*

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

公開日: : 美容・健康

 

カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正しく素早い処置が大事って知っていますか?

 

というのも、正しくケアしないと湿疹になっているところがシミになってしまうことがあるからです。

 

 

カミソリ負けするという事は、正しくムダ毛処理ができていないという事でもあります。

 

 

そこでこの記事では、カミソリ負けで湿疹が出るときとの治し方についてまとめています。

 

同時に、カミソリでムダ毛処理をするときの注意点についても解説しているので、最後までしっかりと読んでくださいね。

 

 

 

カミソリ負けしたとき湿疹のキレイな治し方と予防法

 

カミソリ負けで湿疹ができた場合は、

 

  • 細菌の感染を薬でケアする
  • 皮膚の乾燥を防ぐ
  • カミソリの衛生状態を見直す
  • 処理する毛を柔らかくする
  • シェービングクリームを使う

 

という原因が考えられます。

 

 

細菌の感染を薬でケアする

 

まずは第一に化膿や炎症を抑えることから行います。

 

カミソリは毛だけでなく皮膚の表面も削っているので、炎症を起こしやすい状態になっています。

健康的な皮膚であれば細菌などに負けずに数日で元に戻っていきますが、体調不良や普段と違う状態のときは湿疹やかゆみなどが出ることがあります。

 

生理前後や妊娠中にムダ毛処理をするとカミソリ負けをしやすいのはそのためです。

 

湿疹が出た場合は、薬で症状を抑えます

 

 

炎症や化膿を抑える成分を配合している塗り薬を患部に塗って治すことです。

 

 

 

 

オロナインでは化膿や炎症を抑える成分が含まれていないので、必ず炎症を抑制する成分が配合されている薬をつけるようにしましょう。

 

 

 

皮膚の乾燥を抑える

第二に皮膚の乾燥を抑えることです。

 

 

カミソリ負けは皮膚が傷つくことで、水分が蒸発し乾燥が湿疹の原因にもなります。

 

保湿性の高いクリームなどでしっかりと皮膚を保護してあげましょう。

 

 

ムダ毛処理後のローションなどで保湿するといいでしょう。

 

↓簡単ぬるだけのムダ毛処理ケア↓

パイナップル豆乳ローション 

 

 

 

 

カミソリの衛生状態を見直す

 

いつもはカミソリ負けしないのに、急に湿疹ができるようになったということなら、カミソリの衛生状態が悪いのかもしれません。

 

 

使ったあとのカミソリをお湯で流すだけで、そのままにお風呂場においていたりしませんか?

その場合、カミソリにカビや雑菌が繁殖しているため、わざわざ皮膚の炎症を起こすようなものです。

 

 

刃こぼれして切れ味が落ちている可能性もあるので、一度新しいカミソリに替えてみてください。

 

切れ味が良くなるだけで肌にかかる負担が減るので、カミソリ後の湿疹なども起きにくくなります。

 

 

 

処理する毛を柔らかくする

お風呂でムダ毛処理する場合は、必ず湯船につかって体を温めてからカミソリを使いましょう。

 

 

体を温める=毛が柔らかくなる

 

 

毛が柔らかくなるとカミソリの通りが良くなるので肌への負担も軽減されます。

 

 

 

もし、部屋でムダ毛処理するなら、蒸しタオルで処理部分をしっかり温めてから行うことです。

 

 

理髪店で顔そりをした経験はありませんか?

顔そりをしてもらう場合には、必ず蒸しタオルで毛を柔らかくしてから剃ります。

 

 

この蒸しタオルは自宅でも簡単に作れるんですね。

 

  1. タオルを濡らしてしっかり絞る
  2. レンジで40秒~1分温める

 

これだけで蒸しタオルの出来上がりです。

 

 

処理したい部分をタオルがぬるくなるまで当てればちょうどいい具合に毛が柔らかくなります。

ただ、レンジから出した瞬間はタオルがすごく熱いので、火傷には注意してください。

 

 

 

シェービングクリームを使う

お風呂で処理するときはボディーソープを塗ってカミソリで剃っていませんか?

それやると肌が炎症を起こす危険性が大なんですよ。

 

 

というのもボディーソープは皮膚の汚れや古い角質を取り除くための物なので、洗浄成分が強力なんです。

 

肌に泡を乗せたままカミソリで剃ると、

 

 

皮膚が削られる→洗浄成分がしみ込む→肌が炎症を起こす

 

 

こうなっちゃうんです。

 

もちろん、から剃りはもっての外。

 

 

かならずシェービングクリームをつけて剃るようにしましょう。

 

シェービングクリームには肌を保護する成分が配合されているので、専用の物を使う方が肌にも優しいですよ。

 

 

 

この5つのポイントを抑えれば、カミソリ負けで湿疹ができるケースは少なくなります。

 

ただ、毎回湿疹ができるとかヒリヒリが続くという場合は、肌が弱くカミソリでの処理は向かないかもしれません。

 

 

 

脱毛テープや抑毛クリームなども、肌の弱い人には向きませんので、脱毛器での処理を考えたほうがいいかもしれません。

 

 

 

脱毛器は初期費用がかかるものの、全国で50万台以上売れているケノンならカミソリよりも肌に優しく1発あたりの金額も0.0185円とかなり安いんです。

月々3000円~の分割も可能なので、カミソリ負けで肌の痛みに悩んでいるなら検討してみるといいかもしれませんね。

 

 

↓肌に負担の少ない脱毛器「ケノン」の公式サイト↓

簡単自宅脱毛、つるつるすべすべ肌が手に入る!

 

 

関連記事

え、そんな事が原因なの?寝つきの悪い理由と劇的に改善する方法!

毎日毎日、仕事で疲れているのになぜか寝つきが悪い…、十分な睡眠が取れないから疲れが翌日まで残る…

記事を読む

no image

縮毛矯正は何ヶ月おきに一回がいい?髪にダメージの少ない頻度

強いうねりでも真っ直ぐにしてくれる縮毛矯正は、くせ毛に悩む人にとって救世主的存在です。 &nb

記事を読む

no image

え、ニキビは潰してもいいの?跡を残さない正しい潰し方

ニキビは潰すと跡が残るからつぶしてはダメ!と一度は聞いた事がありますよね?   確

記事を読む

歯磨きをしても虫歯になる人とならない人の違いとは?

食後にしっかりと歯磨きをしているのになぜか虫歯ができる…、どうして?   とあなた

記事を読む

腫れぼったい目を何とかしたい!自力で二重になる2つのポイント

私のコンプレックスの1つだった一重まぶた。   私の場合、良く言えばボリュームのあ

記事を読む

no image

ボディーソープは保湿成分で選ぶと肌が弱いアナタも安心!

毎日のお風呂でつかうボディーソープ。   安いからと安易に選ばずしっかりと肌に合っ

記事を読む

ヘアチューニングの効果の持続期間|ストパー・縮毛矯正と何が違う?

毎朝まとまらないくせ毛と格闘して悪戦苦闘していませんか?   うねりがひどくて癖が

記事を読む

さっぽろ雪まつりでは日焼けに注意!冬特有の紫外線対策を忘れずに

2015年さっぽろ雪まつりが遂に開幕しました。   【さっぽろ雪まつりの日程】

記事を読む

間違った洗い方は肌トラブルの元!正しい日焼け止めの落とし方

海水浴やキャンプなど屋外のレジャーに欠かせない日焼け止め。   最近ではSPF50

記事を読む

セノビックの口コミは眺めてるだけじゃダメ!愛飲者の評価で見えた長所と短所とは?

  累計1,000万個も売れていると聞けば「セノビック効きそう!」と思いつつも、「で

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑