*

剛毛女性を悩ませる●●ホルモンとは?ツルツル綺麗にしたいなら!

公開日: : 美容・健康

周りの女性はツルツルのお肌でうらやましい!

友達もムダ毛の悩みが少ないみたい!

 

それなのに…、なぜ私だけこんなに剛毛なの?

 

あなたもそんな風に悩んで

このブログに訪問いただいたのではないでしょうか?

 

毛の濃い・薄い・多い・少ない、は遺伝も関係していますが、

ホルモンによる影響が大きいです。

 

男性ホルモンには体毛を太く・濃く、多くする働きがあるため

女性でも男性ホルモンの分泌が多いと剛毛になってしまいます。

 

 

ツルツル綺麗にしたいなら脱毛サロン

すねやお腹・背中など隠そうと思えば隠せる部分ならいいのですが、

手の甲や顔(ひげ)など見える箇所は

伸びてきたらその都度、処理しないといけないので面倒ですね。

 

これまで毛抜きで抜いたりかみそりで剃って

とりあえず見た目を綺麗にしてきた経験がありませんか?

 

ただ、それらの対策では一時的には良くても

逆に毛を濃くしてしまったり肌荒れの原因となることもあります。

 

ですので、すっきりと綺麗にするなら

思い切って脱毛サロンで脱毛してしまうのもおすすめです。

 

ただ脱毛サロンと聞くと高額料金を請求されたり

勧誘がすごいというイメージがあるでしょう。

 

以前は高額であった料金は単価が下がっていますし

口コミサイトなどの影響から、

サロン業界は強引な勧誘をするサロンは少なくなっています

 

初回キャンペーンなど使えば数百円で脱毛できることも

あるので上手に使うと安くてツルツルになれますよ。

 

 101256

 

 

脱毛サロンは不安というあなたに

しかし、脱毛のプロとはいえ、同じ女性に

剛毛を見せるのは恥ずかしいという気持ちも分かります。

 

いくら安くても、安さだけでは

なかなかサロンのドアを開く気にはなれないものです。

 

脱毛サロンは気が向かない、だけどツルツルになりたい

というあなたには脱毛クリームがおすすめです。

 

脱毛クリームは脱毛テープに比べて肌に優しいので

肌荒れなどのトラブルになる可能性が少ないです。

 

多少の痛みは伴いますが、

皮膚の表面をクリームが保護しているため

脱毛テープよりも痛みが少ないです。

 

クリームではないのですが、ブラジリアンワックスは

デリケートゾーンの脱毛にも使えるものなので

部位によって脱毛クリームと使い分けて使用するといいですよ。

 

関連記事

no image

SK2を使い始めたら吹き出物が出た!美肌ではなく肌荒れになる原因

少々お高めですが美肌になれると評判のSK2(SK‐Ⅱ:エスケーツー)。   若い女

記事を読む

no image

乾燥肌なのになぜベタつくの?顔のべたつきの原因と正しい対処法

きちんと洗顔しているのに顔がべたつくと、なぜ?と不思議になりませんか?   顔のベ

記事を読む

no image

ニキビ肌にヨーグルトパックはNG?期待できる効果とデメリット

お肌が若返る・美白効果があるということでテレビでも紹介された事のあるヨーグルトパック。 &nb

記事を読む

no image

しっかり洗顔は逆効果!顔のテカリを抑える方法

きちんと顔を洗っているのにしばらくするとテカリが出て恥ずかしくて困っていると悩んでいませんか?

記事を読む

no image

疲れの取れない方必見!不眠症で眠れないときに効果的な漢方

■布団に入ってもなかなか寝付けない… ■夜中に目が覚める… ■グッスリ眠れずに仕事中に眠くな

記事を読む

no image

薬とミネラルウォーターの飲み合わせ|薬を飲むときの正しい水選び

あなたは薬を飲むときに水で飲んでいますか?   こう聞かれると「はい」と答える人が

記事を読む

ヘアリセッターのデメリット

ヘアリセッターのデメリットはある?縮毛矯正とどちらがおすすめ?

ヘアリセッターという魔法のようなはさみがスマステーションで紹介されていましたね。 &nbs

記事を読む

no image

ヘアアイロンで髪を傷めない最適の温度設定|200℃は高すぎ?

くせ毛を真っ直ぐにしたり、巻き髪にカールをさせたりと便利に使えるヘアアイロン。  

記事を読む

乳腺症は20代でもなる

乳腺症は20代でもなるって本当?痛みやしこりの様子見は危険!

女優の真矢ミキさんが乳腺症であることを公表されてから、乳腺症についての不安を口にする方が増え

記事を読む

咳を止める方法 -裏技を2つ公開-

冬になり、寒くなって乾燥してくると風邪をひく人も増えてきます。   街中を歩いてい

記事を読む

PAGE TOP ↑