*

乾燥肌なのになぜベタつくの?顔のべたつきの原因と正しい対処法

公開日: : 美容・健康

きちんと洗顔しているのに顔がべたつくと、なぜ?と不思議になりませんか?

 

顔のベタベタがひどいと化粧崩れがひどくなるし、テカリが出るので恥ずかしくもなります。

 

乾燥肌なのに洗えば洗うほどべたつくのには原因があります。

 

 

顔がべたつく原因

乾燥肌でべたつくときの原因は洗顔のやり過ぎです。

 

洗顔をする事はお肌を清潔に保つ上で大切ですが、べたつきが気になるからと何度も洗顔をしたり、ゴシゴシと洗ってしまうのはNG行為です。

 

というのも、洗顔をし過ぎると肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

 

必要以上に皮脂を取り除いてしまうと、肌を守るために皮脂を大量に分泌するようになります。

 

この皮脂の過剰分泌が原因で顔がべたついてしまうのです。

 

また、ゴシゴシ洗うと皮膚に余計な刺激を与え、場合によっては傷つけてしまうこともあります。

 

そこが炎症を起こしてかゆみを伴うこともあります。

 

洗顔は泡で洗う事を心がけて洗いすぎにならないように気をつけることです。

 

 

顔のべたつきの対策

顔がべたつくときにベビーパウダーやシートで対策するのは有効です。

 

しかし、あくまでも一時的な対策と考えましょう。

 

皮脂が肌を守るために過剰に分泌しているだけなので、正しい洗顔を行えば次第にべたつきは治まっていくからです。

 

洗顔は泡で汚れや不要な皮脂を取り除いて、しっかりと保湿する事でお肌が正常な状態に戻ります。

 

 

最後に

皮脂の取りすぎで過剰に分泌するなんて不思議なことですが、体には不要なものはないという事です。

 

お肌を守ってくれる皮脂は役目を終えたものだけ落とすように優しく洗顔するようにしましょう。

 

顔の汚れを落としたいといっても強くこするのは厳禁です。

 

あくまでも泡で汚れを吸着する事を心がけましょう。

 

 

関連記事

絡みやすい髪の毛の対処法

冬になると特に髪のトラブルが気になりませんか? 静電気が起こりやすくなったり、髪が絡まりやすく

記事を読む

食物繊維のとりすぎが便秘を悪化させる?意外な原因と対策とは

便秘が辛い!   そんな時に便秘解消するために摂取するものといえば「食物繊維」です

記事を読む

20代でも実感!あなたの記録力低下の原因はストレスかも知れない!

最近、記憶力が低下したと感じたり、以前よりも物覚えが悪くなったような気がすることありませんか?

記事を読む

目つきの悪い男

目つきの悪い男は嫌われる?好印象を持たれるためにするべきこと

たまたま目が合えばすぐに逸らされる・・・ 会社や学校ではいつも一人ぼっち・・・ &nbs

記事を読む

no image

大根足でも大丈夫!足をスッキリきれいに細く見せる方法

ダイエットしてもなかなか細くならないのが足(脚)です。   上半身がキレイにダイエ

記事を読む

スッピンの毛穴が目立たないのは何故?保湿しない方がいいの?

洗顔後に鏡を見て「すっぴんの方が毛穴目立たない?」と感じたことありませんか?  

記事を読む

「カミソリ負けでかゆい」ときの対処法は、オロナインよりも〇〇の方がいい!

  ムダ毛処理の定番「カミソリ」。   8割近くの人はカミソリで

記事を読む

no image

アートネイチャーの増毛・育毛にかかる値段はいくら?

かつらメーカーとしてアデランスと共に2大シェアを誇っているアートネイチャー。  

記事を読む

目つきが悪いと怒っているといわれる

目つきの悪い女は損をする?芸能人に学ぶ好感度アップ術

  切れ長の目というだけで恐いとか性格悪そうとか、勝手に決め付けられることありま

記事を読む

脇の匂いは手術すれば無臭になる?手術費用と失敗したときの影響

夏になると脇の匂い(ワキガ)をどう抑えるか悩みませんか?   たいして動いてもいな

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑