*

脱毛テープのデメリット!痛い・抜けない以上に怖い肌トラブルとは?

公開日: : 最終更新日:2018/01/09 美容・健康

 

 

ムダ毛処理をカミソリでしていると、カミソリ負けしたり傷になっちゃったりと大変ですよね。

 

そして、いくら丁寧にやっても表面に出てきている部分をカットしているだけなので、すぐにまた生えてきちゃう・・・

 

 

 

毛抜きですると時間はかかるし、黒いポツポツができるし・・・

 

 

 

脱毛テープなら時間もかからず一気に抜くことができる上、毛根から抜くのでしばらくはきれいな状態を保てるのでいいですよね。

 

 

ただ、カミソリのデメリットと同じように脱毛テープにもデメリットはあるんです。

 

 

 

 

そこで今回は脱毛テープを検討しているあなたに、脱毛テープを使うときのメリットとデメリットについてまとめて紹介します。

 

そして脱毛テープは使い方を間違えると皮膚にダメージが大きいので、その点についてもまとめています。

 

 

せっかく脱毛したのに見せられない肌にならないよう、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

脱毛テープを使えばこんなメリットが待っている!

 

 

脱毛テープにはデメリットだけじゃなく、もちろんメリットもたくさんあります。

 

 

 

脱毛テープのメリット1:安くで手に入る

 

脱毛テープは近所のドラッグストアで販売されているので、すぐに入手できるのが便利です。

 

しかも、500円前後からあるので安く手に入るのが嬉しい♪

 

 

 

脱毛テープのメリット2:処理が早い

 

カミソリでの処理はシェービング剤などを塗って肌を傷つけないように剃る必要があります。

 

毛抜きで1本1本抜くなんてホントに時間がかかって仕方ないですよね。

 

でも、脱毛テープなら広範囲を一気に処理できるので短時間で処理できます。

 

 

 

脱毛テープのメリット3:見えないところも処理できる

 

カミソリや毛抜きの場合は、直接目で見るか鏡を見ながら出ないと処理できません。

 

しかし脱毛テープなら手の届く範囲であれば処理することができます。

 

これも、テープを貼って剥がすという単純な処理方法だからできることですね。

 

 

 

脱毛テープのメリット4:ムダ毛がしばらく生えてこない

 

カミソリで処理した場合、皮膚からでている部分しか処理できないので1~2日に1回は処理しないといけません。

 

頻繁に肌にカミソリを当てていると肌荒れしやすくなるばかりか、黒ずみになってしまう場合があります。

 

 

でも脱毛テープなら毛根から抜き取るため、1度処理すればしばらくは処理する必要がありません。

 

つまり毎日お手入れしなくてもいいってこと♪

 

 

 

脱毛テープのメリット5:自宅でできる

 

そして、脱毛テープは自宅でできるので、あなたの好きなタイミングで処理できるのが嬉しいですね。

 

 

 

 

脱毛テープの取り扱いに注意しないと発生するデメリット

 

 

カミソリや毛抜きに比べてメリットの多い脱毛テープですが、残念ながらデメリットもあります。

 

 

 

脱毛テープのデメリット1:剥がすときに痛い

 

脱毛テープの特徴は剥がすときに「とにかく痛い!」

 

生えている毛を無理やり引っこ抜くわけですからね、痛いです。

 

 

お笑い芸人さんがガムテープをすね毛に貼って、それを剥がして痛がるなんて罰ゲームがありますけど、まさにそれですからね。

 

 

 

脱毛テープのデメリット2:毛が抜けないことがある

 

痛くてもしっかり抜けてくれるならいいんですけど、全部抜けずに毛を引っ張っただけとか途中で切れるという場合があります。

 

しっかり貼り付けて一気に剥がす!

 

これで抜けないなんて、痛いだけ損です。

 

 

 

脱毛テープのデメリット3:皮膚を傷める、炎症を起こす

 

脱毛テープは皮膚にべったり貼り付けて剥がすので、皮膚の表面(角質)や毛穴の内部を傷めます。

 

その部分にばい菌が入ると炎症を起こして膿むことがあります。

 

毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれる症状で、炎症が治まっても跡が残る場合があるので、注意が必要です。

 

 

 

脱毛テープのデメリット4:埋没毛になることがある

 

毛根から抜いた後にあらたに生えてきた毛が皮膚の内側で伸びてしまうことがあります。

 

特に脱毛テープは毛の生える向きと逆に引っ張って抜き取るので、埋没毛が起こりやすいです。

 

 

 

脱毛テープのデメリット5:毛穴に汚れが入りやすい

 

毛根から引っこ抜くため、毛穴が一時的に広がってしまいます。

 

このときに皮脂や汚れが入り込んでしまい、黒いブツブツになることがあります。

 

 

 

 

この黒いポツポツはケアしても落としにくいためやっかいです。

 

これが脱毛テープのデメリットですが、実は脱毛テープに関するデメリットってこれだけじゃないんです。

 

 

 

脱毛テープで発生する、さらに深刻なデメリット

 

 

脱毛テープには意外と面倒なデメリットや、注意しないとさらに深刻なダメージを負うことがあります。

 

 

 

脱毛テープのデメリット6:毛を伸ばさないといけない

 

脱毛テープで脱毛するには毛を伸ばさないといけないんです。

 

だいたいどの脱毛テープも5mm以上は伸ばす必要があります。

 

 

 

5mmってけっこう長い・・・ですよね?

 

 

その間は隠しておかないといけません。

 

 

 

脱毛テープのデメリット7:頻繁に行う必要がある

 

毛を延ばす必要があっても、2~3週間に1回程度なら我慢もできます。

 

でも、人によっては3日程度ですぐに生えてくる人もいる・・・

 

 

あれだけ痛い思いをして1週間に1回しないといけないとなると、皮膚へのダメージもひどくなります。

 

なので、脱毛テープはデメリットが大きいという結論に至ります。

 

 

 

 

 

脱毛テープのデメリットが大きすぎるなら、どんな処理ならいい?

 

脱毛テープのデメリットが大きくて使用がおすすめできないなら、どんな処理がいいんでしょうか?

 

 

 

 除毛クリームはどう?

 

 

脱毛テープより肌に優しいと言われている除毛クリームならいいか?というとそうではありません。

 

 

というのも、除毛クリームのように毛を溶かすといっても、毛根からは抜く必要があるので脱毛テープと同じ。

 

 

 

さらに除毛クリームはアルカリ性のクリームなので、体質によっては肌に合わずにかぶれたり赤く腫れあがることもあります。

 

肌の弱い人には向かない処理方法です。

 

 

 

 脱毛はプロにしてもらうのが肌に優しい

 

 

脱毛は一度で終わるものではないので、長い目でみて肌に優しい方法が一番安全です。

 

 

たくさんのムダ毛の生え方や肌質を見てきているので、脱毛サロンであれば肌に負担の少ない方法を選択して脱毛してくれます。

 

今では、お試しで100円でやってくれるところもありますからね。

 

 

費用的な負担も少なくて済みます。

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

 

 

脱毛サロンに行くのはちょっと抵抗がありませんか?

 

 

 

強い勧誘がないとはいうものの、おすすめプランの紹介はあるでしょうし、断りにくい雰囲気があるかもしれません。

 

また、いくらプロといっても、ムダ毛を見せるのも抵抗がありますよね?

 

 

 

であれば、自宅でできる脱毛器という手もあります。

 

 

 

「ケノン」という名前は、もしかすると一度くらい聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

 

 

ケノンはこれまでに50万台以上売れている家庭用脱毛器で、利用者の満足度98.3%という驚異的な数値を出しています。

 

 

ケノンがここまで売れている理由は、

 

  • 2週間に1回光を当てるだけ(照射回数100万発)
  • 男性の太い毛でも圧倒的な結果
  • 美顔器としても使える
  • お肌に優しい日本製の脱毛器

 

などあります。

 

 

 

でも脱毛器に重要なのは、結果が出るのかどうかではありませんか?

 

 

ケノンは

 

 

  • 光のパワーを決めるコンデンサを4個搭載している
  • 従来のカートリッジの約20倍以上照射が出来る
  • 肌を守る高性能フィルターを搭載
  • 痛くないという声が多い

 

 

という脱毛器なので、元エステの店員さんもプライベートで使うほどのイチ押しなんです。

 

 

 

ただ、作りがしっかりしているのでちょっとお高いです。

 

 

 

メーカー希望小売価格:98,000円

 

 

 

 

でも、1度買えば最大レベル10で使っても約20年使えますし、肌荒れを心配することなく全身を脱毛し放題になるのは嬉しくないですか?

 

 

 

自宅で誰にも見られることなく。

 

しかも、ムダ毛処理+美顔器にもなるなんて。

 

 

 

家族3人で使っても約6年以上は使えるので、買った後に余計なお金がほぼかからない!

 

 

 

 

このケノンが公式サイトなら、28%OFFの69,800円(税込・送料無料)で買えるんです。

 

しかも、クレジットの分割なら月々3,000円~

 

 

 

お小遣いで買えちゃうくらい安上がりなので、50万人以上に愛用されているんですね。

 

 

肌荒れを気にせずムダ毛を処理出来てスベスベの肌になった人は、好きな服が着れるからオシャレに軽やかになるので羨ましいですね。

 

 

 

ケノンは平日16時までの注文で当日発送してくれますが、在庫が切れると最大1ヶ月待ちになるので興味があるなら「在庫状況Live」を確認しておくと安心です。

 

 

また、公式サイトには口コミや写真付きの手紙、感謝の声が多すぎるくらい掲載されているので、愛用者の感想を見ておくだけでも参考になりますよ。

 

 

↓ケノンの在庫状況Liveの確認はこちらから↓

簡単自宅脱毛、つるつるすべすべ肌が手に入る!

 

 

関連記事

リュープリン注射

リュープリン注射って抗がん剤?子宮筋腫に使うときの効果と副作用

子宮筋腫では腹腔鏡手術を行うケースが増えてきており、リュープリン注射を行って筋腫を小さくする

記事を読む

ロート製薬に確認してみた!セノビックを飲めるのはいつから?

  子供の成長期にはできる限り成長につながる栄養を取らせてあげたいですよね。 &n

記事を読む

脱毛テープは痛いに決まってる!なので痛みを軽減する5つの方法を公開

    脱毛テープを剥がすときは痛いですか?   &nbs

記事を読む

冬の手荒れの原因と効果的な4つのケア方法

冬は乾燥が気になりますよね。   寒くて手をすり合わせたら「カサカサ」という音が…

記事を読む

脳梗塞の前兆でよくある症状|こんな症状がでたらすぐ病院へ!

脳梗塞の症状として一番多いのが「麻痺(まひ)」です。   片方の腕や足などに麻痺が

記事を読む

寝るときの靴下はダメじゃない!正しい睡眠時の靴下の履き方

寒い冬の夜には手足が冷えて眠れない、 ということが少なくありません。   でも、

記事を読む

体がだるい原因

体がだるい原因はどこにある?知らないと恐い体からのサイン

グッスリ寝たつもりでも体がだるい・・・、調子が悪いわけではないのに体が重い・・・、と体の不調を感

記事を読む

同窓会で綺麗と言われたい!30代で若く見せるためのポイント

学生生活を終え一般社会に出ると自然と疎遠となるのが学生時代の友人達。   30代く

記事を読む

お風呂に入ると体がかゆい2つの原因とは?病院での診察が必要な事も

お風呂に入ってしっとりしたはずなのに、お風呂から上がると体がかゆくなる症状に悩んでいませんか?

記事を読む

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正しく素早い処置が大事って知ってい

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑