*

素肌美人になるための産毛処理の秘訣

公開日: : 最終更新日:2014/11/23 美容・健康

女性でも口の周りに薄っすらヒゲが生えたり

産毛がキラキラしている人が意外と多いです。

 

意外と自分では気付きづらいのですが、

男性が女性にドン引きしてしまう要因のひとつとして、

このヒゲが上がっています。

 

とはいえ、間違った処理の仕方をすると

肌にダメージを与えてしまいます。

 

でも放置する訳にもいかない…。

 

そこで、そんな人の為に正しい産毛の処理方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

産毛処理のメリット

 

まず、産毛処理をすることで得られる効果として、

 

・化粧のりがよくなり、メイクが崩れにくくなる。

・肌の透明感がアップする

・ニキビ予防効果

・肌触りが良くなる

・化粧水等の浸透力がアップ

 

など、正しい産毛処理をする事によって

これらのメリットがあります。

 

では、肌にダメージを与えず綺麗に処理するには

どのようにしたら良いのでしょうか。

 

 

1、顔そり専用カミソリを使う

カミソリはボディ用のT字型を使用せず、

顔剃り用のL字型を使用しましょう。

 

また、顔専用の電気シェーバもおすすめです。

 

0494

 

2、入浴後が産毛処理のベスト時間

処理をするタイミングは紫外線や化粧品の影響を

受ける朝ではなく、 夜がおすすめです。

 

入浴後が毛穴も開き肌も柔らかくなっているのでベストタイムです。

 

また、時間が無い時は洗顔後に

顔に2~3分蒸しタオルをしてから行うのも良いです。

 

 

3、すっぴんの状態で行う

メイクをした後の処理は厳禁です。

雑菌が毛穴に入ってしまうおそれがあります。

 

 

4、剃る方向に気を付ける

カミソリで剃る時は、毛の流れに沿って

「上から下へ」行っていきましょう。

 

毛の流れに逆らうと角質まで剃り落としてしまう危険性があります。

 

 

5、専用クリームを使う

石鹸や洗顔料をクリーム代わりに使用しないで下さい。

大事な潤いまで落としてしまいます。

 

必ず専用のクリームを使用しましょう。

 

 

6、生理期間中は避ける

生理中、直前直後は肌が敏感になっているので

この時期は避けた方が良いです。

 

 

7、保湿をしっかりと

処理後はしっかり保湿をしましょう。

 

045617

 

8、間隔を空ける

顔そりを頻繁に行うのは厳禁

3週間に1度で大丈夫です。

 

もし、口の周りのヒゲが気になる場合は

その部分だけを週1程度に抑えましょう。

 

 

意外と間違った処理の方法をしていませんでしたか?

顔の肌はとても弱いので、きちんとした処理が必要です。

正しい産毛処理をし、綺麗な肌を保ちましょう。

 

関連記事

no image

アデランス無料ヘアチェックではどんな事をされる?

自宅での頭皮ケアや育毛剤で効果が感じられなかったなら、そのまま同じ薄毛対策をしていても効果が見込めな

記事を読む

熱中症対策でも水の飲みすぎに注意!水中毒にならない正しい飲み方

今年の夏も熱いですねー!   連日、「今日の最高気温は○県○市で、なんと○度という

記事を読む

no image

デリケートで弱い肌におススメの洗顔方法|素肌美人への第一歩

毛穴や乾燥、肌のトラブルは女性にとって大きなお悩みのひとつ。   しっかりと洗顔を

記事を読む

セノビックを楽天で買う前に知っておいて!一緒に摂らなきゃもったいなくなる成分とは?

  「カルシウムとボーンペップのセノビーック」   つい口ずさんでしま

記事を読む

スッピンの毛穴が目立たないのは何故?保湿しない方がいいの?

洗顔後に鏡を見て「すっぴんの方が毛穴目立たない?」と感じたことありませんか?  

記事を読む

Iラインの毛深い女性はどう処理するべき?自分でやっても大丈夫?

女性なのに毛深いと色々なところに悩みの種があるものです。   中でもIラインは処理

記事を読む

顔に時々できる赤い斑点|かゆみがない時の原因は何?

洗顔後の鏡を見たときに、ふと赤い斑点が出来ていることありませんか?   かゆみもないし

記事を読む

若年性認知症が疑われる時!症状をチェックして早めの処置を!

認知症といえば高齢者の病気と思いがちですが、最近では若くして認知症を患う人が増えています。 &

記事を読む

no image

シェーバーを選ぶときはお肌への優しさがポイント

毎日の髭剃りや無駄毛剃り、剃った後、なんだかひりひりしたり赤くなったりすることはありませんか。

記事を読む

軽いランニングでも期待できる効果

秋から冬にかけては、どうしても食べ過ぎてしまう季節。   ダイエットや健康維持の為

記事を読む

PAGE TOP ↑