*

シャンプーで頭皮がかぶれる原因|洗浄力重視は肌の負担が大きい

公開日: : 美容・健康

頭皮やうなじ、生え際がかぶれた時にはシャンプーが原因となっていることがあります。

 

シャンプーを変えたときだけでなく、今までトラブルなく使っていたシャンプーでもかぶれなどの炎症が起こる事があります。

 

 

シャンプーでかぶれる原因

シャンプーでかぶれが起こるのは頭皮や首筋などの肌が過敏に反応している状態です。

 

これは、シャンプーが皮膚に触れる事でおこる接触性皮膚炎という皮膚の炎症です。

 

接触性皮膚炎というのは、皮膚に何かしらの刺激物がふれることで皮膚が反応して起こるものです。

 

この場合、シャンプーに対して反応が出ているのですね。

 

シャンプーを変えた場合は配合されている成分が以前のものと異なり、新しく使ったシャンプーの何かの成分に反応しているのです。

 

しかし、いつも使っていたシャンプーで反応が出る場合には、2つのパターンが考えられます。

 

 

普段使っているシャンプーでかぶれる時

それまでに使っていたシャンプーで突然かぶれるようになった場合は、

 

1.肌質の変化

2.刺激の蓄積

 

の2つがあります。

 

 

1.肌質の変化

肌質の変化は加齢によるものが大半です。

 

年齢と共に肌質は変化しているので、ある時を境にいつも使っていたシャンプーを刺激として反応するようになるのです。

 

この場合、そのシャンプーに含まれる成分を避けることが必要となります。

 

 

2.刺激の蓄積

洗浄力の強いシャンプーを使っていると肌の強いときはトラブルとして表面に出なくても、少しずつ皮膚に刺激が蓄積されています。

 

コップに注いだ水があふれるように、刺激の蓄積があるラインを超えるとかぶれとして症状が出るようになります。

 

この場合も、反応している成分を配合していないシャンプーを使う事でかぶれが出ないようになります。

 

 

どの成分がかぶれの原因となっているのか?

シャンプーには汚れを落としたり、潤いを与えたり、香りをつけたりするような、色々な成分が配合されています。

 

そのどれに反応してかぶれているのかを判断するのは容易ではありません。

 

ただ、かぶれの原因となりやすい成分としては「合成界面活性剤」が挙げられます。

 

界面活性剤は頭皮や髪の汚れを落とすために配合されているシャンプーが多く、刺激も強いので炎症が起こりやすいです。

 

特に石油系の界面活性剤は避けるようにしましょう。

 

 

シャンプーを選ぶ基準

かぶれが出たシャンプーは使用を止めて、新たに刺激の弱いシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

界面活性剤を使っていないことはもちろんですが、シリコンや着色料なども刺激となるので、使用していないシャンプーが良いでしょう。

 

「頭皮・肌に優しい」「無添加」という風に肌へ弱刺激をコンセプトとしているシャンプーを選ぶ基準としてください。

 

アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」
のようなアミノ酸シャンプーは頭皮の健康にするためのシャンプー作りをメインに考えているので安心して使えます。

 

東急ハンズでも販売されており、累計10万本の販売実績は信頼の証ともいえます。

 

 

まとめ

シャンプー選びは本当に大変です。

 

頭皮は毛髪に守られているので、他の部位の肌以上にデリケートで刺激に弱い部分です。

 

かぶれだけではく、かゆみや赤みなどの変化を感じたら、使用をやめて様子を見るようにした方がいいです。

 

もし、症状がひどいようなら皮膚科を受診して、まずはかぶれや炎症を薬で治すことを優先しましょう。

 

そして、肌に合うシャンプーを選別する事をおすすめしますよ。

 

関連記事

え、そんな事が原因なの?寝つきの悪い理由と劇的に改善する方法!

毎日毎日、仕事で疲れているのになぜか寝つきが悪い…、十分な睡眠が取れないから疲れが翌日まで残る…

記事を読む

下り物の酸っぱい臭いが気になる方必見!臭いを瞬間的に消す方法

おりもの(下り物)の臭いがきついと病気ではないかと不安に思ってしまいますよね?  

記事を読む

手汗がひどくて好きな人と手をつなげない方必見!夏の発汗対策!

好きな人と手をつなぎたい!でもつなげない!   別のカップルが手を繋いでいるのを見

記事を読む

no image

シェーバーを選ぶときはお肌への優しさがポイント

毎日の髭剃りや無駄毛剃り、剃った後、なんだかひりひりしたり赤くなったりすることはありませんか。

記事を読む

脇の匂いは手術すれば無臭になる?手術費用と失敗したときの影響

夏になると脇の匂い(ワキガ)をどう抑えるか悩みませんか?   たいして動いてもいな

記事を読む

後悔しないビビリ毛ケア!自宅でやれるだけの事をやる4つのコツ

  ビビリ毛はどうやっても直すことはできません。   しかし、そのまま

記事を読む

男子中学生限定!簡単にできるニキビ跡の治し方

中学生の悩み第一位といえば、思春期ニキビです。   あなたの年代で出来るニキビは、

記事を読む

他人には分からない不快な悩みを解消できる!耳鳴りを治す食べ物

耳から離れない「キーン」という不快な耳鳴り。   一度気になり始めると暫くのあいだ

記事を読む

no image

シャンプーしても髪のべたつきが取れない原因を知っていますか?

毎日シャンプーしているのに何故か髪がべたつくことありませんか?   しっかりと洗ってい

記事を読む

脱毛テープでの脇毛処理は慎重に!手軽なケア方法にひそむ災難とは?

  鏡を見ながら1本1本の脇毛処理・・・面倒じゃないですか?   脱毛

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑