*

前髪が浮く原因と自宅で出来る対処法|すぐに浮いてくる人必見

公開日: : 最終更新日:2017/01/05 美容・健康

お出かけ前のスタイリングで前髪が浮いて決まらないと、テンションが上がらずイライラすることありますよね?

 

前髪が浮きやすい髪質でもきちんと対処する事で、思い通りのスタイリングにまとめることができます。

 

朝の前髪直しに時間が取られてしまっているなら、この記事は必見です。

 

どうぞ最後まで読んでみてください。

 

 

前髪が浮くのはなぜ?原因は髪質だけではない!

スポンサーリンク

 

 

前髪が浮いてしまうのは、

 

  • 前髪を切って短くした
  • 髪にコシがある、クセがついている
  • 髪の毛の生え方

 

というのが主な原因です。

 

前髪があったときは気にならなかったのにショートヘアにしたとたん浮いてきた・・・、という話はよく聞きますよね?

 

また、髪にコシがあったりおでこから垂直に髪の毛が生えている場合には、いくらスタイリングの際にドライヤーのあて方を工夫しても時間が経つと元に戻ってしまうものです。

 

せっかく時間をかけてセットしても髪が浮いてきてしまうのはやり方が間違っているからなので、詳しく解説していきます。

 

 

前髪が浮くときの対処をしても治らない理由

前髪が浮くときの対処方法としては、

 

  1. 前髪の浮いた部分をブラシで軽く押さえてドライヤーの温風をあてる
  2. ドライヤーの冷風に切り替えて前髪を冷ます
  3. 1と2を繰り返す(1回で直らないとき)

 

ポイントはドライヤーを上から下に向けて温風・冷風をあてるという点です。

 

この方法では一時的に髪の浮きが抑えられ、思い通りのスタイリングも可能です。

 

しかし時間が経つと、ほぼ確実に前髪が浮いてきます。

 

その理由はクセづいている前髪を強制的にセットしているからです。

 

元々のクセを戻しておかないので、せっかくのスタイリングも昼過ぎになると髪が浮いてきてしまいます

 

前髪が浮くのを押さえるには元々のクセをニュートラルにしておくことが大事なのです。

 

 

前髪が浮くのを予防するには根本からの対策が大事

前髪が浮いてしまうのを防ぐには前の日のお風呂上りからが勝負となります。

 

1.髪全体をタオルドライで乾かす
2.前髪を下に引きながらドライヤーの温風を当てる
3.そのままドライヤーの冷風で乾かす
4.ヘアバンドやナイトキャップで前髪を押さえて眠る

 

前髪が浮かないようにピンで留める人がいますが、ヘアバンドやナイトキャップの方が前髪全体を抑えることができるのでおすすめです。

 

また、髪はカラカラに乾かしすぎないことが大事です。

 

髪の毛が乾ききってしまうと水分がなくなり、髪全体が浮きやすくなってしまいます。

 

自然乾燥はもってのほかですが、きちんと乾かしているのに前髪が浮いてしまう場合は、逆にしっかりと乾かしすぎている可能性が高いです。

 

ドライヤーの温風をあてるときは乾かしきらずに、冷風でキューティクルを閉じる事で髪の内部に水分を閉じ込めておきましょう。

 

髪に水分を保持させると前髪のクセも出にくくなりますよ。

 

最近はクセのつきやすい髪質の人向けに、髪の内部に水分を保持しやすいシャンプーも販売されています。

 

前髪が浮きやすいときは髪の潤いが失われているためかもしれないので、シャンプーを見直してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

前髪の浮きを直すには

今回紹介した前髪の浮きを治す対処法は、自宅で出来る方法です。

 

自分で対処するのが面倒な場合は、ヘアカットの際に美容師さんに前髪のクセを伝えたり、ストレートパーマをかける方法もあります。

 

朝の忙しい時間にサッとスタイリングできるように参考にしてくださいね。

 

関連記事

手汗がひどくて好きな人と手をつなげない方必見!夏の発汗対策!

好きな人と手をつなぎたい!でもつなげない!   別のカップルが手を繋いでいるのを見

記事を読む

あなたの動脈硬化度を確認できる!血管年齢測定のチェックリスト

最近、テレビの健康番組でよく耳にする「血管年齢」。   もうすぐ還暦を迎える郷ひろ

記事を読む

怖い顔を直したい!目つきが悪いのが改善しない時に使える秘策

スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogl

記事を読む

男子中学生限定!簡単にできるニキビ跡の治し方

中学生の悩み第一位といえば、思春期ニキビです。   あなたの年代で出来るニキビは、

記事を読む

no image

しっかり洗顔は逆効果!顔のテカリを抑える方法

きちんと顔を洗っているのにしばらくするとテカリが出て恥ずかしくて困っていると悩んでいませんか?

記事を読む

no image

化粧水で肌荒れを起こすときは【アルコール】が原因かも?

女性なら殆どの人が洗顔した後には化粧水を使います。   でもその使っている化粧品で

記事を読む

脱毛テープのデメリット!痛い・抜けない以上に怖い肌トラブルとは?

    ムダ毛処理をカミソリでしていると、カミソリ負けしたり傷になっちゃ

記事を読む

no image

鏡を見たらおばさんだった!パーマの失敗をダメージ少なく直すには

ゆるふわパーマでお願いしたはずなのに、完成したのはおばさんパーマだった…   笑え

記事を読む

ムダにしていませんか?長風呂の時間を効果的に楽しむコツ

一日の疲れをとる一番の方法といえば、お風呂!   仕事から家に帰って湯船につかった

記事を読む

ヘアリセッターのデメリット

ヘアリセッターのデメリットはある?縮毛矯正とどちらがおすすめ?

ヘアリセッターという魔法のようなはさみがスマステーションで紹介されていましたね。 &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑