*

さっぽろ雪まつりでは日焼けに注意!冬特有の紫外線対策を忘れずに

公開日: : 旅行, 美容・健康

2015年さっぽろ雪まつりが遂に開幕しました。

 

【さっぽろ雪まつりの日程】

 2015年2月5日(木)~2月11日(水)

 

 

今年は映画「スターウォーズ」の公開を記念して

ダースベイダーが登場するなど

今年も観光客の目を楽しませてくれそうです。

 

ただ、雪まつりの日程や会場、

プロジェクションマッピング等の催し物に気をとられるあまり、

大事な事を忘れている人が多すぎます。

 

それは、日焼け(雪焼け)対策です。

 

夏に比べて冬は紫外線対策を甘く考えがちなので

絶対に忘れないようにしてください。

 

 

なぜ雪まつりで紫外線対策が必要なの?

あなたがスキーやスノボをしたことがあるなら

スキー場の日差しの強さを肌で感じたことがあるはずです。

 

雪の表面で反射した光はまぶしいほど強いです。

 

スキー場で日焼け止めを怠ってしまうと

ゴーグルの跡がくっきりと残ってなかなか消えませんよね?

 

それと同じことが、さっぽろ雪まつりの会場

そこかしこで発生しているのです。

 

ただ、観光で行っているという認識が強いため

日焼け止め対策を忘れてしまいがちなのです。

 

でも、冬の紫外線は夏より少ないので大丈夫なのでは?

と思うかもしれませんね。

 

確かに、冬の紫外線量は夏よりも少ないです。

 

しかし、雪の反射光はとても強く

会場を歩いたり催し物を楽しんでいる間中、

上からも下からも紫外線を浴び続けている状態なのです。

 

また、冬は普段の紫外線量が少ないため

お肌が紫外線に慣れていません。

 

その状態のときに、いきなり上と下からの

強烈な紫外線のダブルパンチを受けてしまうと

夏以上の肌ダメージが発生してしまいます。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

雪まつりで日焼けしないための紫外線対策

紫外線対策には、もちろん「日焼け止め」を塗って

しっかりと対策します。

 

ただし、冬は「乾燥」という敵もいます。

 

カサカサの状態の上に日焼け止めを塗るだけでは

肌のバリア機能が低下しているため、

紫外線からお肌を守るには不十分です。

 

ですので、お肌に十分な保湿をしてから

日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

冬の紫外線対策は、「保湿+日焼け止め」

のセットと心得てください。

 

 

もし日焼けしてしまったら

夏より冬の方が日焼けが治りにくい原因として

新陳代謝が関係しています。

 

肌のターンオーバーが落ちているため

冬の日焼けの方が元に戻りにくいのです。

 

もし日焼けをしてしまったら

まずは肌が失ってしまった水分を補給しましょう。

 

その際、パッティングするのではなく、

コットンで肌を優しくなでるように

化粧水をしみ込ませてあげるのがコツです。

 

その後、クリームやオイルを塗って

肌にしみ込ませた水分が蒸発しないように防ぎます。

 

また、水分をしっかりと摂って

体の内側からケアすることも大切です。

 

SS_Festival

引用元:Wikipedia

 

最後に

冬の北海道ですから、防寒対策はバッチリの場合が

多いですが、日焼けと乾燥対策は不十分な人が多いです。

 

雪まつりでできた日焼けがなかなか取れない、

いつの間にかシミが増えている、

なんて事のならないようしっかりと日焼け対策をして

今年の雪まつりを楽しんでくださいね。

 

関連記事

日焼け止めでニキビが悪化するのはなぜ?塗らないほうがいい?

ニキビやニキビ跡に悩んでいる人は、この季節は通常のケアのほかに紫外線対策が必要です。  

記事を読む

ニキビじゃないのに顔に赤い斑点が!それカビではありませんか?

鏡を見ていると顔に赤い斑点がポツポツ出来ている、ニキビかな?   でもちょっと違う

記事を読む

ヘアチューニングの効果の持続期間|ストパー・縮毛矯正と何が違う?

毎朝まとまらないくせ毛と格闘して悪戦苦闘していませんか?   うねりがひどくて癖が

記事を読む

脳梗塞の前兆でよくある症状|こんな症状がでたらすぐ病院へ!

脳梗塞の症状として一番多いのが「麻痺(まひ)」です。   片方の腕や足などに麻痺が

記事を読む

冬だけじゃない!夏に加湿器が活躍する2つの理由

お宅の加湿器は冬まで押入れの中ですか?   冬は乾燥するので加湿器の活躍する機会が

記事を読む

no image

寝起きがだるいのは病気?朝の目覚めを悪くしている原因は何?

朝目が覚めると全身の倦怠感があり、だるくて起きられないという経験、あなたもありませんか? &nbs

記事を読む

ワセリンを使えば顔に出来たニキビは本当に治せるの?

ニキビケアにワセリンが有効と聞いたことがありませんか?   ワセリンは肌の表面に留

記事を読む

no image

肌の弱い人が選ぶべき化粧品とメイクのポイント

肌が弱くて化粧品が合わない、そんな事はありませんか?   肌に密着する化粧下地、毛

記事を読む

ベロ回しだけじゃない!ほうれい線を消す効果的な方法

鏡を見るたびに映るくっきりと深いほうれい線に いつもため息が出ていませんか?  

記事を読む

運転中に汗で手が滑るあなたに!事故する前に早めの対策!

運転中に大きめのカーブを曲がろうとしたら、途中でハンドルが滑ってぶつかりそうになった! &nb

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑