*

早めの対処で発症を防ぐ!心筋梗塞の前兆と初期症状

公開日: : 美容・健康

冬場に多くなる病気の1つに心筋梗塞があります。

 

心筋梗塞になるのは動脈硬化や血栓により血流がストップすることが原因です。

 

冬には動脈硬化になりやすい特徴があるのです。

 

 

冬に心筋梗塞が増える原因とは?

最近は暖冬になる事が多く以前よりも冬の寒さは厳しくありませんが、それでも一年で一番寒い時期です。

 

気温が下がると人間の体は血管を収縮させて体温が下がらないようにする仕組みがあります。

 

血管を収縮させるという事は血管が詰まりやすくなるという事です。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

また、温かい部屋の中から外に出たときの温度差も心筋梗塞を招く一因となります。

 

心筋梗塞には前兆があるので、そのサインに気づいて対処する事で発症を予防する事が出来ます。

 

 

心筋梗塞の前兆と初期症状

心筋梗塞を起こす前には必ず前兆があります。

 

■胸の痛み

■左肩の痛み

■冷や汗が出る

■不整脈

 

これらの前兆が前触れとして起こります。

 

血流が悪くなり心臓の負担が増えるために体が出している危険信号です。

 

ただ、これらの症状はしばらくすると治まってしまうため、そのまま放置してしまいがちです。

 

冬だけでなく普段から不整脈を感じている場合は、「いつもの事だから大丈夫…」、と放ってしまうのです。

 

 

心筋梗塞の前兆を感じたら

前述したようなサインが出たときには、すぐに病院で診察を受けてください。

 

まったく病気とは関係ない場合もありますが、この段階で食事や運動などの予防法などを行うのはナンセンスです。

 

心筋梗塞を発症するのが近い可能性があるので、医師に診断してもらう方が安心です。

 

roujin_sinzouhossa

 

 

最後に

「まさか自分が!」と思っていてもかかるのが病気です。

 

特に心筋梗塞の場合は生命に関わる問題なので後回しにしてはいけません。

 

少しでも「おかしいな?」と感じたら、すぐに病院に行くようにしてくださいね。

 

関連記事

咳を止める方法 -裏技を2つ公開-

冬になり、寒くなって乾燥してくると風邪をひく人も増えてきます。   街中を歩いてい

記事を読む

no image

息苦しい鼻づまりに劇的効果!レーザー治療のメリットとデメリット

風邪をひき、鼻づまりになると、とてもツライのですが、風邪が治ると自然と回復します。  

記事を読む

知らなきゃ損!女性の水虫を防ぐたった2つのポイント

水虫と聞いて「おじさんの病気」と思った貴女! そんな、アナタも実は水虫かもしれませんよ。 &

記事を読む

インフルエンザの予防接種はどうする?効果はいつから?

そろそろ夕飯の御献立にあったまるものを なんて考える季節となっています。   こ

記事を読む

化粧水を使っても潤わない!幾ら保湿しても潤いを感じない理由

■化粧水をジャブジャブ使っても潤わない… ■乾燥肌が止まらない… いくらしっかりと保湿しても

記事を読む

おたふく風邪に大人がかかったときの症状と治療法

おたふく風邪は一般的に幼少期(2歳~12歳)にかかり、一度かかると二度とかかりません。 &nb

記事を読む

脱毛テープでの脇毛処理は慎重に!手軽なケア方法にひそむ災難とは?

  鏡を見ながら1本1本の脇毛処理・・・面倒じゃないですか?   脱毛

記事を読む

絡みやすい髪の毛の対処法

冬になると特に髪のトラブルが気になりませんか? 静電気が起こりやすくなったり、髪が絡まりやすく

記事を読む

「カミソリ負けでかゆい」ときの対処法は、オロナインよりも〇〇の方がいい!

  ムダ毛処理の定番「カミソリ」。   8割近くの人はカミソリで

記事を読む

シミ・そばかすを消す方法!もう隠さなくても大丈夫

色が黒い私は小さい頃、肌が白く そばかすがある子がとてもかわいく見えたのを覚えています。 &

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑