*

ワセリンを保湿剤として顔に塗るのは大丈夫?

公開日: : 美容・健康

ワセリンは低刺激で保湿が出来るので赤ちゃんのデリケートなお肌にも使えます。

 

皮膚科の医師も乾燥対策として処方するくらいですので、安心して使っている人も多いでしょう。

 

赤ちゃんにも使えるなら大人の保湿剤として顔に塗るのもありなのではないでしょうか?

 

 

ワセリンを顔に塗るときの注意点

ワセリンは大きく分けて白色と黄色の2種類があります。

 

白色と黄色の違いは不純物が含まれる量によるものです。

 

顔に塗る場合には白色を選んで使うようにしましょう。

 

なぜかというと、白色ワセリンの方が不純物が少ないので皮膚の薄い顔に塗っても刺激が少ないからです。

 

黄色ワセリンよりも少し高くなりますが、顔に塗る場合は白色ワセリンを使うようにしましょう。

 

ただし、白色ワセリンであってもアトピー性皮膚炎や敏感肌の人には刺激が強い場合もあるので、初めて使うときには部分的に試してから使うほうが安心です。

 

 

意外と少ない保湿能力と肌への影響

ワセリンは保湿に優れていると思われていますが、長時間の保湿には向いていません。

 

保湿効果として期待できるのは、顔に塗ってから1~2時間程度が限界です。

 

クリーム状になっており、塗って伸ばして膜を張る事で保湿をするものです。

 

肌の奥まで浸透するわけではないので、表面的な保湿に留まる上ベタベタするのもマイナスポイントと言えます。

 

また、赤ちゃんに使えるほどの低刺激とはいえ、肌が弱い・敏感肌の場合にはかゆみやかぶれが出る事もあります。

 

敏感肌でも使える化粧水の方がワセリンよりも保湿には優れています。

 

例えば、B・ミメテクス化粧水は敏感肌のために開発された化粧水なので、ヒリヒリする肌荒れでも安心して使えます。

 

 

ワセリンはスキンケア後がベスト

ワセリンは保湿剤として使うよりもスキンケア後の表面保護として使うほうが乾燥を防ぐには良い対策です。

 

お肌に与えた潤いを逃がさないための蓋の役目です。

 

べたつきが気になるときには皮膚の表面に薄く膜を張るイメージで塗るようにするといいですよ。

 

関連記事

no image

マスクで肌荒れする原因&敏感で弱い肌の対処法

風邪予防や花粉症対策に欠かせないマスク。   病気の時だけでなく「だてマスク」なる

記事を読む

no image

頭痛で悩まされている人必見!その頭痛の原因は鼻づまりかも?

春の花粉の飛ぶ季節や、風邪が始まる冬の時期になると鼻づまりに悩まされる人が多くなります。 &n

記事を読む

足を組む癖は今すぐ直そう!体のゆがみが体調不良を呼ぶ!

仕事中や授業中などで椅子に座っているとき ついつい足を組んで座っていませんか?  

記事を読む

no image

頭皮のカビに効く市販薬|脂漏性皮膚炎のかゆみ・炎症を抑えたい

頭皮にカビができると、かゆみやフケといった症状がでるようになります。   できものがで

記事を読む

知ってましたか?冬だからこそ体臭に気をつけるべきだという事を!

夏は汗をかきやすく、臭いはいつも気になりますよね。   汗拭きシートやデオトラント

記事を読む

細い足首は美脚に見せる効果アリ!今すぐ出来る簡単な2つの運動!

足首は太ももやふくらはぎと違って、運動やダイエットをしてもなかなか細くならない部位と思われていま

記事を読む

no image

ワセリンリップで唇が荒れる人必見!保湿ではなく潤いが必要!

冬には荒れた唇をケアするリップクリームが欠かせない!という人は女子だけでなく、最近は男子にも多い

記事を読む

脱毛テープでの脇毛処理は慎重に!手軽なケア方法にひそむ災難とは?

  鏡を見ながら1本1本の脇毛処理・・・面倒じゃないですか?   脱毛

記事を読む

若年性認知症が疑われる時!症状をチェックして早めの処置を!

認知症といえば高齢者の病気と思いがちですが、最近では若くして認知症を患う人が増えています。 &

記事を読む

スーパーミリオンヘアがバレない方法を知りたい?ばれる人の3つの特徴とは?

(引用:https://www.ruan.co.jp/smh/)    

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑