*

就活の交通費支給はどこまでOK?アプリを使って賢く管理

公開日: : 仕事・ビジネス

就職活動(就活)も二次面接、三次面接と進んで行くと、企業側から来社するための交通費を支給してもらえる場合があります。

 

一次面接や集団面接を終えて、会社側があなたにより興味を持ち、もっとあなたの事を知りたいと思っている状態です。

 

ですので、お金を出してでも、もう一度あなたと会いたいと思っているのです。

 

遠方や地方出身者にとっては往復するだけでも負担となるので、かなり有難いお話です。

 

ただ、どこまで請求していいものかと疑問に思いませんか?

 

 

就活の交通費どこまで請求できる?

企業側でどこまでの交通費が支給できるかは企業によって異なります。

 

例えば、飛行機や新幹線代だけとか、ホテル代○円までは支給できるなど、交通費に関しての条件が提示されているはずなので、それに従いましょう。

 

 

出来るだけ安く行くべき?

会社から指定がない場合は、安く行くことにこだわらなくて大丈夫です。

 

最安値を調べたり、ルートを変えて安くしたりするのを調べる時間は無駄です。

 

ただし、一般的な料金である事は大事です。

 

ビジネスクラスやグリーン車の利用はダメな事は言うまでもありません。

 

飛行機・新幹線・バスのいずれかで、移動距離や移動時間などを加味して考えましょう。

 

一般的には遠距離であれば飛行機、中距離であれば新幹線を選ぶことになります。

 

会社からの指定がない限り、長距離の夜行バスの利用は避けましょう。

 

リクライニングになっているとはいえ、しっかり眠れなかったり体が痛くなってしまっては面接で力を発揮できなくなってしまいます。

 

 

領収書はもらっておくべき?

企業に提出の必要がなくても、出来るだけ領収書はもらうようにしておきましょう。

 

請求する際に手元に領収書がある方が申請漏れも防げます。

 

切符の自動販売機でも領収書が発行出来るタイプがあるので活用するといいですね。

 

領収書がもらえない場合は、携帯のメモ帳に控えておきましょう。

 

 

交通費の管理はアプリが便利

乗り継ぎが多くなったり、複数の企業の面接が重なってしまうと交通費の管理が大変になります。

 

そんな時は、家計簿のアプリが便利です。

 

無料でも機能の充実したアプリが沢山出ているので、活用すると管理が楽になります。

 

おすすめのアプリは無料の家計簿マネーフォワード です。

 

領収書やレシートを写メで撮れば自動で料金が反映されるので便利です。

 

 

まとめ

面接だけでなくセミナーやイベントなども含めると、就活は意外とお金がかかります。

 

交通費をもらえる事は多くはないので、支給してもらえる時は申請忘れのないようにキチンと管理しておきましょう。

 

関連記事

履歴書の趣味欄に困った!無趣味の場合はなんて書く?

履歴書に書く趣味の欄は、無趣味の人にとっては余計なスペースといえます。   しかし

記事を読む

ホームページ翻訳の相場は?フリーソフトを駆使すれば自分で作れる?

自社製品や店舗の商品を海外に向けて販売して行きたいと考えると その壁となるのは「言葉」です。

記事を読む

退職を決めたら上司へ相談!上手な切り出しのタイミングと伝え方

仕事を辞めたい!転職したい!って思った事は一度や二度ではないでしょう。   理由は

記事を読む

仕事を辞めたいけど言えない方に!人間関係が理由のときの口実

仕事を辞めたいけど辞められない…、だって人間関係が上手く行かないのが理由だから…、と悩みながらも

記事を読む

no image

誰にも気づかれずに仕事中の眠気を解消する方法

昼食後、午後からの仕事中にひどい眠気がきて、睡魔との闘いで仕事に集中できないということありますよ

記事を読む

院長のひどいパワハラをストレス無くスルーする方法!

病院勤務をしていると、どこの病院でも聞くのが院長によるパワハラです。   特に個人

記事を読む

退職までの流れ&退職前にやっておくべきこと

退職が決まると有給消化してゆっくりと過ごそうと思っていると 意外とバタバタと忙しくなるものです

記事を読む

ボーナスの多い会社の共通点とあなたの年収を上げる方法

自動車業界や大手企業などが軒並みベアを実施しており、景気が回復しつつある事を実感できますね。

記事を読む

no image

仕事の効率をアップする効果的な昼寝のやり方

昼食後、午後からの仕事は睡魔との闘いで集中できない、という人は多いです。   効率

記事を読む

手荒れ・腰痛だけじゃない!美容師の悩みアレコレ!

美容師といえば、ずっと立ったままで仕事をするため腰痛に悩む美容師が多いです。  

記事を読む

PAGE TOP ↑