*

ぐっすり眠れない方に朗報!深い眠りへといざなう5つの処方箋!

公開日: : 美容・健康

ちゃんと寝ているのに疲れが取れない、なんだかスッキリしない、と睡眠について悩んでいませんか?

 

なんと、5人に1人はきちんと眠れていないというデータもあり、意外と多くの人が悩んでいる問題です。

 

しかし、睡眠の問題は、ちょっとした意識で改善できることが少なくありません。

 

 

朝までぐっすり眠るための処方箋

良質の睡眠を取るためには、寝る前の行動が大事です。そこで、朝まで良質の睡眠を得るための5つの対策を紹介します。

 

 

1.ぬるめのお風呂に浸かる

寝る前に一日の疲れを取ることが大事です。

 

それにはお風呂がとても有効ですが、熱いお風呂は交感神経を刺激するため逆効果となります。

 

ぬるめのお湯に20分ほど浸かるだけで体を休息する状態へと持っていくことが出来ます。

 

 

2.アルコールは控える

毎晩の晩酌を楽しみにしている事も多いでしょうが、快眠のためにはアルコールを控えることをお勧めします。

 

酔いによって寝付きやすいように感じますが、眠りが浅く疲れが残りやすくなってしまいます。

 

041137

 

 

3.スマホ・パソコン・テレビは厳禁!

現代は様々な電子機器に囲まれて生活しています。

 

特にスマホやパソコンは友達とのやり取りをしやすくする反面、眠りのためには良くないものです。

 

画面から発せられるブルーライトが交感神経を刺激し興奮状態になるため、良質の睡眠が取りにくくなります。

 

布団に入る2時間前には電子機器の使用を止め、自然と体が寝る準備を始めるように促しましょう。

 

 

4.寝るときの姿勢

寝るときには仰向けか横向きで寝るようにしましょう。

 

うつぶせ寝は人間が寝る姿勢としては不向きで、心臓や内臓を圧迫するため体に負担がかかってしまいます。

 

いびきをかく場合や睡眠時無呼吸症候群の症状がある場合は、横向きに寝ると熟睡度がかなりアップします。

 

 

5.サプリを利用する

上記で紹介した方法を行っても、夜中に何度も目が覚める・ぐっすり感が無いなど、良質の睡眠が取れないと感じているならサプリの摂取がおすすめです。

 

睡眠薬や睡眠導入剤のように強制的に眠りにつかせるものではなく、安らかな休息を得るための補助として活用できます。

 

錠剤や溶かして飲むタイプなど色々あるので、あなたに合ったサプリを利用するといいですね。

 

 

最後に

睡眠は体の好不調に大きく関わってきます。

 

あまり眠れなかった翌日には、体がだるく一日中不快な気分を引きずってしまった経験をした事があるでしょう。

 

人生の3分の1は睡眠のために時間を使うよう人間の体は出来ています。

 

言い換えれば、それくらい睡眠は大事なものです。

 

紹介した方法を活用して、快眠に役立ててくださいね。

 

関連記事

no image

出産後の髪質変化はなぜ起こる?元に戻すために気をつけるコト

出産後に髪質が変わって、抜け毛が増えたりボリュームがなくなる人は多いです。   妊娠・

記事を読む

軽いランニングでも期待できる効果

秋から冬にかけては、どうしても食べ過ぎてしまう季節。   ダイエットや健康維持の為

記事を読む

no image

化粧水で肌荒れを起こすときは【アルコール】が原因かも?

女性なら殆どの人が洗顔した後には化粧水を使います。   でもその使っている化粧品で

記事を読む

峯岸みなみも実践?コンビ二でOKのライザップ流食事メニュー

ライザップ(RIZAP)でダイエット成功の芸能人として新CMに出演することになったAKB48の峯

記事を読む

no image

鼻づまりで薬に頼るのはNG!漢方で体の調子を整える対処法

花粉の季節だけならともかく、一年中鼻水ジュルジュルで鼻づまりに悩まされていませんか? &nbs

記事を読む

親知らずが痛い時の対処法!虫歯になったら抜くほうがいい?

何だか歯茎に違和感があると思ったら親知らずが生えていた、という事ありますよね。  

記事を読む

絆創膏で自然なクッキリ二重を作るコツ!今日からアイプチ要らず

一重まぶたの必須アイテム「アイプチ」。   でも、アイプチを使っているとかゆみやか

記事を読む

若年性認知症が疑われる時!症状をチェックして早めの処置を!

認知症といえば高齢者の病気と思いがちですが、最近では若くして認知症を患う人が増えています。 &

記事を読む

髪の毛を伸ばす方法

髪の毛を早く伸ばす方法に信ぴょう性はある?スグ試したい16選

髪の毛を早く伸ばしたいなら亜鉛を摂ったり、頭皮マッサージを頑張っているのではないでしょうか?

記事を読む

10代・20代にも急増中!若い世代に起こる若白髪の原因と対処法

白髪といえば高齢者のなるものと思いがちですが、10代や20代という若い年代からでも白髪に悩む人が

記事を読む

no image
頭皮のかゆみ止め塗り薬|効果的な塗り方知っていますか?

頭皮がかゆいときはシャンプーが合わないとか、洗い方に気をつけましょう、

no image
アデランス無料ヘアチェックではどんな事をされる?

自宅での頭皮ケアや育毛剤で効果が感じられなかったなら、そのまま同じ薄毛

no image
ミノキシジルの副作用|心臓や肝臓への影響はある?

発毛・育毛に効果のある成分として有名なミノキシジル。  

no image
ミノキシジルの初期脱毛が止まらない|いったいいつまで続く?

ミノキシジルを使い始めると初期脱毛が起こることはご存知でしょう。 &

no image
シャンプーしても髪のべたつきが取れない原因を知っていますか?

毎日シャンプーしているのに何故か髪がべたつくことありませんか? &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑