*

頭皮のカビに効く市販薬|脂漏性皮膚炎のかゆみ・炎症を抑えたい

公開日: : 美容・健康

頭皮にカビができると、かゆみやフケといった症状がでるようになります。

 

できものができるなど炎症を起こすこともあるので、気づいたら早目の対策が必要になります。

 

ただ、頭皮のカビに効く薬ってあるの?という疑問があると思いますので、まとめて紹介します。

 

 

頭皮のカビに効く市販薬

スポンサーリンク

 

 

脂漏性皮膚炎はマラセチアというカビが原因で起こりますが、カビに対する薬はありません。

 

カビが原因でできた脂漏性皮膚炎に効く薬なら市販でも販売されています。

 

新レスタミンコーワ軟膏やムヒソフトGXなどはかゆみや炎症を抑える成分が配合されている尾で、病院に行く時間がない場合は使ってみるといいでしょう。

 

しかし、カビ自体を除去するわけではありませんので、かゆみが治まっても頭皮環境が良くなっているわけではありません。

 

 

頭皮のカビを抑えるには?

 

実は、頭皮にはカビは普段から存在しています。

 

つまりカビがいること自体には問題はありません。

 

ただ、そのカビが過剰に増えたり頭皮環境を悪くしているのが問題なのです。

 

もしカビが原因として脂漏性皮膚炎を発症しているなら、頭皮環境を整える必要があります。

 

カビが増殖するのを抑えて、頭皮を守るには専用のシャンプーを使うしかありません。

 

カビを抑えるシャンプーとしては、コラージュフルフルは持田ヘルスケアという製薬グループ会社が発売している薬用シャンプーがあります。

 

頭皮のカビの増殖を抑える事でふけやかゆみを抑えることができるシャンプーです。

 

薬で脂漏性皮膚炎の症状が治まったら、このようなシャンプーで頭皮環境を改善することが大事です。

 

フケの原因菌の増殖をブロック!頭皮環境も整える薬用シャンプー

 

関連記事

剛毛女性を悩ませる●●ホルモンとは?ツルツル綺麗にしたいなら!

周りの女性はツルツルのお肌でうらやましい! 友達もムダ毛の悩みが少ないみたい!  

記事を読む

食べるだけでは痩せないよ?タイガーナッツで太りにくくなる食べ方

食べるだけで太りにくくなれる食品として人気の「スーパーフード」。   人気モデルの

記事を読む

男子中学生限定!簡単にできるニキビ跡の治し方

中学生の悩み第一位といえば、思春期ニキビです。   あなたの年代で出来るニキビは、

記事を読む

no image

SK2を使い始めたら吹き出物が出た!美肌ではなく肌荒れになる原因

少々お高めですが美肌になれると評判のSK2(SK‐Ⅱ:エスケーツー)。   若い女

記事を読む

削っても綺麗にならない?かかとがガサガサになる原因とケア方法

かかとがカサカサにひび割れていると、古い角質を除去するクリームやヤスリでキレイにしていませんか?

記事を読む

絡みやすい髪の毛の対処法

冬になると特に髪のトラブルが気になりませんか? 静電気が起こりやすくなったり、髪が絡まりやすく

記事を読む

インフルエンザ予防だけじゃない!マスク着用で得られる効果

マスクといえば風邪やインフルエンザ予防のためだけに つけるもの、と思っていませんか?  

記事を読む

起立性低血圧の症状

起立性低血圧の原因と対処|立ちくらみを引き起こさない予防

・朝起きるのがつらい ・起きあがろうとするとフラフラする ・立ち上がると倒れそうになる &

記事を読む

化粧水を使っても潤わない!幾ら保湿しても潤いを感じない理由

■化粧水をジャブジャブ使っても潤わない… ■乾燥肌が止まらない… いくらしっかりと保湿しても

記事を読む

細い足首は美脚に見せる効果アリ!今すぐ出来る簡単な2つの運動!

足首は太ももやふくらはぎと違って、運動やダイエットをしてもなかなか細くならない部位と思われていま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑