*

シャンプーで頭皮がかぶれる原因|洗浄力重視は肌の負担が大きい

公開日: : 美容・健康

頭皮やうなじ、生え際がかぶれた時にはシャンプーが原因となっていることがあります。

 

シャンプーを変えたときだけでなく、今までトラブルなく使っていたシャンプーでもかぶれなどの炎症が起こる事があります。

 

 

シャンプーでかぶれる原因

シャンプーでかぶれが起こるのは頭皮や首筋などの肌が過敏に反応している状態です。

 

これは、シャンプーが皮膚に触れる事でおこる接触性皮膚炎という皮膚の炎症です。

 

接触性皮膚炎というのは、皮膚に何かしらの刺激物がふれることで皮膚が反応して起こるものです。

 

この場合、シャンプーに対して反応が出ているのですね。

 

シャンプーを変えた場合は配合されている成分が以前のものと異なり、新しく使ったシャンプーの何かの成分に反応しているのです。

 

しかし、いつも使っていたシャンプーで反応が出る場合には、2つのパターンが考えられます。

 

 

普段使っているシャンプーでかぶれる時

それまでに使っていたシャンプーで突然かぶれるようになった場合は、

 

1.肌質の変化

2.刺激の蓄積

 

の2つがあります。

 

 

1.肌質の変化

肌質の変化は加齢によるものが大半です。

 

年齢と共に肌質は変化しているので、ある時を境にいつも使っていたシャンプーを刺激として反応するようになるのです。

 

この場合、そのシャンプーに含まれる成分を避けることが必要となります。

 

 

2.刺激の蓄積

洗浄力の強いシャンプーを使っていると肌の強いときはトラブルとして表面に出なくても、少しずつ皮膚に刺激が蓄積されています。

 

コップに注いだ水があふれるように、刺激の蓄積があるラインを超えるとかぶれとして症状が出るようになります。

 

この場合も、反応している成分を配合していないシャンプーを使う事でかぶれが出ないようになります。

 

 

どの成分がかぶれの原因となっているのか?

シャンプーには汚れを落としたり、潤いを与えたり、香りをつけたりするような、色々な成分が配合されています。

 

そのどれに反応してかぶれているのかを判断するのは容易ではありません。

 

ただ、かぶれの原因となりやすい成分としては「合成界面活性剤」が挙げられます。

 

界面活性剤は頭皮や髪の汚れを落とすために配合されているシャンプーが多く、刺激も強いので炎症が起こりやすいです。

 

特に石油系の界面活性剤は避けるようにしましょう。

 

 

シャンプーを選ぶ基準

かぶれが出たシャンプーは使用を止めて、新たに刺激の弱いシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

界面活性剤を使っていないことはもちろんですが、シリコンや着色料なども刺激となるので、使用していないシャンプーが良いでしょう。

 

「頭皮・肌に優しい」「無添加」という風に肌へ弱刺激をコンセプトとしているシャンプーを選ぶ基準としてください。

 

アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」
のようなアミノ酸シャンプーは頭皮の健康にするためのシャンプー作りをメインに考えているので安心して使えます。

 

東急ハンズでも販売されており、累計10万本の販売実績は信頼の証ともいえます。

 

 

まとめ

シャンプー選びは本当に大変です。

 

頭皮は毛髪に守られているので、他の部位の肌以上にデリケートで刺激に弱い部分です。

 

かぶれだけではく、かゆみや赤みなどの変化を感じたら、使用をやめて様子を見るようにした方がいいです。

 

もし、症状がひどいようなら皮膚科を受診して、まずはかぶれや炎症を薬で治すことを優先しましょう。

 

そして、肌に合うシャンプーを選別する事をおすすめしますよ。

 

関連記事

no image

飲みすぎに注意!眠眠打破の効果と怖~い副作用

あー、眠い~~~!   こんな時フリスクやコーヒーなどで眠気覚ましをしていませんか

記事を読む

親知らずが痛い時の対処法!虫歯になったら抜くほうがいい?

何だか歯茎に違和感があると思ったら親知らずが生えていた、という事ありますよね。  

記事を読む

おへそが臭いのは病気?気にしなくても大丈夫?

おへそが臭いのは病気だと思っていませんか?   体臭の中でもへそがにおうなんて聞い

記事を読む

ニキビ部分の皮が剥けるときの対策|刺激を与えないケアを心がける

ニキビ部分だけ皮剥けする場合は主に乾燥が原因となっています。   ニキビは毛穴の詰

記事を読む

絡みやすい髪の毛の対処法

冬になると特に髪のトラブルが気になりませんか? 静電気が起こりやすくなったり、髪が絡まりやすく

記事を読む

脱毛テープは痛いに決まってる!なので痛みを軽減する5つの方法を公開

    脱毛テープを剥がすときは痛いですか?   &nbs

記事を読む

洗顔中にニキビが潰れると悪化の原因に!皮膚の汚れは●で落とす

ニキビは触らないのが一番ですが、顔を洗うときについ触ってしまい潰れてしまう事がよくあります。

記事を読む

座りっぱなしが及ぼす悪影響!疲れない座り方を伝授します

現代人は仕事や学習、車の運転、電車や飛行機の移動などで、 椅子に座るという場面が非常に多いです

記事を読む

若年性認知症が疑われる時!症状をチェックして早めの処置を!

認知症といえば高齢者の病気と思いがちですが、最近では若くして認知症を患う人が増えています。 &

記事を読む

後悔しないビビリ毛ケア!自宅でやれるだけの事をやる4つのコツ

  ビビリ毛はどうやっても直すことはできません。   しかし、そのまま

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑