*

朝までグッスリ!眠れないあなたを良質な睡眠へと導く方法

公開日: : 美容・健康

あなたは毎日の睡眠で次のような悩みがありませんか?

 

■寝起きが悪い

■目覚めがスッキリしない

■一発で起きれない

■つい二度寝してしまう

■日中眠くなる

■疲れが取れない

■いつも寝不足を感じている

・・・など

 

これらは全て睡眠の質が悪いために起こっています。

 

眠いのは睡眠時間が足りないからだと思っている人が多いですが、質の悪い睡眠しかとれていないと長時間寝ても疲れは取れません。

 

私8時間は寝ないと次の日に疲れが残っちゃうの…、なんていっている人は、8時間寝ようが10時間寝ようが疲れは取れていません。

 

もし、あなたが6時間以上寝ていながら、上記のような感覚がある場合は、睡眠の質を向上しないと疲れは蓄積されていくばかりです。

 

良質な睡眠を得るには次の事を意識してください。

 

 

寝不足を解消し質の良い睡眠を取る方法

質の良い睡眠をとるためには、

 

■寝る直前の食事を控える

■ホットミルクを飲む

■湯船に浸かって体を温める

 

などがいいと言われていますが、あくまでも寝つきを良くするのがメインです。

 

グッスリと良質の睡眠を摂るためには次の事を行いましょう。

 

寝るときは部屋を暗くする

人間が夜に寝るような体の仕組みになっているのは、暗い中で寝る事で睡眠を促すためのセロトニンというホルモンが分泌されるためです。

 

電気を消して遮光カーテンで外の明かりが入らないようにして、真っ暗の中で眠るのが理想です。

 

とはいえ、電気をつけっぱなしにしていると眠れないという人もいますので、その場合は豆電球程度の明かりを足元(ベッドの下など)に置いて、直接目に入らないようにしましょう。

 

 

スマホやパソコンは寝る2時間前には止める

スマホやパソコンから出ているブルーライトは睡眠にとって大事なセロトニンの生成が弱くなり睡眠が浅くなってしまいます。

 

寝る前の2時間は電源を落として画面を見ないようにしましょう。

 

LINEやFACEBOOKなどリアルタイムでやり取りするSNSはついつい寝る直前までやってしまいがちなので気をつけましょう。

 

そうなると、何をすればいいの?と思うでしょうが、ゆっくりとしたテンポの音楽を聴いてリラックスしましょう。

 

 

セロトニンの分泌を促す食品を摂る

睡眠にとって大事なセロトニンの分泌はトリプトファンという必須アミノ酸の摂取で増やす事が出来ます。

 

トリプトファンを多く含む食品として、

 

■豆腐や納豆などの大豆食品

■ピーナッツなどのナッツ類

■マグロなどの魚類

 

に多く含まれます。

 

毎日の夕食にこれらの食品の摂取を多くする事で、セロトニンの分泌が促されます。

 

毎日となるとなかなか継続するのが難しいので、サプリで補助するのが続けやすいです。

 

サプリを摂取する場合には、化学製品を配合していないものを摂るようにしましょう。

 

ハーブをメインに配合されているルナハーブは化学製品に頼らずに作られているので安心して飲めます。

安心安全の休息サポートサプリメント「ルナハーブ」

 

 

毎日忙しく、食生活が乱れがちになってしまっているならサプリで補うのが良いです。

 

 

最後に

睡眠は疲れをとるだけでなく、精神面においても重要な行為です。

 

1日2日ならまだしも、不眠が慢性化すると体の不調にも現れてきます。

 

元気で長生きするためにも、日常生活を見直してよい睡眠を得てくださいね。

関連記事

no image

初めて使った化粧水が合わないと感じたときの対処法

化粧水を変えると肌に合わずに肌荒れする事があります。   この場合は、使用を止める

記事を読む

咳を止める方法 -裏技を2つ公開-

冬になり、寒くなって乾燥してくると風邪をひく人も増えてきます。   街中を歩いてい

記事を読む

no image

ボディーソープは保湿成分で選ぶと肌が弱いアナタも安心!

毎日のお風呂でつかうボディーソープ。   安いからと安易に選ばずしっかりと肌に合っ

記事を読む

お風呂に入るがめんどくさい夜に最低限やっておくべきこと!

夜、仕事から帰って風呂に入るのは、けっこう面倒に感じませんか?   疲れも取れるし

記事を読む

軽いランニングでも期待できる効果

秋から冬にかけては、どうしても食べ過ぎてしまう季節。   ダイエットや健康維持の為

記事を読む

立ちくらみが頻繁に起こるときは要注意!5つの症例と対処法

ふと立ち上がったときに、急に目の前が真っ暗になってフラフラ~っと座り込んでしまったことありません

記事を読む

あなたの動脈硬化度を確認できる!血管年齢測定のチェックリスト

最近、テレビの健康番組でよく耳にする「血管年齢」。   もうすぐ還暦を迎える郷ひろ

記事を読む

クロキュアはデリケートゾーンに使える!?黒ずみを消す正しいケア方法とは?

    小林製薬の黒ずみケア用品「クロキュア」。   &n

記事を読む

冬だけじゃない!夏に加湿器が活躍する2つの理由

お宅の加湿器は冬まで押入れの中ですか?   冬は乾燥するので加湿器の活躍する機会が

記事を読む

「カミソリ負けでかゆい」ときの対処法は、オロナインよりも〇〇の方がいい!

  ムダ毛処理の定番「カミソリ」。   8割近くの人はカミソリで

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑