*

肌が弱いアナタのためのファンデーションの選び方

公開日: : 美容・健康

ファンデーションで肌が乾燥したり、赤くなった事はありませんか。

 

肌に密着するファンデーションは、毛穴を塞ぎ肌の負担になりやすい化粧品です。

 

しかし、ファンデーションをしないと肌荒れが目立ってしまうことも多いです。

 

そういった堂々巡りに一度なってしまうとなかなか抜け出せません。

 

そんな板挟みに悩む方は一度ファンデーションを見直してみるといいかもしれません。

 

 

刺激の少ないファンデーション

低刺激の敏感肌用ファンデーションや、オーガニック成分配合のファンデーションは肌への負担も少なく弱い肌におすすめです。

 

ゴシゴシとこすらないように、優しくスポンジを滑らせて肌に塗ると効果的です。

 

厚塗りは毛穴を塞ぐ原因や、塗りムラの原因になってしまうので薄くのばすようにするといいでしょう。

 

もちろん、ファンデーションを落とさず寝るのは厳禁です。

 

夜は素肌を休ませてあげましょう。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

ファンデーションで肌ケア

肌の色味が、赤みが強い、くすみがあるという場合はカラーケアができるファンデーションを選ぶと効果的です。

 

赤みには青、黄ぐすみには赤といったカバーできる色のファンデーションのため、肌の色味をコントロールできます。

 

弱い肌を強くするにはファンデーションだけでなく化粧下地も潤い重視のものや、低刺激のものを選ぶとトラブルになりにくいです。

 

化粧下地はケア重視、ファンデーションはカバー力重視、など組み合わせてもいいかもしれません。

 

カバー力はコンシーラーに任せて、ファンデーションも化粧下地もケア重視だとより肌に優しいメイク方法になります。

 

 

ファンデーションで理想の肌へ

ファンデーションは肌の凹凸やにきび、シミといった蓄積された肌の老化を綺麗に見せてくれる化粧アイテムです。

 

表面上のカバーだけでなく、弱った肌の奥まで潤いを閉じ込めてくれるようなファンデーションを見つけられるといいですね。

 

ファンデーションを上手に使って素肌を綺麗にみせると顔の印象も若々しく見えますよ。

 

関連記事

ネットが無くても大丈夫!洗顔料をきめ細かくもっちり泡立てるコツ

洗顔料の泡立てが面倒に感じていませんか?   泡立てネットを使えばすぐにキメの細か

記事を読む

脱毛テープで根こそぎ抜くコツ!処理後のお肌ケアまでキッチリ公開!

  毛抜きのようにチマチマ抜く必要がなく、カミソリのように傷めることもない。 &n

記事を読む

食物繊維のとりすぎが便秘を悪化させる?意外な原因と対策とは

便秘が辛い!   そんな時に便秘解消するために摂取するものといえば「食物繊維」です

記事を読む

化粧水を使っても潤わない!幾ら保湿しても潤いを感じない理由

■化粧水をジャブジャブ使っても潤わない… ■乾燥肌が止まらない… いくらしっかりと保湿しても

記事を読む

早めの対処で発症を防ぐ!心筋梗塞の前兆と初期症状

冬場に多くなる病気の1つに心筋梗塞があります。   心筋梗塞になるのは動脈硬化や血

記事を読む

舌苔は取るべき?除去しないとアナタの口臭は大変な事になりますよ!

歯磨きをした後に磨きのこしがないか鏡で見たときに、舌に付いている白いもの(=舌苔:ぜったい)を見

記事を読む

no image

昔のような元気な髪に戻りたい!スカスカの髪の悩み対策

髪の悩みは人それぞれです。   その中で年齢を増すに従って増える悩みの1つが、髪が

記事を読む

ごっそり取れる毛穴パックにご用心!開きっぱなしで逆効果にも!

あなたは500円くらいで買える市販の毛穴パックを使ったことありますか?   毛穴に

記事を読む

軽いランニングでも期待できる効果

秋から冬にかけては、どうしても食べ過ぎてしまう季節。   ダイエットや健康維持の為

記事を読む

脱毛テープのデメリット!痛い・抜けない以上に怖い肌トラブルとは?

    ムダ毛処理をカミソリでしていると、カミソリ負けしたり傷になっちゃ

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑