*

ぐっすり眠れない方に朗報!深い眠りへといざなう5つの処方箋!

公開日: : 美容・健康

ちゃんと寝ているのに疲れが取れない、なんだかスッキリしない、と睡眠について悩んでいませんか?

 

なんと、5人に1人はきちんと眠れていないというデータもあり、意外と多くの人が悩んでいる問題です。

 

しかし、睡眠の問題は、ちょっとした意識で改善できることが少なくありません。

 

 

朝までぐっすり眠るための処方箋

良質の睡眠を取るためには、寝る前の行動が大事です。そこで、朝まで良質の睡眠を得るための5つの対策を紹介します。

 

 

1.ぬるめのお風呂に浸かる

寝る前に一日の疲れを取ることが大事です。

 

それにはお風呂がとても有効ですが、熱いお風呂は交感神経を刺激するため逆効果となります。

 

ぬるめのお湯に20分ほど浸かるだけで体を休息する状態へと持っていくことが出来ます。

 

 

2.アルコールは控える

毎晩の晩酌を楽しみにしている事も多いでしょうが、快眠のためにはアルコールを控えることをお勧めします。

 

酔いによって寝付きやすいように感じますが、眠りが浅く疲れが残りやすくなってしまいます。

 

041137

 

 

3.スマホ・パソコン・テレビは厳禁!

現代は様々な電子機器に囲まれて生活しています。

 

特にスマホやパソコンは友達とのやり取りをしやすくする反面、眠りのためには良くないものです。

 

画面から発せられるブルーライトが交感神経を刺激し興奮状態になるため、良質の睡眠が取りにくくなります。

 

布団に入る2時間前には電子機器の使用を止め、自然と体が寝る準備を始めるように促しましょう。

 

 

4.寝るときの姿勢

寝るときには仰向けか横向きで寝るようにしましょう。

 

うつぶせ寝は人間が寝る姿勢としては不向きで、心臓や内臓を圧迫するため体に負担がかかってしまいます。

 

いびきをかく場合や睡眠時無呼吸症候群の症状がある場合は、横向きに寝ると熟睡度がかなりアップします。

 

 

5.サプリを利用する

上記で紹介した方法を行っても、夜中に何度も目が覚める・ぐっすり感が無いなど、良質の睡眠が取れないと感じているならサプリの摂取がおすすめです。

 

睡眠薬や睡眠導入剤のように強制的に眠りにつかせるものではなく、安らかな休息を得るための補助として活用できます。

 

錠剤や溶かして飲むタイプなど色々あるので、あなたに合ったサプリを利用するといいですね。

 

 

最後に

睡眠は体の好不調に大きく関わってきます。

 

あまり眠れなかった翌日には、体がだるく一日中不快な気分を引きずってしまった経験をした事があるでしょう。

 

人生の3分の1は睡眠のために時間を使うよう人間の体は出来ています。

 

言い換えれば、それくらい睡眠は大事なものです。

 

紹介した方法を活用して、快眠に役立ててくださいね。

 

関連記事

no image

20代のクマはこうやって消す!アイクリームの効果的な使い方

目のクマを取りたくてお手入れをしてもなかなかクマが取れないという女性は多いです。  

記事を読む

椿油を使ってもパサパサが改善しない細い髪の原因は○○にあった!

髪がパサパサで広がってまとまらない、 毎朝、髪のセットをするときに格闘していませんか? &n

記事を読む

乳腺症は20代でもなる

乳腺症は20代でもなるって本当?痛みやしこりの様子見は危険!

女優の真矢ミキさんが乳腺症であることを公表されてから、乳腺症についての不安を口にする方が増え

記事を読む

脇の匂いは手術すれば無臭になる?手術費用と失敗したときの影響

夏になると脇の匂い(ワキガ)をどう抑えるか悩みませんか?   たいして動いてもいな

記事を読む

シミ・そばかすを消す方法!もう隠さなくても大丈夫

色が黒い私は小さい頃、肌が白く そばかすがある子がとてもかわいく見えたのを覚えています。 &

記事を読む

ムダにしていませんか?長風呂の時間を効果的に楽しむコツ

一日の疲れをとる一番の方法といえば、お風呂!   仕事から家に帰って湯船につかった

記事を読む

スーパーミリオンヘアがバレない方法を知りたい?ばれる人の3つの特徴とは?

(引用:https://www.ruan.co.jp/smh/)    

記事を読む

ロカボ食で無理せずダイエット!食べていいもの・ダメなもの

食事の量を減らしても、カロリー制限しても体重が減らない!なぜ?と悩んでいませんか?  

記事を読む

no image

鼻づまりに困っている人へ!自分にあった点鼻薬の選び方

花粉症などのアレルギー性鼻炎は、かかった人にしかわからない辛さがありますよね。  

記事を読む

なぜ生理前はこんなに眠いの?体内で起こっている変化とは?

生理前になると異常なほどの眠気に悩まされる、それも毎回…、 あなたもそんな悩みを抱えていません

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑