*

顔に時々できる赤い斑点|かゆみがない時の原因は何?

公開日: : 最終更新日:2016/08/02 美容・健康

洗顔後の鏡を見たときに、ふと赤い斑点が出来ていることありませんか?

 

かゆみもないし、いつも出来ているわけじゃないからと、ついそのままにしてしまいがちなのではないでしょうか?

 

ただ、顔に湿疹ができているということは肌トラブルを抱えているということに間違いはありません。

 

そこでこの記事では、トラブルを抱えている顔のお肌について、


・顔にできる赤い斑点(湿疹)の正体
・顔に赤い斑点が出来てしまった時の洗顔方法
・洗顔後にとるべき重要なケアとは?

 

以上のようにまとめましたので、跡が残ってしまう前の対処法をご覧ください。

 

スポンサーリンク



 

 

 

顔にできる赤い斑点(湿疹)の正体

 顔にできる赤い斑点の正体

顔にできる赤い斑点(湿疹)といえばニキビが頭をよぎると思いますが、ニキビのように炎症を伴っていない場合の原因は別のところにあります。

 

ニキビではない顔の赤い斑点の正体は、

1.カビ
2.アトピー
3.洗い過ぎ、洗い残し
4.乾燥

 

が考えられます。

 

ただし、カビやアトピーの場合はかゆみがでるので、凸凹が無くかゆみも無いときは洗い過ぎ(洗い残し)や乾燥がその原因となっているのです。

 

カビが原因による肌トラブルの場合は、顔の赤い斑点の原因はカビ?にまとめていますので参考にしてください。

 

この記事では、「3.洗いすぎ、洗い残し」「4.乾燥」について紹介します。

 

これらの原因となるのは洗顔時なのですが、毎日の洗顔が間違っていると言われるとムッとするかもしれません。

 

しかし、毎日行っている洗顔であっても、残念ながら正しい洗い方が出来ていない女性は意外と多いです。

 

スポンサーリンク



 

 

顔に赤い斑点が出来てしまった時の洗顔方法

biyou_hadaare

 

ちょっと普段の洗顔を思い出してみてください。

 

■洗顔シートで済ませている
■手のひらでカシャカシャと適当に泡立てている
■汚れを落とすためにゴシゴシ洗いしている

 

など洗顔は毎日のことなので、つい上記のような洗顔を行ってはいないでしょうか?

 

毎日の忙しいなかでは手を抜いているつもりはなくても自然と手を抜いてしまっているのです。

 

ただ、洗顔で赤い斑点が出来てしまうあなたの敏感肌は、他の人以上に特別に丁寧な洗顔が大事です。

 

顔の皮膚は他の部位に比べて薄いため、間違った洗顔は汚れが落ちないばかりか肌を傷つけることもあります。

 

肌が傷ついて炎症を起こしたり洗顔料が毛穴やシワに残って肌と反応して赤い斑点となっている可能性が高いです。

 

ゴシゴシ洗いがNG行為という事を知っている人は多いですが、実際にいつもの洗顔では手のひらで顔をこすってゴシゴシと洗ってしまっているものです。

 

正しい洗顔はキメの細かい泡で汚れを吸着して落とすことです。

 

キメの細かい泡を作る時間の余裕はない!という事であれば、泡立てネットなどを使えばすぐにキレイな泡が出来上がります。

 

100均で売ってある泡立てネットで十分なので、神経質なくらい細かい泡を作って洗顔する事を心がけましょう。

 

また、赤い斑点が出来やすい人は刺激に弱い敏感肌タイプなので、洗浄力の弱いタイプの洗顔料を使って泡で汚れを吸着させて洗う事が大事です。

 

 

 

 

洗顔後にとるべき重要なケアとは?

洗顔後のケア

敏感肌タイプの場合は洗い終わったらすぐに保湿をする事を心がけましょう。

 

洗顔後の肌は潤っているように感じるので後回しにしてしまいがちですが、どんどん水分が蒸発して乾燥が進行します。

 

化粧水や保湿クリームでしっかりと潤いを閉じ込めるようにして肌を守る事が大事です。

 

ちなみに、乾燥を防ぐには保湿だけしておけば大丈夫と勘違いしている人がいますが、保湿以上に重要なのは洗顔です。

 

毛穴の詰まりや汚れを除去することで化粧水は肌に浸透しやすくなるので、洗顔する時にしっかりと汚れなどを落とし切る事が大事です。

 

 

まとめ

皮膚の赤い斑点がかゆみや痛みを伴ったり長期間続くようであれば、皮膚科で肌の状態を受診して正常な状態に戻す事が大事です。

 

しかし、しばらくすると斑点が消えたりかゆみの無い場合は、皮膚が過剰反応していることもあります。

 

洗顔と保湿で肌の状態が好転するよう場合も多いため、時々出るようなら意識してみてください。

 

スポンサーリンク



 

 

関連記事

どっちがいいか迷ってない?セノビックとミロを比較してわかった違いを公開

  子供の成長期って今しかないので、できるだけ栄養のあるものをとらせてやりたいのが親

記事を読む

食べるだけでは痩せないよ?タイガーナッツで太りにくくなる食べ方

食べるだけで太りにくくなれる食品として人気の「スーパーフード」。   人気モデルの

記事を読む

no image

頭皮の油を減らす方法|シャンプーを替えるだけでは変わらない!

頭皮がベタベタして油っぽいのを減らしたいとシャンプーを替えても、一向に改善されずに困っていませんか?

記事を読む

no image

シャンプーしても髪のべたつきが取れない原因を知っていますか?

毎日シャンプーしているのに何故か髪がべたつくことありませんか?   しっかりと洗ってい

記事を読む

no image

薬とミネラルウォーターの飲み合わせ|薬を飲むときの正しい水選び

あなたは薬を飲むときに水で飲んでいますか?   こう聞かれると「はい」と答える人が

記事を読む

寝るときの靴下はダメじゃない!正しい睡眠時の靴下の履き方

寒い冬の夜には手足が冷えて眠れない、 ということが少なくありません。   でも、

記事を読む

ロート製薬に確認してみた!セノビックを飲めるのはいつから?

  子供の成長期にはできる限り成長につながる栄養を取らせてあげたいですよね。 &n

記事を読む

足の毛穴の黒ずみを消したい!ムダ毛のお手入れが引き起こす事とは?

真夏日や猛暑日が続くようになり、薄着になることが多いこの季節。   周りを見渡せば

記事を読む

おたふく風邪に大人がかかったときの症状と治療法

おたふく風邪は一般的に幼少期(2歳~12歳)にかかり、一度かかると二度とかかりません。 &nb

記事を読む

ヘアチューニングの効果の持続期間|ストパー・縮毛矯正と何が違う?

毎朝まとまらないくせ毛と格闘して悪戦苦闘していませんか?   うねりがひどくて癖が

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑