*

ムダな課金をやめたい貴方へ!ポイントサイト活用方法

公開日: : 最終更新日:2016/12/05 アプリ・ゲーム

課金しすぎ

スマホゲームをプレイしていて、「何回リセマラしても当たりが出ない」とか「この敵強すぎ!何とかしたい!」と思って、つい課金しようかと思ったことありませんか?

 

僕は良く思います。

 

というより、僕の場合すぐに課金していました。

 

ただ、課金したからといって目的のものが出るとは限りませんよね?

 

なので、僕はドンドン小遣いを使っていって、丸々1か月分を使いきってしまった事もあります。

 

でも目的は果たせない・・・、この時の虚無感といったら半端ないです。

 

ある種のギャンブルともいえますね。

 

以前、子どもが親のクレジットを使って月に数十万円の課金請求がきたというニュースがあったのを覚えていませんか?

 

こんな事例がたくさん発生したので、最近では年齢制限を設けるようになっていますよね。

 

この事から課金自体が悪いようなイメージがありますが、僕はそうではないと思います。

 

ちょっと強い武器を手に入れられればストーリー展開が楽になる、とか、気に入ったキャラを手に入れたいというのを課金して手に入れるというのはアリではないでしょうか?

 

ただ、使う金額や頻度が問題なのです。

 

僕も妻にお小遣いの前借りまでしたことがありますが、やっぱり長くは続かないわけです。

 

しばらくは無課金でやっていたこともありましたが、やっぱり時間がかかりますし、何よりイライラしてしまいます。

 

そこで、課金せずにできる方法はないかと探していたところに見つけたのがポイントサイトです。

 

 

無課金プレイを可能にするポイントサイトとは?

 

ポイントサイトというのは無料ダウンロードやアンケートに答えるだけでポイントをゲットして、現金やWEBマネーに換えられるというものです。

 

もちろん楽天市場などのネットショッピングでもポイントが付きます。

 

あなたも名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

しかし、怪しいなどあまり良くないイメージを持つ人も少なくありません。

 

なぜタダでお金がもらえるの?と。

 

仕組みを知れば、タダでお金がもらえるのではないことは良く分かるのですが、ポイントサイトというのは簡単に言うと広告代理店のようなものです。

 

企業がテレビや雑誌などにCM・広告を出すときには、広告代理店が間に入って制作します。

 

大手で言えば電通や博報堂ですね。

 

現実のCMではそのような広告代理店が行う事をインターネット上で行っているのがポイントサイトです。

 

ポイントサイトの仕組み

 

ですので、取引企業には一般的に知られている大手企業もたくさんあります。

 

■楽天市場
■ヤフー
■TSUTAYA
■ニッセン
■DHC など。

 

これらの企業とポイントサイトを運営する会社が提携してインターネット上で広告を掲載するのです。

 

そう考えるとちょっとした疑問が生まれませんか?

 

「なぜ、広告代理店がやらないの?」と。

 

これは、【インターネット上の広告費用は安く、テレビCMの方が売上になるから】というのが答えです。

 

当然、広告代理店にもWEBマーケティングなどの部署はあるでしょうが、本腰を入れてやるほどの企業メリットがないわけです。

 

その代わりにポイントサイトを運営する会社が仲介して広告を出しているのです。

 

インターネット広告は、

 

  1. 企業は安い広告料でインターネット上に広告が出せる。
  2. ポイントサイト(運営会社)は広告料が入る。
  3. ユーザーはサービスを無料、または通常よりお得な料金で利用できる。

 

と、三者三様にメリットがあるのが特徴です。

 

利用者はポイントサイトに無料で登録できますし、年会費などもかかりません。

 

ただ、注意するべき点もあります。

 

 

ポイントサイトを利用するときの注意点

 

この際の注意点というのは、高額な現金やポイントをプレゼントするという広告です。

 

クジを引くだけで5万円もらえる、とか当たりが出れば2万円もらえるなどというウマイ話です。

50000円プレゼント

とか

20000円プレゼント

など。

 

普通に考えたら、おかしいですよね?

 

しかしリセマラ情報を探しているときに、この様な情報を目にすることがよくあります。

 

決してスクラッチを削ったり、チャンスボタンを押さないでください。

 

高額の現金やWEBマネーが簡単に手に入るという甘い言葉に惑わされないよう注意してくださいね。

 

それでは最後に優良なポイントサイトを見分ける方法を紹介します。

 

 

優良なポイントサイトの見分け方

 

優良なポイントサイトを見分けるには、

 

  1. 運営会社がしっかりしている(運営年数・資本金・会社情報)
  2. 会員数が多い
  3. 最低交換金額が低い
  4. 振込みが早い
  5. 迷惑メールが来ない

 

という点をよく確認することです。

 

この点をクリアして、僕がいつも利用しているのはポイントインカムモッピーの2つです。

 

【ポイントインカム】
1.運営年数:平成15年設立/資本金:4400万円/会社情報:ファイブゲート株式会社
2.会員数:270万人以上
3.最低交換金額:500円から
4.振込み:交換申請後2営業日
5.迷惑メール:来ない

 ▼ポイントインカムはコチラ▼
 
 
【モッピー】
1.運営年数: 平成17年設立/資本金:3億4200万円/株式会社セレス
2.会員数:400万人以上
3.最低交換金額:100円から
4.振込み: 最短5日以内(交換方法により異なる)
5.迷惑メール:来ない

 ▼モッピーはコチラ▼

 

お小遣い稼ぎとしての利用者が多いポイントサイトなので、安心して使えます。

 

使える時間や内容にもよりますが、毎月2、3万円以上を無料で貯めることは可能です。

 

登録は無料なので、課金しようかどうか迷っているなら使ってみるといいですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

遊戯王デュエルリンクスのレベル上げ

【遊戯王デュエルリンクス】レベルを即上げする2つの方法

遊戯王のレベル上げで、普通にデュエルして経験値を貯めていくのは面倒だと思っていませんか? &n

記事を読む

セブンスリバースの高速リセマラのやり方

セブンスリバースの高速リセマラのやり方|大胆かつ慎重に!

セブンスリバースのリセマラを行うときに必要となるパワーストーンは事前登録の425個がある事で1度

記事を読む

遊戯王デュエルリンクスのリセマラ妥協

遊戯王デュエルリンクス|リセマラ妥協のギリギリラインはどこ?

遊戯王デュエルリンクスではURカードの中でも当たりとそこそこのカードがあります。  

記事を読む

遊戯王 梶木

【遊戯王】梶木「海からの刺客」最強すぎるスキルの唯一の弱点

遊戯王デュエルリンクスのキャラドロップスキルの中で、梶木漁太の「海からの刺客」が最強すぎると話題

記事を読む

名もなき決闘者に勝つ攻略

【遊戯王デュエルリンクス】名もなき決闘者に勝つための徹底攻略!

名もなき決闘者とのデュエルは課題が出されハンデを負った状態での戦いとなるので、なかなか勝つことができ

記事を読む

セブンスリバースのリセマラ

セブンスリバースのリセマラ|終盤まで使える当たりランキング

セブンスリバースではガチャで出るのは、アイテム(武器か防具)です。   10連ガチ

記事を読む

ワルサマの攻略まとめ

ワルサマの攻略まとめ!1つで3倍楽しめる新ジャンルゲームアプリ

いよいよ配信が迫ってきたワルサマ(ワールドオブサマナーズ)。   公式ツイッタ

記事を読む

ボックスリセットのメリット・デメリット

【遊戯王リセマラ】ボックスリセットしてはいけないタイミング

遊戯王はボックスガチャなので、回せば回すだけURカードが出る確率は高くなります。 &nbs

記事を読む

海馬と遊戯のどちらを選ぶ

【遊戯王デュエルリンクス】海馬と遊戯のどちらを選ぶ?<初心者必見>

遊戯王デュエルリンクスでは、ゲーム開始時に海馬と闇遊戯のどちらでプレイするか選択しますよね。&nbs

記事を読む

セブンスリバースのモンク評価

セブンスリバースのモンク評価|転職した感想と世間の声

セブンスリバースのモンクは、その見た目からは武闘家というイメージとちょっとかけ離れた感じがし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑