*

頭痛で悩まされている人必見!その頭痛の原因は鼻づまりかも?

公開日: : 美容・健康

春の花粉の飛ぶ季節や、風邪が始まる冬の時期になると鼻づまりに悩まされる人が多くなります。

 

鼻がつまってくると症状も色々あるのですが、頭まで痛くなる事ありませんか?

 

以外にも鼻づまりと頭痛は関係があるようなのです。

 

対処法が見つかると頭痛もなくなる可能性があるので、鼻づまりと頭痛の関係を調べてみたいと思います。

 

 

鼻づまりと頭痛の関係

鼻がつまって頭痛を起こす原因は2つ考えれます。

 

1つは細菌によるもので、鼻の粘膜が細菌で炎症を起こしてしまい、副鼻腔にも炎症があらわれ急性副鼻腔炎になった場合です。

 

症状としては鼻水がネバネバした黄色や緑色の鼻水に変わります。

 

もう1つは、鼻腔内の粘膜が腫れることで起こる鼻づまりです。

 

症状はクシャミが続けて何回も出ます、鼻水の形状は上記と違いサラサラした鼻水で、アレルギー性鼻炎が考えられます。

 

この2つの症状は、鼻の粘膜が腫れてしまい、空気の通りが悪くなるのですが、鼻呼吸ができなくなるとどうしても口呼吸になってしまいます。

 

本来私達は鼻呼吸で暮らしているので、急に口呼吸に変わってしまうと、呼吸が浅くなり酸素不足になってしまい、脳に届く酸素が不足してしまい頭痛が起こってしまうのです。

 

 

鼻づまりの解消法

鼻づまりが辛いときには、次の2つを参考にしてください。

 

■鼻をかむ時は鼻を温めてからにする

蒸しタオルを鼻の付け根に乗せ温めてから、かみます。鼻を温めることで鼻の粘膜の血行がよくなり改善されます。

 

■片方の鼻孔を押さえ、ゆっくりかむことです

両方一緒にかむと中耳炎になる可能性があります。

 

 

まとめ

鼻づまりと頭痛の関して説明してきましたが、上記以外に吐き気やめまいがする場合は副鼻腔炎が悪くなり「蓄膿症」の場合があり、その場合は病院に行く必要があります。

 

鼻がつまっていると憂鬱な気分になるので、上記を参考にして鼻づまりを解消してみてください。

 

 

関連記事

毛穴パックでの角栓のとり過ぎに要注意!汚れ以上に危険な事とは?

角栓は毛穴に詰まった皮脂や角質が蓄積されて出来るものです。   皮脂は普段から分泌

記事を読む

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ」。 毛抜きみたいに時

記事を読む

化粧水を使っても潤わない!幾ら保湿しても潤いを感じない理由

■化粧水をジャブジャブ使っても潤わない… ■乾燥肌が止まらない… いくらしっかりと保湿しても

記事を読む

「カミソリ負けでかゆい」ときの対処法は、オロナインよりも〇〇の方がいい!

  ムダ毛処理の定番「カミソリ」。   8割近くの人はカミソリで

記事を読む

旦那のいびきに悩んでいる方へ!寝ている間もしっかり防止するグッズ

旦那さんのいびきがうるさく ガマンの限界と悩まされていませんか?   毎晩毎晩、

記事を読む

no image

シャンプーで頭皮がかぶれる原因|洗浄力重視は肌の負担が大きい

頭皮やうなじ、生え際がかぶれた時にはシャンプーが原因となっていることがあります。  

記事を読む

no image

頭がかゆくてたまらない!シャンプーしてもかゆみが消えない原因

毎日シャンプーをしても頭がかゆくてたまらない時は頭皮に優しいシャンプーに変えて対処しようと思って

記事を読む

どっちがいいか迷ってない?セノビックとミロを比較してわかった違いを公開

  子供の成長期って今しかないので、できるだけ栄養のあるものをとらせてやりたいのが親

記事を読む

セノビックの口コミは眺めてるだけじゃダメ!愛飲者の評価で見えた長所と短所とは?

  累計1,000万個も売れていると聞けば「セノビック効きそう!」と思いつつも、「で

記事を読む

ベロ回しだけじゃない!ほうれい線を消す効果的な方法

鏡を見るたびに映るくっきりと深いほうれい線に いつもため息が出ていませんか?  

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑