*

おへそが臭いのは病気?気にしなくても大丈夫?

公開日: : 美容・健康

おへそが臭いのは病気だと思っていませんか?

 

体臭の中でもへそがにおうなんて聞いたことがないので、何かの病気だと思ってしまいます。

 

しかし、おへそが臭いくらいでは、まず間違いなく病気ではないので安心してください。

 

へそが臭い原因は、古い皮膚や垢、汗や汚れなどがたまって細菌が繁殖しているからです。

 

つまり汚いからクサイ臭いがするのです。

 

118187

 

ちなみに、へそのゴマと呼ばれる物体は皮膚や垢が変色したものなのです。

 

へそのゴマを取って潰してみてください。すると垢が固まって出来ていることがわかります。

 

 

へそのお手入れ方法

へそをキレイに清潔に保つにはきちんと掃除する必要があります。

 

掃除するといっても、普段のお風呂の時間にボディーソープや石けんを使ってへそを洗うだけでOKです。

 

タオルの端っこで軽くこする感じで十分です。

 

ボディーソープは刺激の少ない、お肌に優しいタイプを選ぶといいですね。

 

また、定期的にへその汚れを取る掃除をすることも大事です。

 

綿棒に消毒用アルコールを湿らせて軽くこするだけでキレイになります。

 

時間があるときなら、床に寝そべってへその中にオリーブオイルを溜めて、しばらく放置すると汚れが浮いてきます。

 

綿棒で浮いてきた汚れを取り除いて、へそのシワの部分を拭くと隅々まで汚れを取り除けキレイに掃除できます。

 

 

へそは強くこすらない

へその中の皮膚は薄いため、ゴシゴシ強くこするのは厳禁です。

 

掃除する時に強くこすってしまうと、腸を刺激してしまいお腹が痛くなることがあります。

 

デリケートな部分なので、お手入れは優しく丁寧に行いましょう。

 

1週間に1回など定期的に掃除すればそれほど汚れるものではないので、こまめにお手入れをしておきましょう。

 

関連記事

no image

ニキビ肌にヨーグルトパックはNG?期待できる効果とデメリット

お肌が若返る・美白効果があるということでテレビでも紹介された事のあるヨーグルトパック。 &nb

記事を読む

主治医が見つかる診療所で原千晶ががん闘病を激白|最新の検査法まとめ

各科の医師が集まって病気の予防や治療について紹介するテレビ東京の「主治医が見つかる診療所」。

記事を読む

眠れないほど歯が痛い原因&歯痛に効く応急処置3選

■ズキズキ歯が痛くて眠れない…、 ■食事の時に歯が痛くなり食べられない…、 ■アイクスリーム

記事を読む

no image

シャンプーで頭皮がかぶれる原因|洗浄力重視は肌の負担が大きい

頭皮やうなじ、生え際がかぶれた時にはシャンプーが原因となっていることがあります。  

記事を読む

日焼け止めでニキビが悪化するのはなぜ?塗らないほうがいい?

ニキビやニキビ跡に悩んでいる人は、この季節は通常のケアのほかに紫外線対策が必要です。  

記事を読む

すごく眠いのに布団に入ると眠れない!寝つきの悪い時の対処法

夜も更けてきて、さぁ寝ようと思って布団に入っても眠れない…、と悩んでいませんか?  

記事を読む

no image

ヘアアイロンで髪を傷めない最適の温度設定|200℃は高すぎ?

くせ毛を真っ直ぐにしたり、巻き髪にカールをさせたりと便利に使えるヘアアイロン。  

記事を読む

足の親指が痛い?それって通風の前触れの症状かも知れませんよ

ぶつけたわけではないのに「足の指が痛い」「赤く腫れて痛い」というような症状が見られたら、通風の前

記事を読む

冬だけじゃない!夏に加湿器が活躍する2つの理由

お宅の加湿器は冬まで押入れの中ですか?   冬は乾燥するので加湿器の活躍する機会が

記事を読む

no image

息苦しい鼻づまりに劇的効果!レーザー治療のメリットとデメリット

風邪をひき、鼻づまりになると、とてもツライのですが、風邪が治ると自然と回復します。  

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑