*

下り物の酸っぱい臭いが気になる方必見!臭いを瞬間的に消す方法

公開日: : 美容・健康

おりもの(下り物)の臭いがきついと病気ではないかと不安に思ってしまいますよね?

 

正常なおりものは無臭という情報もあるため、すっぱい臭いが強くなると何かの病気では?と気になるものです。

 

しかし、おりものは無臭ではなく「無臭に近いにおい」なので、元々、少しすっぱいようなにおいの性質は持っているものです。

 

体調や生理前、年齢など個人によって臭いの強さやおりものの量は違うので、病気に対してはあまり神経質にならなくても大丈夫です。

※気になるときは病院での診察は受けてください。

 

とはいっても、臭いがきつい場合には何とかしたいと思うのは当然です。

 

 

おりものの臭いを軽減する4つの方法

女性にとって悩みの種のおりものの臭いは軽減することが出来ます

 

1.膣を洗う・デリケートゾーンを清潔にする

おりものは膣を洗うことで臭いを軽減できます。

 

ビデを使って膣内洗浄したり、入浴時にキレイに洗うことで効果が見られます。

 

ただし、石けんで中まで洗うのは止めておきましょう。

 

おりものには膣内の自浄作用を行うという大切な役割があり、石けんでゴシゴシ洗ってしまうと必要な量まで失われてしまいます。

 

そうすると、臭いを抑えるためのおりものが足りなくなり、さらに臭いが強くなってしまい逆効果になります。

 

基本的にはぬるま湯で洗うだけで十分ですが、もしどうしても気になるようなら、デリケートゾーン専用の石けんで洗うようにしましょう。

 

090213

 

 

2.VIOラインのお手入れをする

おりものはおりものシートをつけて交換することで臭いの発生を抑えることができます。

 

しかし、VIOラインのヘアーが伸びっぱなしだと、おりものが毛に付着してしまいます。

 

そこに雑菌が繁殖して臭いの元となってしまいます。

 

ですから、短めに切りそろえるなど毛のお手入れをこまめにするようにしましょう。

 

 

3.おりものシートをこまめに交換

おりものシートは量が多くでたり、汚れが目立ってきたら交換していますよね?

 

あまり汚れが目立たないと、長時間同じシートをつけているという人も少なくありません。

 

しかし、汚れが目立たなくてもシートにはおりものが付着しているので、こまめに換えるようにしましょう。

 

また、かぶれやすい時には布ナプキンを使うと通気性がよく快適に使えます。

 

 

4.それでも臭いが軽減できないとき

生理前はおりものの量も増え、それに伴い臭いも強くなります。

 

そのため上記で紹介した方法を行っても臭いが軽減できないという場合もあります。

 

その時には下着やパンツ(ズボン)に消臭スプレーを吹きかけて臭いを外に漏らさないようにブロックするのがおすすめです。

 

ヌーラという衣類消臭用スプレーはニオイ分子に反応して、臭わない分子構造に変化させるため、衣類から漏らさずにしっかり消臭できるものです。

 

臭いの強烈な日にズボンを通り越してすっぱい臭いを感じる場合には、特に消臭効果を感じられます。

 

朝のスプレーでほぼ1日カバーしてくれるのも便利なポイントです。

 

大量の臭いでも瞬間的に消臭するため、臭いを消し去ることができるというわけです。

 

 

最後に

おりものの臭いは親しい友人であってもなかなか相談の出来ることではないですよね。

 

周りに臭いを出さないようにするには、

・清潔にする

・こまめにおりものシートを換える

 

この2点に気をつけてください。

 

これだけでも、かなり臭いが軽減されますので。

 

これからの季節はにおいに敏感になる季節なので、早めに対処を始めておくといいですよ。

 

関連記事

no image

ワセリンを保湿剤として顔に塗るのは大丈夫?

ワセリンは低刺激で保湿が出来るので赤ちゃんのデリケートなお肌にも使えます。   皮

記事を読む

私の何がイケないの?で放送の食べても太らないスーパーフードとは?

年齢と共にお腹周りについていく脂肪…   でも中にはいくら食べても太らない人っているも

記事を読む

no image

え、ニキビは潰してもいいの?跡を残さない正しい潰し方

ニキビは潰すと跡が残るからつぶしてはダメ!と一度は聞いた事がありますよね?   確

記事を読む

同窓会で綺麗と言われたい!30代で若く見せるためのポイント

学生生活を終え一般社会に出ると自然と疎遠となるのが学生時代の友人達。   30代く

記事を読む

早めの対処で発症を防ぐ!心筋梗塞の前兆と初期症状

冬場に多くなる病気の1つに心筋梗塞があります。   心筋梗塞になるのは動脈硬化や血

記事を読む

若い人でも発症に注意!夜眠れなくなるむずむず脚症候群とは?

夜布団に入ってしばらくすると、足元に虫が這っているような気持ち悪い感覚に悩んでいる人が急増してい

記事を読む

食物繊維のとりすぎが便秘を悪化させる?意外な原因と対策とは

便秘が辛い!   そんな時に便秘解消するために摂取するものといえば「食物繊維」です

記事を読む

no image

快適な眠りを実現!ちょうどいい枕の高さ調整のポイント

長時間寝てもスッキリしないな~、寝て起きると肩こりがひどいんだよな~、と睡眠に対する悩みを持って

記事を読む

冬だけじゃない!夏に加湿器が活躍する2つの理由

お宅の加湿器は冬まで押入れの中ですか?   冬は乾燥するので加湿器の活躍する機会が

記事を読む

no image

簡単にできる鼻づまりの対処法【ツボ押し】

鼻づまりは殆どの人が経験していることなので苦しいとわかりますよね。   それが長期

記事を読む

no image
頭皮のかゆみ止め塗り薬|効果的な塗り方知っていますか?

頭皮がかゆいときはシャンプーが合わないとか、洗い方に気をつけましょう、

no image
アデランス無料ヘアチェックではどんな事をされる?

自宅での頭皮ケアや育毛剤で効果が感じられなかったなら、そのまま同じ薄毛

no image
ミノキシジルの副作用|心臓や肝臓への影響はある?

発毛・育毛に効果のある成分として有名なミノキシジル。  

no image
ミノキシジルの初期脱毛が止まらない|いったいいつまで続く?

ミノキシジルを使い始めると初期脱毛が起こることはご存知でしょう。 &

no image
シャンプーしても髪のべたつきが取れない原因を知っていますか?

毎日シャンプーしているのに何故か髪がべたつくことありませんか? &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑