*

顔に時々できる赤い斑点|かゆみがない時の原因は何?

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 美容・健康

洗顔後の鏡を見たときに、ふと赤い斑点が出来ていることありませんか?

 

かゆみもないし、いつも出来ているわけじゃないからと、ついそのままにしてしまいがちなのではないでしょうか?

 

ただ、顔に湿疹ができているということは肌トラブルを抱えているということに間違いはありません。

 

そこでこの記事では、トラブルを抱えている顔のお肌について、


・顔にできる赤い斑点(湿疹)の正体
・顔に赤い斑点が出来てしまった時の洗顔方法
・洗顔後にとるべき重要なケアとは?

 

以上のようにまとめましたので、跡が残ってしまう前の対処法をご覧ください。

 

スポンサーリンク



 

 

 

顔にできる赤い斑点(湿疹)の正体

 顔にできる赤い斑点の正体

顔にできる赤い斑点(湿疹)といえばニキビが頭をよぎると思いますが、ニキビのように炎症を伴っていない場合の原因は別のところにあります。

 

ニキビではない顔の赤い斑点の正体は、

1.カビ
2.アトピー
3.洗い過ぎ、洗い残し
4.乾燥

 

が考えられます。

 

ただし、カビやアトピーの場合はかゆみがでるので、凸凹が無くかゆみも無いときは洗い過ぎ(洗い残し)や乾燥がその原因となっているのです。

 

カビが原因による肌トラブルの場合は、顔の赤い斑点の原因はカビ?にまとめていますので参考にしてください。

 

この記事では、「3.洗いすぎ、洗い残し」「4.乾燥」について紹介します。

 

これらの原因となるのは洗顔時なのですが、毎日の洗顔が間違っていると言われるとムッとするかもしれません。

 

しかし、毎日行っている洗顔であっても、残念ながら正しい洗い方が出来ていない女性は意外と多いです。

 

スポンサーリンク



 

 

顔に赤い斑点が出来てしまった時の洗顔方法

biyou_hadaare

 

ちょっと普段の洗顔を思い出してみてください。

 

■洗顔シートで済ませている
■手のひらでカシャカシャと適当に泡立てている
■汚れを落とすためにゴシゴシ洗いしている

 

など洗顔は毎日のことなので、つい上記のような洗顔を行ってはいないでしょうか?

 

毎日の忙しいなかでは手を抜いているつもりはなくても自然と手を抜いてしまっているのです。

 

ただ、洗顔で赤い斑点が出来てしまうあなたの敏感肌は、他の人以上に特別に丁寧な洗顔が大事です。

 

顔の皮膚は他の部位に比べて薄いため、間違った洗顔は汚れが落ちないばかりか肌を傷つけることもあります。

 

肌が傷ついて炎症を起こしたり洗顔料が毛穴やシワに残って肌と反応して赤い斑点となっている可能性が高いです。

 

ゴシゴシ洗いがNG行為という事を知っている人は多いですが、実際にいつもの洗顔では手のひらで顔をこすってゴシゴシと洗ってしまっているものです。

 

正しい洗顔はキメの細かい泡で汚れを吸着して落とすことです。

 

キメの細かい泡を作る時間の余裕はない!という事であれば、泡立てネットなどを使えばすぐにキレイな泡が出来上がります。

 

100均で売ってある泡立てネットで十分なので、神経質なくらい細かい泡を作って洗顔する事を心がけましょう。

 

また、赤い斑点が出来やすい人は刺激に弱い敏感肌タイプなので、洗浄力の弱いタイプの洗顔料を使って泡で汚れを吸着させて洗う事が大事です。

 

 

 

 

洗顔後にとるべき重要なケアとは?

洗顔後のケア

敏感肌タイプの場合は洗い終わったらすぐに保湿をする事を心がけましょう。

 

洗顔後の肌は潤っているように感じるので後回しにしてしまいがちですが、どんどん水分が蒸発して乾燥が進行します。

 

化粧水や保湿クリームでしっかりと潤いを閉じ込めるようにして肌を守る事が大事です。

 

ちなみに、乾燥を防ぐには保湿だけしておけば大丈夫と勘違いしている人がいますが、保湿以上に重要なのは洗顔です。

 

毛穴の詰まりや汚れを除去することで化粧水は肌に浸透しやすくなるので、洗顔する時にしっかりと汚れなどを落とし切る事が大事です。

 

 

まとめ

皮膚の赤い斑点がかゆみや痛みを伴ったり長期間続くようであれば、皮膚科で肌の状態を受診して正常な状態に戻す事が大事です。

 

しかし、しばらくすると斑点が消えたりかゆみの無い場合は、皮膚が過剰反応していることもあります。

 

洗顔と保湿で肌の状態が好転するよう場合も多いため、時々出るようなら意識してみてください。

 

スポンサーリンク



 

 

関連記事

夜中に咳が止まらないときの4つの対処法

大事な睡眠を妨げる夜中の咳。 辛いですよね。   風邪は治ったけど、咳はいつまで

記事を読む

no image

皮膚が薄い人の為のファンデーションの選び方

なぜか不健康な印象に見えてしまったり、乾燥や肌トラブルに悩んでいる人はいませんか?  

記事を読む

他人には分からない不快な悩みを解消できる!耳鳴りを治す食べ物

耳から離れない「キーン」という不快な耳鳴り。   一度気になり始めると暫くのあいだ

記事を読む

まとまらない悩みを解消!くせ毛の髪質を変えるおすすめシャンプー

■くせ毛がうねってまとまらない…、 ■時間が無いのにセットが決まらない…、 と、髪型が決まらずに

記事を読む

寝起きにいつもフラフラするあなたに!朝のめまいの原因は何?

目が覚めて起き上がると、目の前が暗くなってフラフラっとめまいがした経験をした事のありませんか? &

記事を読む

早めの対処で発症を防ぐ!心筋梗塞の前兆と初期症状

冬場に多くなる病気の1つに心筋梗塞があります。   心筋梗塞になるのは動脈硬化や血

記事を読む

ごっそり取れる毛穴パックにご用心!開きっぱなしで逆効果にも!

あなたは500円くらいで買える市販の毛穴パックを使ったことありますか?   毛穴に

記事を読む

首にできた醜いイボをサッと取るには?自宅で出来るイボの取り方

鏡を見ていてふと首にイボが出来ているのに気付くことがあります。   痛くもかゆくも

記事を読む

no image

SK2を使い始めたら吹き出物が出た!美肌ではなく肌荒れになる原因

少々お高めですが美肌になれると評判のSK2(SK‐Ⅱ:エスケーツー)。   若い女

記事を読む

ゼッタイに元彼を見返す!失恋をバネにしてきれいになる方法

失恋は胸が張り裂けそうになるくらいに辛いです。   10代、20代、30代…と年代

記事を読む

no image
頭皮のかゆみ止め塗り薬|効果的な塗り方知っていますか?

頭皮がかゆいときはシャンプーが合わないとか、洗い方に気をつけましょう、

no image
アデランス無料ヘアチェックではどんな事をされる?

自宅での頭皮ケアや育毛剤で効果が感じられなかったなら、そのまま同じ薄毛

no image
ミノキシジルの副作用|心臓や肝臓への影響はある?

発毛・育毛に効果のある成分として有名なミノキシジル。  

no image
ミノキシジルの初期脱毛が止まらない|いったいいつまで続く?

ミノキシジルを使い始めると初期脱毛が起こることはご存知でしょう。 &

no image
シャンプーしても髪のべたつきが取れない原因を知っていますか?

毎日シャンプーしているのに何故か髪がべたつくことありませんか? &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑