*

あれっ、目がピクピクする!目が痙攣する原因と解決策

公開日: : 美容・健康

「あれ?」片方の目がピクピクしていると思ったことありませんか。

 

自分の意思とは関係なしに動いているので、なんとなく気持悪さを感じてしまいます。

 

でも何日かすると気づかないうちに治っていることが多いので、そのままにしがちですよね。

 

でもその目の痙攣そのままにしておいても大丈夫なのでしょうか?

 

今回は目の痙攣について解説したいと思います。

 

 

目の痙攣の主な原因

突然起きてしまう目の痙攣は通常だと数秒で終ったり、長く続く場合でも数日で治ることが多いです。

 

でも「なぜ?」って思ってしまいますよね。

 

原因はいくつか考えられるので、自分に思い当たることがあるか参考にしてください。

 

一時的に目が痙攣して、すぐに収まる場合は「目の疲労」が原因です。

 

パソコンやゲームや携帯などによる長時間の使用で目が疲れてしまう場合です。

 

数日間、目が痙攣してしまう場合は「精神的なストレス」が原因だと言われています。

 

他にも「ドライアイ」が原因の場合もあります。

 

 

他に考えられる目の痙攣

上記に当てはまらずに、一週間以上目の痙攣が続くようなら、他の病気も考えられます。

 

 

まぶたの痙攣

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

 

左右の瞼の周辺に痙攣がでて、左右両方に症状がでると進行性の病気の疑いがあります。

 

症状としては「目がショボショボする」「まぶしく感じ室内でもサングラスを使用してしまう」「瞬きが非常に多い」などの症状があります。

 

 

顔面ミオキミア

下まぶたに症状がでやすいです。

 

まぶたの開閉をする筋肉(眼輪筋)の一部に異常がでる病気です。

 

症状は特に下のまぶたにがピクピクし、ストレスが原因だとも言われています。

 

 

目の痙攣の解決策

目が疲れなどで痙攣した場合の対処方法を紹介します。

 

■温かいおしぼりなどで目を温めると目の疲れが取れます。

■目の周りのツボを刺激する(眉の上、こめかみ、眉頭)

 

解決策は目を疲れさせないように、パソコンや携帯などをする場合はキチンと目を休める時間をとって、目を酷使しないように心がけるのが一番良い方法です。

 

目の痙攣ではストレスや栄養の偏りの場合も考えられるので、バランスの摂れた食事と、リラックスできる時間をつくりましょう。

 

 

最後に

上記でまとめてきましたが、酷い場合は多発性硬化症や脳腫瘍などがある場合もあります。

 

長く症状が続く場合は、重大な病気が潜んでいる可能性もあるので、早めに一度受診することをお勧めします。

 

関連記事

no image

乾燥肌なのになぜベタつくの?顔のべたつきの原因と正しい対処法

きちんと洗顔しているのに顔がべたつくと、なぜ?と不思議になりませんか?   顔のベ

記事を読む

顔に時々できる赤い斑点|かゆみがない時の原因は何?

洗顔後の鏡を見たときに、ふと赤い斑点が出来ていることありませんか?   かゆみもないし

記事を読む

ロカボ食で無理せずダイエット!食べていいもの・ダメなもの

食事の量を減らしても、カロリー制限しても体重が減らない!なぜ?と悩んでいませんか?  

記事を読む

すごく眠いのに布団に入ると眠れない!寝つきの悪い時の対処法

夜も更けてきて、さぁ寝ようと思って布団に入っても眠れない…、と悩んでいませんか?  

記事を読む

no image

SK2を使い始めたら吹き出物が出た!美肌ではなく肌荒れになる原因

少々お高めですが美肌になれると評判のSK2(SK‐Ⅱ:エスケーツー)。   若い女

記事を読む

知ってましたか?冬だからこそ体臭に気をつけるべきだという事を!

夏は汗をかきやすく、臭いはいつも気になりますよね。   汗拭きシートやデオトラント

記事を読む

食物繊維のとりすぎが便秘を悪化させる?意外な原因と対策とは

便秘が辛い!   そんな時に便秘解消するために摂取するものといえば「食物繊維」です

記事を読む

no image

シェーバーを選ぶときはお肌への優しさがポイント

毎日の髭剃りや無駄毛剃り、剃った後、なんだかひりひりしたり赤くなったりすることはありませんか。

記事を読む

no image

20代のクマはこうやって消す!アイクリームの効果的な使い方

目のクマを取りたくてお手入れをしてもなかなかクマが取れないという女性は多いです。  

記事を読む

10代・20代にも急増中!若い世代に起こる若白髪の原因と対処法

白髪といえば高齢者のなるものと思いがちですが、10代や20代という若い年代からでも白髪に悩む人が

記事を読む

PAGE TOP ↑