*

ワセリンを保湿剤として顔に塗るのは大丈夫?

公開日: : 美容・健康

ワセリンは低刺激で保湿が出来るので赤ちゃんのデリケートなお肌にも使えます。

 

皮膚科の医師も乾燥対策として処方するくらいですので、安心して使っている人も多いでしょう。

 

赤ちゃんにも使えるなら大人の保湿剤として顔に塗るのもありなのではないでしょうか?

 

 

ワセリンを顔に塗るときの注意点

ワセリンは大きく分けて白色と黄色の2種類があります。

 

白色と黄色の違いは不純物が含まれる量によるものです。

 

顔に塗る場合には白色を選んで使うようにしましょう。

 

なぜかというと、白色ワセリンの方が不純物が少ないので皮膚の薄い顔に塗っても刺激が少ないからです。

 

黄色ワセリンよりも少し高くなりますが、顔に塗る場合は白色ワセリンを使うようにしましょう。

 

ただし、白色ワセリンであってもアトピー性皮膚炎や敏感肌の人には刺激が強い場合もあるので、初めて使うときには部分的に試してから使うほうが安心です。

 

 

意外と少ない保湿能力と肌への影響

ワセリンは保湿に優れていると思われていますが、長時間の保湿には向いていません。

 

保湿効果として期待できるのは、顔に塗ってから1~2時間程度が限界です。

 

クリーム状になっており、塗って伸ばして膜を張る事で保湿をするものです。

 

肌の奥まで浸透するわけではないので、表面的な保湿に留まる上ベタベタするのもマイナスポイントと言えます。

 

また、赤ちゃんに使えるほどの低刺激とはいえ、肌が弱い・敏感肌の場合にはかゆみやかぶれが出る事もあります。

 

敏感肌でも使える化粧水の方がワセリンよりも保湿には優れています。

 

例えば、B・ミメテクス化粧水は敏感肌のために開発された化粧水なので、ヒリヒリする肌荒れでも安心して使えます。

 

 

ワセリンはスキンケア後がベスト

ワセリンは保湿剤として使うよりもスキンケア後の表面保護として使うほうが乾燥を防ぐには良い対策です。

 

お肌に与えた潤いを逃がさないための蓋の役目です。

 

べたつきが気になるときには皮膚の表面に薄く膜を張るイメージで塗るようにするといいですよ。

 

関連記事

足を組む癖は今すぐ直そう!体のゆがみが体調不良を呼ぶ!

仕事中や授業中などで椅子に座っているとき ついつい足を組んで座っていませんか?  

記事を読む

つむじはげの原因を究明!その対策ではあなたの薄毛は止まらない!

つむじはげの悩みどころは、自分では見えないところです。頭頂部より少し後ろにあるので合わせ鏡でもし

記事を読む

no image

諦めないで!風邪をひきやすい体質を改善する鍵となるもの!

風邪のひきやすさには体質が関係しています。   冬は必ず風邪をひくという人もいれば

記事を読む

no image

飲みすぎに注意!眠眠打破の効果と怖~い副作用

あー、眠い~~~!   こんな時フリスクやコーヒーなどで眠気覚ましをしていませんか

記事を読む

咳を止める方法 -裏技を2つ公開-

冬になり、寒くなって乾燥してくると風邪をひく人も増えてきます。   街中を歩いてい

記事を読む

no image

乾燥肌なのになぜベタつくの?顔のべたつきの原因と正しい対処法

きちんと洗顔しているのに顔がべたつくと、なぜ?と不思議になりませんか?   顔のベ

記事を読む

首にできた醜いイボをサッと取るには?自宅で出来るイボの取り方

鏡を見ていてふと首にイボが出来ているのに気付くことがあります。   痛くもかゆくも

記事を読む

膀胱炎の原因と症状|自然治癒で治す事はできる?

最近なんだかトイレが近い…、排尿時に痛みがある…、など今までは感じなかった症状が出たなら膀胱炎(

記事を読む

セノビックの口コミは眺めてるだけじゃダメ!愛飲者の評価で見えた長所と短所とは?

  累計1,000万個も売れていると聞けば「セノビック効きそう!」と思いつつも、「で

記事を読む

他人には分からない不快な悩みを解消できる!耳鳴りを治す食べ物

耳から離れない「キーン」という不快な耳鳴り。   一度気になり始めると暫くのあいだ

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑