*

ヘアアイロンで髪を傷めない最適の温度設定|200℃は高すぎ?

公開日: : 美容・健康

くせ毛を真っ直ぐにしたり、巻き髪にカールをさせたりと便利に使えるヘアアイロン。

 

髪の成分であるタンパク質が熱や圧力で形を変えやすいという性質を利用したものです。

 

ただ、高温で髪に形状をつけるため、髪にはかなりのダメージとなります。

 

しかも毎日使うものなので、ダメージは蓄積されていきます。

 

ですので、温度は出来れば低いほうが言うまでもありません。

 

 

温度が低いととれやすい?

温度調節ができるヘアアイロンの低温で髪をカールさせて巻き髪にしても、しばらくするとカールが取れてしまった、という経験がある人は少なくありません。

 

また、逆にくせ毛をストレートにしたのに、いつの間にか髪がはねていたという経験があるのではないでしょうか?

 

髪がしっかりと形状記憶できていないので取れやすくなってしまうのです。

 

 

200度のヘアアイロンが多い理由

楽天などでヘアアイロンを検索してみると200度の種類が豊富で人気となっています。

 

これは、温度が高いほうが矯正しやすく髪の形を作りやすいためです。

 

ですので、初めてヘアアイロンを使う初心者でも比較的扱いやすいのが200度のものです。

 

ただ、髪へのダメージは大なので、同じ場所を何度もかけなくて良いように1回で仕上げる事が大事です。

 

髪に最適な温度は120度~140度です。

 

このくらいの低温であれば髪へのダメージが少なくなります。

 

 

カール、ストレートの持ちを良くさせるには

200度くらいの高温であれば、髪にしっかりと形状を記憶させる事が出来ます。

 

また、持ちが良くなるのは当然です。

 

しかし、低温のヘアアイロンではかけた直後は良くても、持ちが悪くとれやすくなります。

 

ただ、長持ちさせるために温度を上げるのはおすすめしません。

 

ヘアアイロンの持ちを良くするポイントは、

ヘアアイロンをした後はしばらく触らない

ワックスは揉み込む

 

という2点に注意すると持ちが良くなります。

 

ヘアアイロンで髪に形付けた後、熱が下がって髪が冷えるときに形状記憶します。

 

この時に髪をとかしたり触れたりすると中途半端に記憶するので、取れやすくなるのです。

 

また、ヘアワックスはしっかりと髪のもみこんでおくことです。

 

 

ヘアアイロンのダメージ補修をする

低温のヘアアイロンであっても髪へのダメージはゼロではありません。

 

ですので、きちんとダメージ補修をしておく事が大事です。

 

 ヘアアイロンによる髪のダメージは流さないトリートメント(アウトバストリートメント)がおすすめです。

 

 

最後に

きっちりと形をつけるには高温のヘアアイロンの方が手早くて簡単です。

 

その代わり髪へのダメージが大きく蓄積されていくため、髪のパサつきや枝毛・切れ毛になりやすくなります。

 

低温のヘアアイロンを使うときにはコツが要りますが、髪への負担を考えると低温の方がおすすめです。

 

ダメージ補修にも気をつけて上手に使うようにしてくださいね。

 

関連記事

男子中学生限定!簡単にできるニキビ跡の治し方

中学生の悩み第一位といえば、思春期ニキビです。   あなたの年代で出来るニキビは、

記事を読む

no image

カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解消できるといいですね。 &n

記事を読む

なぜ生理前はこんなに眠いの?体内で起こっている変化とは?

生理前になると異常なほどの眠気に悩まされる、それも毎回…、 あなたもそんな悩みを抱えていません

記事を読む

目つきの悪い男

目つきの悪い男は嫌われる?好印象を持たれるためにするべきこと

たまたま目が合えばすぐに逸らされる・・・ 会社や学校ではいつも一人ぼっち・・・ &nbs

記事を読む

後悔しないビビリ毛ケア!自宅でやれるだけの事をやる4つのコツ

  ビビリ毛はどうやっても直すことはできません。   しかし、そのまま

記事を読む

椿油を使ってもパサパサが改善しない細い髪の原因は○○にあった!

髪がパサパサで広がってまとまらない、 毎朝、髪のセットをするときに格闘していませんか? &n

記事を読む

no image

縮毛矯正は何ヶ月おきに一回がいい?髪にダメージの少ない頻度

強いうねりでも真っ直ぐにしてくれる縮毛矯正は、くせ毛に悩む人にとって救世主的存在です。 &nb

記事を読む

no image

ロクシタン ハンドクリーム人気の香りと使用上の注意

冬になると手が乾燥してカサカサになるので、ケアとしてハンドクリームの使用は欠かせませんね。 &

記事を読む

ニキビ部分の皮が剥けるときの対策|刺激を与えないケアを心がける

ニキビ部分だけ皮剥けする場合は主に乾燥が原因となっています。   ニキビは毛穴の詰

記事を読む

no image

諦めないで!風邪をひきやすい体質を改善する鍵となるもの!

風邪のひきやすさには体質が関係しています。   冬は必ず風邪をひくという人もいれば

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑