*

立ちくらみが頻繁に起こるときは要注意!5つの症例と対処法

公開日: : 最終更新日:2016/08/03 美容・健康

ふと立ち上がったときに、急に目の前が真っ暗になってフラフラ~っと座り込んでしまったことありませんか?

 

ときどき症状が出るくらいなら気にすることもありませんが、頻繁に立ちくらみをしたり、めまいを感じるときには重い病気が隠れている場合もあります。

 

重症化する前に病院にかかった方がいい場合もあるので軽く考えないようにしましょう。

 

スポンサーリンク



 

 

それでは、立ちくらみのする場面に応じて考えられる原因を紹介します。

 

 

立ちくらみの原因と対処法

立ちくらみの原因

立ちくらみの原因といえば「貧血」が真っ先に思い浮かびますね。

 

貧血は血液中に含まれる酸素や赤血球が少ないために十分な血液を運搬することができずに起こるのです。

 

この場合、不足している鉄分を補うことで症状を改善することができます。

 

しかし、立ちくらみの起こる時間や場面によっては原因が異なるため、鉄分を摂取しながらもそれぞれの対処が必要となります。

 

 

寝起きに起こる立ちくらみ

朝、目が覚めてベッドから起き上がろうとした時に立ちくらみの症状が出る場合には、「起立性低血圧」であると思われます。

 

起立性低血圧は横になった状態や座った状態から立ち上がったときに出る症状です。

 

急に立ち上がることで血液が下に流れていってしまい、脳への血液が不足することで起こる症状です。

 

自律神経が乱れていることから起こるので、生活習慣の見直しや栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。

 

起立性低血圧については、起立性低血圧の原因と予防にてまとめているので参考にしてください。

 

 

寝起きは起き上がり方に注意

目が覚めてからガバッと起きるのではなく、まずは体の下に溜まっている血液を循環させることから行いましょう。

 

やり方はいたって簡単です。

 

仰向けの状態で天井に向かって両手を伸ばし、グーパーを10~20回程度行うだけでOKです。

 

また、起き上がるときも、横向きになって手で支えながらゆっくり体を起こすようにしましょう。

 

スポンサーリンク



 

 

長時間立っているときに起こる立ちくらみ

学生の頃、全校朝礼の時には必ず誰かが座り込んだり倒れたりしていた記憶がありませんか?

 

これは、「脳貧血」が原因で起こる立ちくらみです。

 

長時間立っていると、重力で血液が下半身に集中してしまいます。

 

そのため脳内の血液が不足することで症状が出るのです。

 

しかし、多くの生徒は大丈夫なのになぜ特定の人だけに起こるのでしょうか?

 

 

脳貧血を改善するには

脳貧血は自律神経の乱れによって引き起こされます。

 

ですので、自律神経を正常に働かせることが症状の改善につながります。

 

体の疲れを取る、栄養の豊富な食事を摂る、しっかりと睡眠をとる、ストレスを解消する、などの対策が必要です。

 

 078363

 

お風呂上りに立ちくらみを感じるとき

お風呂は一日の疲れを取る最高の時間です。

 

ゆっくり湯船に浸かって長風呂になることもしばしばありますね。

 

しかし、温かい湯船に長い時間入っていると血管が緩んで広がります。

 

その後、急に湯船から立ち上がると血液が下半身に一気に流れていってしまいます。

 

それで脳内の血液が不足してしまい立ちくらみとなるのです。

 

これは寝起きの時と同じ「起立性低血圧」によるものです。

 

 

立ちくらみをしないお風呂の入り方

湯船に浸かる時は半身浴が良いです。

 

じっくり体を温めることができる上に、必要以上の血管の緩みもないために立ちくらみしにくいです。

 

また、湯船からあがる前に上半身を左右に振って、お腹に溜まっている血液を循環させることが大切です。

 

当然、急に立ち上がるのは止めて、お風呂の浴槽や手すりにつかまってゆっくり立ち上がるようにします。

 

 

吐き気を伴う立ちくらみの原因

立ちくらみの起こるときに吐き気を伴う場合は、起立性低血圧や脳貧血とは別の病気の可能性があります。

 

手足のしびれがある場合

立ちくらみと吐き気の症状の他に手足のしびれがある場合は脳神経系の病気の可能性があります。

 

脳神経外科で診てもらうようにしましょう。

 

 

めまいや耳に違和感がある場合

耳の聞こえが悪かったり違和感を伴うときにはメニエール病などの耳鼻科系の病気が考えられます。

 

耳鼻咽喉科の受診をしましょう。

 

 118187

 

妊娠中に起こる立ちくらみ

妊娠中に起こる立ちくらみは、多くの妊婦さんが経験します。

 

これは、栄養を運ぶため血液が赤ちゃんに集中してしまうため貧血になっているのです。

 

 

妊娠中は鉄分摂取を意識する

鉄分も赤ちゃんの栄養となるため、妊婦さんは鉄分不足になりがちです。

 

意識的に鉄分を多く含む食材を摂取して立ちくらみの対策をしていきましょう。

 

病気ではありませんが、立ち上がった際の転倒などの危険を防ぐためにもいつも以上に意識すると良いでしょう。

 

 

まとめ

一言で立ちくらみといっても、発生する場面や併発する症状によって原因が異なることが分かってもらえたでしょう。

 

最近フラフラする→だから鉄分のサプリで補おう、と安易に考えるのではなく、症状に応じた対処をしていくことが大事です。

 

早急に医師の受診が必要な場合もあるので、症状の続く場合には早めに病院で見てもらうようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

 

関連記事

彼にすっぴんが見せられないアナタ!急なお泊りに備えて今から準備を

あなたは彼氏にすっぴんを見せられますか?   と聞かれて「ハイ!」と答えられる女性は0

記事を読む

細い足首は美脚に見せる効果アリ!今すぐ出来る簡単な2つの運動!

足首は太ももやふくらはぎと違って、運動やダイエットをしてもなかなか細くならない部位と思われていま

記事を読む

no image

ワセリンリップで唇が荒れる人必見!保湿ではなく潤いが必要!

冬には荒れた唇をケアするリップクリームが欠かせない!という人は女子だけでなく、最近は男子にも多い

記事を読む

冬の手荒れの原因と効果的な4つのケア方法

冬は乾燥が気になりますよね。   寒くて手をすり合わせたら「カサカサ」という音が…

記事を読む

夜中に咳が止まらないときの4つの対処法

大事な睡眠を妨げる夜中の咳。 辛いですよね。   風邪は治ったけど、咳はいつまで

記事を読む

no image

しっかり洗顔は逆効果!顔のテカリを抑える方法

きちんと顔を洗っているのにしばらくするとテカリが出て恥ずかしくて困っていると悩んでいませんか?

記事を読む

no image

息苦しい鼻づまりに劇的効果!レーザー治療のメリットとデメリット

風邪をひき、鼻づまりになると、とてもツライのですが、風邪が治ると自然と回復します。  

記事を読む

no image

デリケートで弱い肌におススメの洗顔方法|素肌美人への第一歩

毛穴や乾燥、肌のトラブルは女性にとって大きなお悩みのひとつ。   しっかりと洗顔を

記事を読む

リュープリン注射

リュープリン注射って抗がん剤?子宮筋腫に使うときの効果と副作用

子宮筋腫では腹腔鏡手術を行うケースが増えてきており、リュープリン注射を行って筋腫を小さくする

記事を読む

脳梗塞の前兆でよくある症状|こんな症状がでたらすぐ病院へ!

脳梗塞の症状として一番多いのが「麻痺(まひ)」です。   片方の腕や足などに麻痺が

記事を読む

no image
頭皮のかゆみ止め塗り薬|効果的な塗り方知っていますか?

頭皮がかゆいときはシャンプーが合わないとか、洗い方に気をつけましょう、

no image
アデランス無料ヘアチェックではどんな事をされる?

自宅での頭皮ケアや育毛剤で効果が感じられなかったなら、そのまま同じ薄毛

no image
ミノキシジルの副作用|心臓や肝臓への影響はある?

発毛・育毛に効果のある成分として有名なミノキシジル。  

no image
ミノキシジルの初期脱毛が止まらない|いったいいつまで続く?

ミノキシジルを使い始めると初期脱毛が起こることはご存知でしょう。 &

no image
シャンプーしても髪のべたつきが取れない原因を知っていますか?

毎日シャンプーしているのに何故か髪がべたつくことありませんか? &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑