*

乾燥肌なのになぜベタつくの?顔のべたつきの原因と正しい対処法

公開日: : 美容・健康

きちんと洗顔しているのに顔がべたつくと、なぜ?と不思議になりませんか?

 

顔のベタベタがひどいと化粧崩れがひどくなるし、テカリが出るので恥ずかしくもなります。

 

乾燥肌なのに洗えば洗うほどべたつくのには原因があります。

 

 

顔がべたつく原因

乾燥肌でべたつくときの原因は洗顔のやり過ぎです。

 

洗顔をする事はお肌を清潔に保つ上で大切ですが、べたつきが気になるからと何度も洗顔をしたり、ゴシゴシと洗ってしまうのはNG行為です。

 

というのも、洗顔をし過ぎると肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

 

必要以上に皮脂を取り除いてしまうと、肌を守るために皮脂を大量に分泌するようになります。

 

この皮脂の過剰分泌が原因で顔がべたついてしまうのです。

 

また、ゴシゴシ洗うと皮膚に余計な刺激を与え、場合によっては傷つけてしまうこともあります。

 

そこが炎症を起こしてかゆみを伴うこともあります。

 

洗顔は泡で洗う事を心がけて洗いすぎにならないように気をつけることです。

 

 

顔のべたつきの対策

顔がべたつくときにベビーパウダーやシートで対策するのは有効です。

 

しかし、あくまでも一時的な対策と考えましょう。

 

皮脂が肌を守るために過剰に分泌しているだけなので、正しい洗顔を行えば次第にべたつきは治まっていくからです。

 

洗顔は泡で汚れや不要な皮脂を取り除いて、しっかりと保湿する事でお肌が正常な状態に戻ります。

 

 

最後に

皮脂の取りすぎで過剰に分泌するなんて不思議なことですが、体には不要なものはないという事です。

 

お肌を守ってくれる皮脂は役目を終えたものだけ落とすように優しく洗顔するようにしましょう。

 

顔の汚れを落としたいといっても強くこするのは厳禁です。

 

あくまでも泡で汚れを吸着する事を心がけましょう。

 

 

関連記事

no image

芸能人も愛用している冷え取り靴下の効果とは?

冬が近付いてくると手先や足先の冷えが辛くなってきます。   女性では7割ぐらいの人

記事を読む

足の毛穴の黒ずみを消したい!ムダ毛のお手入れが引き起こす事とは?

真夏日や猛暑日が続くようになり、薄着になることが多いこの季節。   周りを見渡せば

記事を読む

ビビリ毛の補修剤を探す前に知っておくべき事!傷んだ髪をきれいに見せる2つの要素

  失敗してしまった縮毛矯正やデジタルパーマ。   切るに切れず、修繕

記事を読む

no image

快適な眠りを実現!ちょうどいい枕の高さ調整のポイント

長時間寝てもスッキリしないな~、寝て起きると肩こりがひどいんだよな~、と睡眠に対する悩みを持って

記事を読む

no image

シミやそばかすがある女子は恋愛対象になる?

完璧な女性は存在しないにしても、できれば完璧を目指したくなるのが恋する乙女です。  

記事を読む

起立性低血圧の症状

起立性低血圧の原因と対処|立ちくらみを引き起こさない予防

・朝起きるのがつらい ・起きあがろうとするとフラフラする ・立ち上がると倒れそうになる &

記事を読む

寝るときの靴下はダメじゃない!正しい睡眠時の靴下の履き方

寒い冬の夜には手足が冷えて眠れない、 ということが少なくありません。   でも、

記事を読む

no image

シャンプーでしっかり洗ってもかゆみやフケが止まらない原因

頭皮の悩みのひとつとしてかゆみがあります。   なんとなく、頭がかゆい、違和感がある、

記事を読む

no image

鼻づまりに困っている人へ!自分にあった点鼻薬の選び方

花粉症などのアレルギー性鼻炎は、かかった人にしかわからない辛さがありますよね。  

記事を読む

スーパーミリオンヘアがバレない方法を知りたい?ばれる人の3つの特徴とは?

(引用:https://www.ruan.co.jp/smh/)    

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑