*

ボディーソープは保湿成分で選ぶと肌が弱いアナタも安心!

公開日: : 美容・健康

毎日のお風呂でつかうボディーソープ。

 

安いからと安易に選ばずしっかりと肌に合ったボディーソープを選ぶときめ細かい肌が実現できますよ。

 

お風呂は肌や頭皮だけでなく、仕事や学業でたまったストレスを癒してくれる大切な時間。

 

ボディーソープを見直して、より快適なバスタイムを過ごしてみてはいかがですか?

 

 

バスタイムを楽しむボディーソープ

お風呂ではリラックスしたい、香りを楽しみたい、という方は香料にこだわったボディーソープがおすすめです。

 

ローズやイランイランなど、天然ハーブの香りが配合されたボディーソープはアロマテラピーの効果もあります。

 

心がリラックスすると肌や頭皮も和らぎます。

 

甘い香りやクールなシトラス系など、いろいろな香りのものが売られているので、気分と肌の状態で選んでみてもいいかもしれません。

 

石鹸に自分でアロマオイルをたらしてみるというのもいいかもしれません。

 

ただし、あまり香りの強いものは肌の弱い方へは負担になる可能性もあるので、一度テスターなどで試してみるといいですね。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

肌が弱い人向けのボディーソープ

肌が乾燥しやすい人は保湿成分配合のボディーソープがおすすめ。

 

肌が弱いひとはボディーソープの刺激だけでも負担になるので、保湿成分が入っているととても助かりますね。

 

薬用成分配合のものや、低刺激のものはアトピーやとくに肌の弱い人へ作られたボディーソープなので、アレルギーになりやすい成分はあまり入っていません。

 

ボディーソープをしっかりと泡立てて洗うこともポイントです。

 

ふわふわの泡でそっと包み込むように洗えば肌の摩擦が減り、弱い肌への負担が減ります。

 

 

ボディーソープで毎日のお風呂を癒しの空間に

毎日のお風呂で心もお肌も癒されると、一日の疲れもリセットできますね。

 

香りや、肌への優しさなど、選ぶポイントは人それぞれです。

 

弱った肌ケアや心のケアができる素敵なボディーソープに巡り合えたらいいですね。

 

関連記事

セノビックを楽天で買う前に知っておいて!一緒に摂らなきゃもったいなくなる成分とは?

  「カルシウムとボーンペップのセノビーック」   つい口ずさんでしま

記事を読む

冬の入浴タイムの楽しみ方

寒くなってくると、ゆっくりお風呂の入って体を暖めたくなりますよね。 あなたは入浴タイムをどのよ

記事を読む

no image

弱い肌にも優しいシャンプー探し|頭皮をいたわる洗い方

ドラッグストアだけでもシャンプーってたくさんの種類が売られていますよね。   ヘア

記事を読む

知らなきゃ損!女性の水虫を防ぐたった2つのポイント

水虫と聞いて「おじさんの病気」と思った貴女! そんな、アナタも実は水虫かもしれませんよ。 &

記事を読む

no image

鼻づまりで薬に頼るのはNG!漢方で体の調子を整える対処法

花粉の季節だけならともかく、一年中鼻水ジュルジュルで鼻づまりに悩まされていませんか? &nbs

記事を読む

no image

通院?それとも様子見?頭皮に赤い斑点ができた時の3つのNG行為とは

  あれ?頭皮に赤い斑点が・・・      

記事を読む

no image

鼻づまりに困っている人へ!自分にあった点鼻薬の選び方

花粉症などのアレルギー性鼻炎は、かかった人にしかわからない辛さがありますよね。  

記事を読む

食物繊維のとりすぎが便秘を悪化させる?意外な原因と対策とは

便秘が辛い!   そんな時に便秘解消するために摂取するものといえば「食物繊維」です

記事を読む

歯磨きをしても虫歯になる人とならない人の違いとは?

食後にしっかりと歯磨きをしているのになぜか虫歯ができる…、どうして?   とあなた

記事を読む

化粧水を使っても潤わない!幾ら保湿しても潤いを感じない理由

■化粧水をジャブジャブ使っても潤わない… ■乾燥肌が止まらない… いくらしっかりと保湿しても

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑