*

もう泣かないで!玉ねぎを切るときに涙が出ない15の方法

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 料理

涙が止まらない・・・

 

玉ねぎを切っているとどうしても止まらない涙

ポロポロとこぼれてきて料理が進みませんね。

 

なぜ玉ねぎを切っているときに涙が出るかというと、

玉ねぎには催涙性(さいるいせい)物質という成分があり、

涙腺の神経を刺激して涙が止まらなくなってしまうのです。

 

しかし、「原因なんて何でもいい!とにかくこの涙を止めて!」

というのが本心でしょう。

 

そこで、涙を流すことなく玉ねぎを切る15の方法を紹介します。

 

 

涙しらずの玉ねぎカット法

玉ねぎを切る時に涙を出さないためには

場面に応じて最適な方法があります。

 

複数のやり方を合わせて行うと

より効果的なのでしっかりと読んでください。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

切る前の準備

涙は玉ねぎを切り始めてから出ますが、

玉ねぎを切る前の準備が大切です。

 

 

冷蔵庫で冷やす

涙を出す原因となる催涙性物質は揮発性(蒸発しやすい)があります

 

冷蔵庫で冷やしておくと催涙性物質が揮発しにくくなるので

涙腺への刺激が弱まり涙が出にくくなります。

 

冷蔵庫の中で30分程度いれて

しっかりと冷やしてから切りはじめましょう。

 

玉ねぎが常温に戻ると効果が薄れるため

切る直前に冷蔵庫から出すようにしましょう。

 

あるテレビ番組で、玉ねぎで涙を流さないために

一番効果的と紹介されたこともあります。

 

冷蔵庫に入れておくだけなのでとても簡単な方法です。

 

 

水にさらす

催涙性物質は水溶性のため水にさらすと溶け出します

 

2分の1か4分の1位にカットした段階で水にさらし、

涙の原因物質を取り除くといいです。

 

ただし、玉ねぎの辛味成分であるアリシンも溶け出すため

あまり長時間さらすと風味が落ちてしまいます。

 

ちなみに、時間は5~10分程度で十分です。

 

 

レンジで温める

揮発しやすい催涙性物質を蒸発させてしまうという

冷蔵庫で冷やすのと間逆の方法です。

 

原因物質が蒸発してしまうため

こちらも効果の高い方法です。

 

ちなみに、玉ねぎはラップで包んで

20~30秒ほど温めれば十分です。

 

熱くて持てない・切れない場合は

冷えるまで待ってOKです。

 

 46a47e

 

玉ねぎを切る時

玉ねぎを切る時にもコツがあります。

 

 

切れ味の良い包丁を使う

玉ねぎの細胞をつぶしてしまうと

催涙性物質がたくさん出てしまいます。

 

良く切れる包丁をつかえば細胞のつぶれを

最小限に抑えられるため、涙腺の刺激が弱くなります。

 

切る時に押し出すようにして切る

包丁が滑らかに入って目への刺激も減ります。

 

【楽天市場で見つけた!】

玉ねぎのみじん切りで涙が出にくい「オニオンチョッパー」

 

 

一気に手早く切ってしまう

玉ねぎをゆっくりと切っていると、その時間

催涙性物質が空気中にどんどん揮発していきます。

 

ですので、さっさと一気に切ってしまうことが大事です。

 

 

フードプロセッサーを使う

みじん切りをするときは、どうしても涙が出やすくなります。

 

ある程度の大きさにざっくりと切ったら

フードプロセッサーを粗くかける

手早くみじん切りができて目にも優しいです。

 

 

換気扇を回しながら切る

空気中に漂っている催涙性物質は換気扇を回して

強制的に外に出してしまう方法です。

 

換気扇の下で玉ねぎを切るとより効果的です。

 

室内に浮遊する原因物質を除去することで

涙の出る機会を減らすのです。

 

 

扇風機を回す

顔と玉ねぎの間を風が通るようにして

扇風機を回します。

 

空中に浮遊したものが目に到着する前に

扇風機の風で飛ばしてしまうのです。

 

 113400

 

息を吐く

扇風機の代わりに自分で息を吐いて

催涙性物質を飛ばします。

 

フーっと長く吐くよりも、フッフッと短く吐くほうが

息を吸い込むときも短くて済むのでおすすめです。

 

 

鼻をつまむ

涙腺を刺激する物質は

鼻から入って目の粘膜を刺激すること

でも涙を出す要因となります。

 

鼻を洗濯ばさみでつまんだり、

濡れティッシュなどで鼻の穴に栓をする

鼻からの進入を防げます。

 

 

コンロでお湯を沸かしながら切る

やかんや鍋に水をいれて

コンロでお湯を沸かしながら切る方法です。

 

ふたをせずに沸騰させると沢山の蒸気が出て

目や鼻への刺激を弱められます。

 

 

目を冷やす

目が痛くなってきたら目を冷やすと痛みがひきます。

 

強い冷気で冷やす必要があるので

冷凍庫や冷蔵庫のつめたい冷気で目を

閉じたり開けたりパチパチすると痛みが和らぎます。

 

 

アイテムを使う

今の世の中、効率的に物事を進めようと思ったら

グッズやアイテムの利用は欠かせません。

 

 

水中メガネを掛ける

水中眼鏡はぴったりとゴムをくっつけるため

涙腺を刺激されることがありません。

 

鼻まですっぽり被るタイプだと

鼻からの侵入も防げます。

 

玉ねぎを切っている間中も

涙知らずで料理することができますよ。

 

020804

 

割り箸をくわえる

割り箸を割らずに口にくわえながら玉ねぎを切ります。

 

口を少しあけた半開きの状態を保つことで

口の中にだ液が出やすくなります。

 

涙を流すよりだ液の方が優先されるため

泣かずに済むのです。

 

家族には見せられない姿ですが、

テレビでも紹介されていた方法なので効果は高いです。

 

ちなみに、割り箸がないときには

口を開けたまま切ると同様の効果が得られます、

 

 

コンタクトレンズをする

コンタクトレンズをすると目の表面に膜ができるので

玉ねぎの刺激を直接受けずに済みます。

 

視力のいい人は度なしのカラーコンタクトを

使ってもいいですね。

 

メガネは目とレンズの間に隙間ができるので

あまり効果がありません。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

涙を出さずに玉ねぎを切る方法はこれだけあります。

 

1つでは効果がなくてもいくつかを組み合わせると

かなり高い確率で涙を出さずに済みます。

 

目の痛みや涙を流しながらの料理は辛いですね。

 

紹介した方法を使って、涙を我慢することなく

玉ねぎ料理を楽しんでくださいね。

 

 

余談ですが、催涙性物質は慣れると涙が出なくなるそうです。

 

弁当工場や惣菜工場などで玉ねぎを大量にむいたり

切ったりする工程で働く人は涙を流すことなく

黙々と作業しているそうです。

 

とはいえ、一般人は

涙が出ない方法を実践するしかなさそうですね。

 

関連記事

シゃウエッセン

日本ハム優勝セールでシャウエッセンの割引はいくらになる?

北海道日本ハムファイターズがパ・リーグ優勝した事で9月29日から10月1日の3日間、全国のスーパ

記事を読む

no image

築地さとうをランチで食す!世界3位のステーキをお得に味わえる

映画「ステーキ・レボリューション」で世界第3位と称されたステーキ店「築地さとう」。  

記事を読む

マックのポムポムプリン

マックのポムポムプリン正解は超意外なアレだった!

マクドナルド(マック)がV字回復を目指してサンリオキャラクター「ポムポムプリン」とのコラボ商

記事を読む

和歌山の南高梅を初めて買う方必見!失敗しない通販サイトの選び方

南高梅の出回る時期は6月上旬から7月中旬頃です。   この時期を楽しみにして毎年購

記事を読む

ガンコなコゲも一発解決する9つの方法!鍋についたコゲの落とし方

あちゃーっ!鍋焦がしちゃった。 コゲが取れない、どうしよう!   ちょっと目を離

記事を読む

包丁

永切れ王が楽天で買えない?今すぐ買いたい方への販売店情報

ヒルナンデスで紹介されてから爆発的に売れている三徳包丁「永切れ王(ながぎれおう)」。 &nbs

記事を読む

イライラ解消!簡単キレイにアクを取る方法

煮物をしていると面倒なのがアク取り。   取っても取っても後から出てくるので け

記事を読む

注文殺到!万能調味料【ゆずすこ】の使い方

いま大注目を集めている「ゆずすこ(YUZUSCO)」を味わってみましたか?   テ

記事を読む

no image
頭皮のかゆみ止め塗り薬|効果的な塗り方知っていますか?

頭皮がかゆいときはシャンプーが合わないとか、洗い方に気をつけましょう、

no image
アデランス無料ヘアチェックではどんな事をされる?

自宅での頭皮ケアや育毛剤で効果が感じられなかったなら、そのまま同じ薄毛

no image
ミノキシジルの副作用|心臓や肝臓への影響はある?

発毛・育毛に効果のある成分として有名なミノキシジル。  

no image
ミノキシジルの初期脱毛が止まらない|いったいいつまで続く?

ミノキシジルを使い始めると初期脱毛が起こることはご存知でしょう。 &

no image
シャンプーしても髪のべたつきが取れない原因を知っていますか?

毎日シャンプーしているのに何故か髪がべたつくことありませんか? &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑