*

花粉症の薬で眠くなる人でも大丈夫!鼻のズルズルを解消する対策

公開日: : 美容・健康

この時期になると花粉症の人にとっては悩みの多い時期になります。

 

鼻水にくしゃみ、目のかゆみに鼻づまり、と花粉の飛ぶシーズン中はずっと不快な思いが続いてしまいます。

 

そして、鼻水を止めようと思って飲んだ薬で眠気がでるので飲むのをためらうという人も少なくありません。

 

そもそも、なぜ花粉症の薬で眠くなるのでしょうか?

 

 

花粉症の薬が眠くなる原因

花粉症ででるアレルギー症状はヒスタミンという物質が関係しています。

 

外部から入ってきた花粉に反応してくしゃみや鼻水などが症状として出るのです。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

この症状を抑えるためにヒスタミンの働きを抑制する成分が花粉症向けの薬に含まれています。

 

ですので、薬が効いている間は鼻水などが抑えられるわけです。

 

ただ、ヒスタミンは悪い物質ではなく人間の体に必要なもので、脳の働きを活性化させる働きもあるのです。

 

そのため、抗ヒスタミン薬を投与する事で、脳の働きも抑制されてしまい眠くなってしまうのです。

 

 

眠気を抑えるには

抗ヒスタミン薬を飲んでも、眠くなる人・眠くならない人というのがいます。

 

これは体質による違いなので、強い眠気を感じる人は日中その薬は飲まないほうがいいでしょう。

 

ここ数年で開発された新しい抗ヒスタミン薬(アレグラやアレジオンなど)は、眠気が起こりにくいので、これらの薬を試してみるといいでしょう。

 

ただし眠くなりにくいだけであって、アレグラやアレジオンでも眠くなるので注意が必要です。

 

また眠気の起こりにくいタイプの薬はあまり効かないという声も少なくないため、症状と眠気を見ながら摂取するようにしてください。

 

 

点鼻薬・目薬の使用

飲み薬で眠気がくる場合は体質なので、マスクやめがねなどを主な対策とする方が良いです。

 

点鼻薬や目薬は眠気がおこる事はないので、日中でも気にすることなく使えます。

 

薬が飲めない場合でも劇的に良くなるので眠気を感じる場合でもおすすめです。

 

また生活習慣を改善することで花粉症の症状は緩和されるので、この機会に規則正しい生活をおくるようにするといいですね。

 

330810

 

 

最後に

私も花粉症で、しかも杉花粉とヒノキ花粉の2種類に反応しているので、普通の人よりも長い期間症状がでます。

 

しかもどんな薬を飲んでも眠気がくるため、毎年マスクとめがねで完全防備して外出しています。

 

点鼻薬はそんな私でも安心して使えるので、ぜひ試して見てくださいね。

 

関連記事

インフルエンザの予防接種はどうする?効果はいつから?

そろそろ夕飯の御献立にあったまるものを なんて考える季節となっています。   こ

記事を読む

no image

ボディーソープは保湿成分で選ぶと肌が弱いアナタも安心!

毎日のお風呂でつかうボディーソープ。   安いからと安易に選ばずしっかりと肌に合っ

記事を読む

no image

肌が弱いアナタのためのファンデーションの選び方

ファンデーションで肌が乾燥したり、赤くなった事はありませんか。   肌に密着するフ

記事を読む

ワセリンを使えば顔に出来たニキビは本当に治せるの?

ニキビケアにワセリンが有効と聞いたことがありませんか?   ワセリンは肌の表面に留

記事を読む

知らなきゃ損!女性の水虫を防ぐたった2つのポイント

水虫と聞いて「おじさんの病気」と思った貴女! そんな、アナタも実は水虫かもしれませんよ。 &

記事を読む

no image

頭皮の油を減らす方法|シャンプーを替えるだけでは変わらない!

頭皮がベタベタして油っぽいのを減らしたいとシャンプーを替えても、一向に改善されずに困っていませんか?

記事を読む

下り物の酸っぱい臭いが気になる方必見!臭いを瞬間的に消す方法

おりもの(下り物)の臭いがきついと病気ではないかと不安に思ってしまいますよね?  

記事を読む

若年性認知症が疑われる時!症状をチェックして早めの処置を!

認知症といえば高齢者の病気と思いがちですが、最近では若くして認知症を患う人が増えています。 &

記事を読む

峯岸みなみも実践?コンビ二でOKのライザップ流食事メニュー

ライザップ(RIZAP)でダイエット成功の芸能人として新CMに出演することになったAKB48の峯

記事を読む

絆創膏で自然なクッキリ二重を作るコツ!今日からアイプチ要らず

一重まぶたの必須アイテム「アイプチ」。   でも、アイプチを使っているとかゆみやか

記事を読む

PAGE TOP ↑