだけなので、正しい洗顔を行えば次第にべたつきは治まっていくからです。

 

洗顔は泡で汚れや不要な皮脂を取り除いて、しっかりと保湿する事でお肌が正常な状態に戻ります。

 

 

最後に

皮脂の取りすぎで過剰に分泌するなんて不思議なことですが、体には不要なものはないという事です。

 

お肌を守ってくれる皮脂は役目を終えたものだけ落とすように優しく洗顔するようにしましょう。

 

顔の汚れを落としたいといっても強くこするのは厳禁です。

 

あくまでも泡で汚れを吸着する事を心がけましょう。

 

 

関連記事

クロキュアはデリケートゾーンに使える!?黒ずみを消す正しいケア方法とは?

    小林製薬の黒ずみケア用品「クロキュア」。   &n

記事を読む

彼にすっぴんが見せられないアナタ!急なお泊りに備えて今から準備を

あなたは彼氏にすっぴんを見せられますか?   と聞かれて「ハイ!」と答えられる女性は0

記事を読む

顔に時々できる赤い斑点|かゆみがない時の原因は何?

洗顔後の鏡を見たときに、ふと赤い斑点が出来ていることありませんか?   かゆみもないし

記事を読む

no image

え、ニキビは潰してもいいの?跡を残さない正しい潰し方

ニキビは潰すと跡が残るからつぶしてはダメ!と一度は聞いた事がありますよね?   確

記事を読む

主治医が見つかる診療所で原千晶ががん闘病を激白|最新の検査法まとめ

各科の医師が集まって病気の予防や治療について紹介するテレビ東京の「主治医が見つかる診療所」。

記事を読む

急に鼻水がでて止まらない時の対処法|原因追究が大事!

それまで何ともなかったのに急に鼻水が出てきて止まらない…、なぜ!と突然の鼻水で悩むことって少なく

記事を読む

no image

飲みすぎに注意!眠眠打破の効果と怖~い副作用

あー、眠い~~~!   こんな時フリスクやコーヒーなどで眠気覚ましをしていませんか

記事を読む

ベロ回しだけじゃない!ほうれい線を消す効果的な方法

鏡を見るたびに映るくっきりと深いほうれい線に いつもため息が出ていませんか?  

記事を読む

no image

SK2を使い始めたら吹き出物が出た!美肌ではなく肌荒れになる原因

少々お高めですが美肌になれると評判のSK2(SK‐Ⅱ:エスケーツー)。   若い女

記事を読む

no image

鼻づまりに困っている人へ!自分にあった点鼻薬の選び方

花粉症などのアレルギー性鼻炎は、かかった人にしかわからない辛さがありますよね。  

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑