*

髪がパサパサでまとまらないのは何故?ヘアケアが無駄になる理由

公開日: : 美容・健康

お風呂上りのブロー後はふんわりサラサラしているのに、朝になると髪がパサパサしてまとまらない、そんな悩みを持っている人は少なくありません。

 

たまにお風呂に入らない翌日の方がサラサラしているなんて感じた経験ありませんか?

 

カラーリングもせずトリートメントやヘアオイルでケアしていても、髪がパサパサになってしまう人には共通の原因があるのです。

 

 

髪がパサパサでまとまらない原因と対策

スポンサーリンク

 

 

次にあげる原因を解消しなければ、いくらヘアケアしてもパサつきはなくなりません。

 

  1. パーマやカラーリングを頻繁にしている
  2. 洗浄力重視のシャンプーで洗っている
  3. タオルドライでゴシゴシ拭いている
  4. ドライヤーでしっかり乾かしている
  5. 自然乾燥で髪を乾かしている

 

1つ2つ思い当たる節があるのではないでしょうか?

 

 

パーマやカラーリングを頻繁にしている

パーマやカラーリングをする度に髪がダメージを受けているのはご存知でしょう。

 

キューティクルを開きパーマ液やカラーリング剤を使って色や形を変えるため、キューティクルが痛んでしまいます。

 

そのため、水分を保持することができず蒸発してパサパサになってしまうのです。

 

パーマやカラーリングは頻繁に行わず必要な箇所だけ部分的に行うようにして、あまりダメージを与えない事が大事です。

 

 

洗浄力重視のシャンプーで洗っている

泡立ちが良く汚れをしっかり取り除いてくれるシャンプーは爽快感があって気持ちいいですよね?

 

しかし洗浄力が強いため、頭皮を守るための必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

 

その結果、頭皮が乾燥してしまい毛髪に十分な栄養を届けることができなくなってしまうのです。

 

シャンプーは必要以上に皮脂を取り除かない適度な洗浄力を持ったアミノ酸系シャンプーに変えて頭皮の乾燥を防ぎましょう。

 

 

タオルドライでゴシゴシ拭いている

お風呂上りの髪が濡れている状態はキューティクルが開いている状態です。

 

そのときにゴシゴシこすってしまうとキューティクルが剥がれ、髪の内部にある水分がどんどん蒸発してしまいます。

 

キューティクルが傷ついている状態では、髪の水分を蓄えておくことができません

 

タオルドライは余分な髪の水分を取り除くだけで十分なので、軽く押したり握って髪を痛めないようにしましょう。

 

 

ドライヤーでしっかり乾かしている

髪を乾かすことでキューティクルが閉じ、毛髪を守ってくれます。

 

しかし、ドライヤーの温風でしっかりと乾かすのは、髪に必要な水分まで奪ってしまうことになります。

 

ある程度乾いたら冷風に切り替えて、髪の芯にある水分を閉じ込めるようにしてください。

 

 

自然乾燥で髪を乾かしている

ドライヤーで髪を痛めないようにと自然乾燥で髪を乾かしている人も多いですが、これも髪にとっては危険な行為です。

 

髪が乾くまではキューティクルが開いて無防備な状態がずっと続きます。

 

この時にタオルや洋服、まくらなどに触れてしまうとキューティクルが傷つき剥がれてしまいます

 

自然乾燥をやめ、上記で紹介したドライヤーでの乾かし方で髪を守ることが大切です。

 

 

これら無意識に行っていることが髪のパサつきを生んでいるのですが、ここまで読んできて共通の原因があることに気づきませんか?

 

そうです!

 

髪のパサつきの一番大きな原因は乾燥なのです。

 

乾燥を防ぎ髪の内部に必要な水分を保持しておかないと、いくらトリートメントをしようとも、ヘアオイルでケアしようともパサパサの解消にはならないのです。

 

そこで髪を乾燥させないために毎日できる簡単なことを紹介します。

 

 

髪を乾燥させないためにできること

髪を乾燥させないためには上記のことを行うだけでパサパサはかなり解消されます。

 

ただ、出来ればシャンプーは早めに見直したほうがいいでしょう・

 

シャンプーそのものが持つ洗浄力は洗い方を見直したくらいでは頭皮にかかる負担は変わりません。

 

  1. アミノ酸系で洗浄力の弱いもの
  2. 髪内部に水分を閉じ込め成分が含まれるもの
  3. 乾燥を防ぎ保湿成分が含まれるもの

 

この3つをクリアしたシャンプーであれば、髪のパサつき対策に効果的です。

 

市販されている商品であればアロマのやさしさというシャンプーがおすすめですが、ドラッグストアなどでは販売されておりません。

 

東急ハンズで手に入れることができ、近くにない場合は通販でも取り寄せられます。

 

>植物由来の優しいシャンプー「アロマのやさしさ」

 

髪の外側からケアするより前に、内側の水分保持から見直してみてください。

 

関連記事

no image

鎮痛剤の乱用ストップ!寝起きに頭痛でこめかみが痛い原因と対処法

■朝起きるとこめかみが痛い… ■朝起きるのがゆううつ… ■寝すぎると頭痛がする… &nbs

記事を読む

主治医が見つかる診療所で原千晶ががん闘病を激白|最新の検査法まとめ

各科の医師が集まって病気の予防や治療について紹介するテレビ東京の「主治医が見つかる診療所」。

記事を読む

ヘアチューニングの効果の持続期間|ストパー・縮毛矯正と何が違う?

毎朝まとまらないくせ毛と格闘して悪戦苦闘していませんか?   うねりがひどくて癖が

記事を読む

目つきの悪い男

目つきの悪い男は嫌われる?好印象を持たれるためにするべきこと

たまたま目が合えばすぐに逸らされる・・・ 会社や学校ではいつも一人ぼっち・・・ &nbs

記事を読む

脱毛テープは痛いに決まってる!なので痛みを軽減する5つの方法を公開

    脱毛テープを剥がすときは痛いですか?   &nbs

記事を読む

体がだるい原因

体がだるい原因はどこにある?知らないと恐い体からのサイン

グッスリ寝たつもりでも体がだるい・・・、調子が悪いわけではないのに体が重い・・・、と体の不調を感

記事を読む

no image

ヘアアイロンで髪を傷めない最適の温度設定|200℃は高すぎ?

くせ毛を真っ直ぐにしたり、巻き髪にカールをさせたりと便利に使えるヘアアイロン。  

記事を読む

脱毛テープのデメリット!痛い・抜けない以上に怖い肌トラブルとは?

    ムダ毛処理をカミソリでしていると、カミソリ負けしたり傷になっちゃ

記事を読む

no image

初めて使った化粧水が合わないと感じたときの対処法

化粧水を変えると肌に合わずに肌荒れする事があります。   この場合は、使用を止める

記事を読む

素肌美人になるための産毛処理の秘訣

女性でも口の周りに薄っすらヒゲが生えたり 産毛がキラキラしている人が意外と多いです。 &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑