*

ファンデーションでシミを隠すときのコツ|タイプ別の隠し方

公開日: : 美容・健康

透き通るような白い肌はいつの時代も女性の憧れ。

 

シミひとつない肌は美しさの象徴とも言えます。

 

しかし、現実にはシミのない肌はそうそう簡単に実現するものではないですよね。

 

気をつけていても、どうしてもできてしまうシミ。

 

しみの原因と対策を知り、ケアをしていくだけでなく、もうできてしまったしみを隠すにはどうするか、対処法をお伝えします。

 

 

シミの原因

しみは肌の奥のメラノサイトという黒く反応する細胞が原因です。

 

日焼けなどにより、メラノサイトが反応してしまうと肌の奥からシミが浮き出てきます。

 

一見白い肌も、奥にはたくさんのシミが潜んでいる可能性があります。

 

真夏ではないからといって日焼け止めを塗らずに長時間日差しを浴びたりすると、すぐには肌には現れなくても奥ではしみの元が作られてしまいます。

 

 

隠すことができるシミ

化粧下地やファンデーションで隠すことができるシミ。

 

特に頑固なしみを隠すには、コンシーラーが便利です。

 

しみ対策用化粧下地とコンシーラーを組み合わせれば、相乗効果でよりしっかりとしたシミを隠せます。

 

また、シミだけでなく肌の赤みやくすみを改善するファンデーションもあります。

 

肌色を整える事によってシミを目立たなくさせる効果も期待できそうですね。

 

美白ケア成分配合の化粧品もおすすめです。

 

 

シミのタイプ別隠し方

広範囲で色が濃いしみの場合は、リキッドファンデーションとコンシーラーの組み合わせがおすすめです。

 

気になる部分に一度にたくさん塗らず、ぼかすようになじませるとムラになりません。

 

薄めの小さいシミの場合、コンシーラーは柔らか目がおすすめです。

 

自分の肌色と合う色のものを使うときれいに隠すことができますよ。

 

 

シミのない肌を目指すには

シミのない肌は年齢を重ねれば重ねるほど難しくなってきます。

 

肌の老化や蓄積されたメラノサイトによって、シミができやすくなります。

 

どうしてもできてしまったシミは上手に隠す。

 

そしてしっかりと美白ケアをする事が大切ですね。

 

関連記事

お風呂に入るがめんどくさい夜に最低限やっておくべきこと!

夜、仕事から帰って風呂に入るのは、けっこう面倒に感じませんか?   疲れも取れるし

記事を読む

no image

カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解消できるといいですね。 &n

記事を読む

no image

ワセリンを保湿剤として顔に塗るのは大丈夫?

ワセリンは低刺激で保湿が出来るので赤ちゃんのデリケートなお肌にも使えます。   皮

記事を読む

インフルエンザの予防接種受ける時期…子供の場合

日 に日に寒さが増してくるようになりました。   それでも、まだ今の時期、お昼、陽

記事を読む

no image

簡単にできる鼻づまりの対処法【ツボ押し】

鼻づまりは殆どの人が経験していることなので苦しいとわかりますよね。   それが長期

記事を読む

おたふく風邪に大人がかかったときの症状と治療法

おたふく風邪は一般的に幼少期(2歳~12歳)にかかり、一度かかると二度とかかりません。 &nb

記事を読む

腫れぼったい目を何とかしたい!自力で二重になる2つのポイント

私のコンプレックスの1つだった一重まぶた。   私の場合、良く言えばボリュームのあ

記事を読む

軽いランニングでも期待できる効果

秋から冬にかけては、どうしても食べ過ぎてしまう季節。   ダイエットや健康維持の為

記事を読む

スッピンの毛穴が目立たないのは何故?保湿しない方がいいの?

洗顔後に鏡を見て「すっぴんの方が毛穴目立たない?」と感じたことありませんか?  

記事を読む

1日お風呂に入らないとどうなる?やっぱり臭い?

「今日も疲れたー、お風呂に入るのめんどくさいなー」と思ったこと、1度や2度ではないですよね?

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑