*

インフルエンザ予防だけじゃない!マスク着用で得られる効果

公開日: : 美容・健康

マスクといえば風邪やインフルエンザ予防のためだけに

つけるもの、と思っていませんか?

 

実はマスクには、ウィルスの予防以外にも

日常生活や美容にとても役立つ効果があるのです。

 

 

マスク着用で得られる効果

マスクを付けることで得られるメリットをまとめました。

 

 

インフルエンザ・風邪対策

マスクの本来の使い方ですね。

 

マスクには予防効果がなく付けることに意味がない

と言っている人がいますがそんな事はありません。

 

風邪やインフルエンザのウィルスは

気温が低く乾燥した状態を好みます。

 

ですから、冬に流行するのです。

 

マスクをすることで鼻や口の周りの温度・湿度が上がり、

喉の粘膜を乾燥から防ぐことができます。

 

万が一、ウィルスが侵入してきても湿度でウィルスを弱め

排除する事ができるのです。

 

この様にマスクをするだけで十分予防になるのですね。

 

つまり、「自分の身は自分で守れる」ということです。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

マスクによるお肌の保湿効果

前述したようにマスクをすることで

鼻や口周りを乾燥から防ぐことができます。

 

ですので、マスクをはずすと

お肌や唇がしっとりしていることが実感できます。

 

ただし、マスクだけで保湿しようとするのではなく

美容液やクリームで保湿をしっかりと行い、

その上からマスクをするとより効果が高いです。

 

また、マスクをすることで保温効果による血行改善や

紫外線対策としても有効です。

 

 

周りの臭いにおいを防ぐためにマスクは有効?

会社の隣の席の人の香水が臭いとか、

満員電車で前の人の体臭が我慢できないとか

そのような時にマスクで臭いが防げないかと考えます。

 

残念ながら普通のマスクでは外部からの臭いは防げません

 

しかし、活性炭入りのマスクであれば、

臭いを強力に取ることが出来ます。

 

マスクを臭い対策のひとつとして使いたいときには

このようなマスクを付ける事をお勧めします。

 

 

余談ですが、マスクをずっと付けていると

自分の口が「クサイ」と感じることってありますよね?

 

自分の口臭はこれほど臭うのかと不安に感じるかもしれませんが

誰でも多少の口臭はあるものです。

 

だ液の臭いが混ざったりくしゃみをした時に細菌が

マスクに付着してにおっている事もあります。

 

ですので、さほど気にする必要はありません。

 

しかし、マスクをしているのが我慢できないほどの臭いであれば

その時には口臭対策を考えましょう。

 

 プリント

 

化粧忘れにも便利なマスク

朝忙しくて化粧をしている時間がないときには

マスクですっぴん隠しをして出勤する女性も多いです。

 

マスクをしているだけで美人に見えるという効果もあるため

おしゃれとして着用する女性もいるほどです。

 

 

マスク着用で発生するデメリット

マスクは美容にいいと話しましたが、

使い方を間違えると逆効果となることがあります。

 

肌トラブル

マスクが肌にこすれることが原因で

肌荒れになることがあります。

 

マスクのサイズが小さかったり

ゴムがきつすぎると起こりやすくなります。

 

マスクを買うときには不織布の素材をやめて

肌に刺激の少ないガーゼ素材のマスクを買うといいでしょう。

 

また、キチキチのサイズより、やや大きめのサイズを

着用すると肌とマスクの摩擦を軽減できます。

 

 

ニキビの悪化

マスクをニキビ隠しで着用する人も多いです。

 

しかし、マスクで保湿・保温された箇所は

アクネ菌が繁殖しやすい状態になります。

 

また、ニキビのできている箇所にマスクが当たることで

ニキビが悪化してしまうという事もあるため

マスクをニキビ隠しで使うときには注意が必要です。

 

098709

 

 

まとめ

マスク着用にはインフルエンザ予防以外にも

色々な良い効果があります。

 

しかし、正しく使用しないと

肌荒れやニキビ悪化にもつながってしまうため

 

・正しいマスクサイズを着用

・肌に優しい生地素材を選ぶ

・長時間の連続した着用は避ける

・こまめに取り替える

 

という点に注意しましょう。

 

美容のためにと思ってつけたのに

肌が荒れてしまった・・・、

なんて事にならないように気をつけてくださいね。

 

関連記事

no image

頭痛で悩まされている人必見!その頭痛の原因は鼻づまりかも?

春の花粉の飛ぶ季節や、風邪が始まる冬の時期になると鼻づまりに悩まされる人が多くなります。 &n

記事を読む

絡みやすい髪の毛の対処法

冬になると特に髪のトラブルが気になりませんか? 静電気が起こりやすくなったり、髪が絡まりやすく

記事を読む

no image

ロクシタン ハンドクリーム人気の香りと使用上の注意

冬になると手が乾燥してカサカサになるので、ケアとしてハンドクリームの使用は欠かせませんね。 &

記事を読む

no image

髪がパサパサでまとまらないのは何故?ヘアケアが無駄になる理由

お風呂上りのブロー後はふんわりサラサラしているのに、朝になると髪がパサパサしてまとまらない、そんな悩

記事を読む

no image

芸能人も愛用している冷え取り靴下の効果とは?

冬が近付いてくると手先や足先の冷えが辛くなってきます。   女性では7割ぐらいの人

記事を読む

手汗がひどくて好きな人と手をつなげない方必見!夏の発汗対策!

好きな人と手をつなぎたい!でもつなげない!   別のカップルが手を繋いでいるのを見

記事を読む

ヘアリセッターのデメリット

ヘアリセッターのデメリットはある?縮毛矯正とどちらがおすすめ?

ヘアリセッターという魔法のようなはさみがスマステーションで紹介されていましたね。 &nbs

記事を読む

後悔しないビビリ毛ケア!自宅でやれるだけの事をやる4つのコツ

  ビビリ毛はどうやっても直すことはできません。   しかし、そのまま

記事を読む

なぜ生理前はこんなに眠いの?体内で起こっている変化とは?

生理前になると異常なほどの眠気に悩まされる、それも毎回…、 あなたもそんな悩みを抱えていません

記事を読む

下り物の酸っぱい臭いが気になる方必見!臭いを瞬間的に消す方法

おりもの(下り物)の臭いがきついと病気ではないかと不安に思ってしまいますよね?  

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑