*

あげる方も、もらう方も気になるお年玉の相場

公開日: : イベント, 生活

こどもの頃お正月の楽しみといえば、

おせちでも初詣でもなくやはり「お年玉」

 

親戚一同集まり、久しぶりに従兄弟たちと遊べるのも楽しかったですが、

「親戚のおじさんはいくらくれるかな?」というのが一番大きなイベント。

 

あのおじさんは多かったとか、少なかったとか

 

新学期になってお年玉をいくら貰ったかという話が

クラス中で話題となるものです。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

 

立場が代わるとけっこう重荷のお年玉

 

大人になると、何かと年末年始に出費がかさむ上に

お年玉の金額まで気にしなければなりません。

 

あんなに楽しかった年末年始のイベントが

大人になるとこんなにも大変だったのかと実感してしまいます。

 

そんな、大人の気持ちも知らず楽しみのしているお年玉。

 

いくらあげれば良いものか悩んでしまう人も多いと思います。

そんな人に是非参考にしてほしい相場の出し方をご紹介します。

 

 

年齢別のお年玉の相場

 

もらう方は多ければ多いほど嬉しいお年玉ですが

渡す方はいくら位あげればいいものか悩みます。

 

基本的には、「年齢×500円」と考えると大丈夫なようです。

 

例えば10歳の子であれば、

10歳×500円で5000円が大体の相場になるという事ですね。

 

また、年齢別の大体の相場でみてみると、

小学校低学年=1000円〜3000円

小学校高学年=3000円〜5000円

中学校=3000円〜10000円

高校生=5000円〜10000円

 

が一般的なようです。

 

上記の計算式とは若干異なりますが

上限はやはり10000円が限度かなという感じになります。

 

また、小学校入学前でもお年玉をあげている人もいますが、

お菓子やおもちゃという人も多いようです。

 

 

106666

 

お年玉は何歳くらいまでもらえる?

 

お年玉をあげる年齢としては、

1位=18歳まで

2位=22歳まで

3位=20歳まで

 

が一般的となっているようです。

 

小学校入学から高校生まで、または大学生まで

という感じで学生の間と考える人が多いようです。

 

30歳くらいになっても貰っているうらやましい人もいるようですが、

私の場合、高校生までもらっていました。

 

20歳になってからは少しでも恩返ができればと親へお年玉をあげています。

 

子供にとっては、一年で最大とも言えるお年玉のイベント

 

少な過ぎず、あげ過ぎず、丁度いい金額をあげられる様

参考にしてみてくださいね。

 

関連記事

2015年盆休みの連休は例年より少ない!有給を上手く活用すべし

ゴールデンウィークが終わってから、待ちに待った盆休みが近づいています。   そこで

記事を読む

自動車保険の等級が低くて保険料が高い時!契約の抜け道とお得情報!

自動車保険の等級が低くて保険料が高いと悩んでいませんか?   若くて免許を取り立て

記事を読む

チャーリィ古庄ギネス認定

チャーリィ古庄ギネス認定!世界一航空機を知る男の薦めるLCC

世界一多くの飛行機に乗った人としてギネス記録にも載っているチャーリィ古庄さん。  

記事を読む

ラジバンダリ西井

ラジバンダリ西井の愛車は?納車3日で廃車にコメント

「~たり、~たり、ラジバンダリ」で一時期ブレイクし人気芸人となった元ダブルダッチのラジバンダ

記事を読む

no image

眼精疲労で目がショボショボする時の対処法

現代社会はとても便利になり、わからない事や調べたい事が、パソコンや携帯などで、すぐに解るようにな

記事を読む

かぼちゃマント

ハロウィン衣装【子供用】手作り不要の100均グッズ

幼稚園や保育園でのハロウィンイベントが定番になってきています。   子供達もかぼち

記事を読む

no image

夜勤で寿命が縮むのは本当?長生きするための対策はある?

夜勤で働いていると寿命が短くなると聞いたことありませんか?   ある報告によれば、

記事を読む

喪中はがきのマナー

喪中はがきのマナー|宛名の正しい書き方と出す時期

  喪中はがきを受け取ることはあっても、出す機会は少ないものです。  

記事を読む

もれなく貰えない?楽天カードの8000ポイントはいつつく?

CMでおなじみの楽天カード。   楽天市場や楽天トラベルなどのグループだけでなく、コン

記事を読む

仕事行きたくない、に注意!最長16連休のゴールデンウィーク2015

いよいよゴールデンウィーク(GW)が近づいてきましたね。   ここのところ多くの企業で

記事を読む

PAGE TOP ↑