*

快適な眠りを実現!ちょうどいい枕の高さ調整のポイント

公開日: : 美容・健康

長時間寝てもスッキリしないな~、寝て起きると肩こりがひどいんだよな~、と睡眠に対する悩みを持っていませんか?

 

1日の4分の1~3分の1を占める睡眠を快適に取れている人は意外と少ないです。

 

この睡眠を改善する方法として枕を変えるといい、というのはあなたも聞いた事があるかもしれません。

 

いまでは、枕専門(オーダーメイド)のお店も増えていますし、体型に合う枕の専門医は予約で3ヶ月待ち(整形外科枕)という程、最適な枕が見つからず困っている人が多いのです。

 

 

高級枕でないと眠りは改善できない?

オーダーメイドや整形外科枕は枕に頭を乗せて負荷のかかり具合や首のS字の深さ、頭の形などを計測して、世界に1つだけの枕を作ってくれます。

 

当然、寝心地の良い最高の枕が出来上がります。

 

でも、その分お値段が高くなり、2~3万円はかかると思っていたほうが良さそうです。

 

快適な睡眠を手に入れるためとはいえ、2万円を枕にポンッとだすのは躊躇してしまうのではないでしょうか?

 

 

快眠はオーダーメイドでなくても得られる

オーダーメイド枕は体型に合わせられる上、中に入れる素材や外側の素材を自由に選んで組み合わせられるので肌触りや寝心地を自分好みに出来るというメリットもあります。

 

しかし金額的に手が出ないという場合は安い枕でガマンしないといけないかというとそうでもありません。

 

自分にピッタリの枕はタオルでも作ることが出来ます。

 

 

快適な枕を作るポイントはたった2つ!

自分の体型に合った高さにするには、横向きに寝たときに顔の中心から腰までが一直線になるようにすることです。

 

この高さにあわせると、仰向けになったときでも理想の角度になります。

 

バスタオルを折りたたんでいき、少しずつ高くして調整してみましょう。

 

この時に端が直角になるようにピシッと重ねる事がポイントです。

 

仰向けに寝たときのチェックポイントは、のどに負担がかかっておらず首や肩に力が入っていないかを確認しましょう。

 

横向き・仰向けを繰り返して寝返りが無理なくできればあなたの体型にピッタリと合っている高さと判断できます。

 

体にフィットする枕の高さであれば、肩や首にかかる負荷が軽減されるので肩こりも解消できます。

 

 

快眠は枕だけでは完結しない!

ただし、質の良い眠りを得るには枕を変えるだけでは不十分です。

 

快眠のためには生活習慣や食事などが乱れていることは良くありません。

 

眠りが浅い、日中の眠気などが解消されないときは生活の見直しをしましょう。

 

■半身浴をしてお腹を温める

■寝る3時間前には食事を済ませておく

■寝る1時間前にはスマホやパソコンを止める

■間接照明にして直接光が目に入らないようにする

 

忙しい日常でも上記のことはそれ程難しいことではありません。

 

布団に入って考え事をしたり寝つきが悪い場合には、ホットミルクやサプリを摂取すると体がリラックスして眠りにつきやすくなります。

 

睡眠サプリはドラッグストアでも販売されていますが、それほど安いものではありません。

 

サプリが初めての場合はルナハーブのように実質無料で体感できるものから始めてみるといいでしょう。

 

安心安全の休息サポートサプリメント「ルナハーブ」

 

 

最後に

冒頭でも書いたように、睡眠は人生の内でかなり多くの時間を占める大事な行為です。

 

枕で大切なのは素材や固さではありません(それも大事ですが)。

 

枕の役割として大事なのは頭を支え、肩や首に負担をかけないことです。

 

オーダーメイドで作るのも良いですが、この記事で書いた方法は自宅にあるもので出来るのでとても手軽に最適な枕を作る事が出来ます。

 

あなたの快眠に役立ててくださいね。

 

関連記事

立ちくらみが頻繁に起こるときは要注意!5つの症例と対処法

ふと立ち上がったときに、急に目の前が真っ暗になってフラフラ~っと座り込んでしまったことありません

記事を読む

親知らずが痛い時の対処法!虫歯になったら抜くほうがいい?

何だか歯茎に違和感があると思ったら親知らずが生えていた、という事ありますよね。  

記事を読む

寝起きにいつもフラフラするあなたに!朝のめまいの原因は何?

目が覚めて起き上がると、目の前が暗くなってフラフラっとめまいがした経験をした事のありませんか? &

記事を読む

no image

鎮痛剤の乱用ストップ!寝起きに頭痛でこめかみが痛い原因と対処法

■朝起きるとこめかみが痛い… ■朝起きるのがゆううつ… ■寝すぎると頭痛がする… &nbs

記事を読む

寝るときの靴下はダメじゃない!正しい睡眠時の靴下の履き方

寒い冬の夜には手足が冷えて眠れない、 ということが少なくありません。   でも、

記事を読む

ヘアリセッターのデメリット

ヘアリセッターのデメリットはある?縮毛矯正とどちらがおすすめ?

ヘアリセッターという魔法のようなはさみがスマステーションで紹介されていましたね。 &nbs

記事を読む

絆創膏で自然なクッキリ二重を作るコツ!今日からアイプチ要らず

一重まぶたの必須アイテム「アイプチ」。   でも、アイプチを使っているとかゆみやか

記事を読む

毛穴パックでの角栓のとり過ぎに要注意!汚れ以上に危険な事とは?

角栓は毛穴に詰まった皮脂や角質が蓄積されて出来るものです。   皮脂は普段から分泌

記事を読む

20代でも実感!あなたの記録力低下の原因はストレスかも知れない!

最近、記憶力が低下したと感じたり、以前よりも物覚えが悪くなったような気がすることありませんか?

記事を読む

no image

息苦しい鼻づまりに劇的効果!レーザー治療のメリットとデメリット

風邪をひき、鼻づまりになると、とてもツライのですが、風邪が治ると自然と回復します。  

記事を読む

no image
頭皮のかゆみ止め塗り薬|効果的な塗り方知っていますか?

頭皮がかゆいときはシャンプーが合わないとか、洗い方に気をつけましょう、

no image
アデランス無料ヘアチェックではどんな事をされる?

自宅での頭皮ケアや育毛剤で効果が感じられなかったなら、そのまま同じ薄毛

no image
ミノキシジルの副作用|心臓や肝臓への影響はある?

発毛・育毛に効果のある成分として有名なミノキシジル。  

no image
ミノキシジルの初期脱毛が止まらない|いったいいつまで続く?

ミノキシジルを使い始めると初期脱毛が起こることはご存知でしょう。 &

no image
シャンプーしても髪のべたつきが取れない原因を知っていますか?

毎日シャンプーしているのに何故か髪がべたつくことありませんか? &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑