*

唇の端(口角)が切れてしまった時の原因と対処法

公開日: : 美容・健康

唇の端が切れたことってありませんか?

 

治りかけても食事をする時に又切れてしまって、酷くなると出血したり、腫れてしまったりします。

 

この厄介な口角炎の原因と対処法を紹介したいと思います。

 

 

口角炎になる原因

口角とは唇の両端の事を言い、その部分が炎症を起こしてるのを口角炎と言います。

 

症状は両端が切れたり腫れたりし、口を開けるたびに裂けるので、治りにくい病気の一つで別名カンジダ性口唇炎とも言われています。

 

原因なのですが、もともとカンジダは私達が体の表面にいる菌(常在菌)で健康な時はカンジダの増殖を防いでいます。

 

しかし免疫が落ちることで、増殖を抑えることができずに炎症が起こってしまうのです。

 

 

口角炎の対処法と予防策

口角炎は自分で対処できる場合と病院を受診しなければいけない場合があります。

 

自分で対処できるのは、初期段階や生活のバランスを崩して発症してしまう場合で、その時は食生活を見直しビタミンなどの栄養素を補給したり、ワセリンなどの保湿剤で乾燥しないようにすることで改善できる場合があります。

 

それ以上の場合で、腫れたり膿んでる場合は病院を受診して抗生物質や抗真菌剤などのステロイド剤を処方してもらうのが良いです。

 

予防策としては、日頃からストレスや疲労を溜めず、食事にビタミンを摂りいれる事が大切です。

 

そして、口の周りを清潔にする事です。

 

患部は石けんなどで洗い清潔に保ち、乾燥さすのが良いのでティッシュなどを軽く口に噛み水分を取除き、乾燥させないようにワセリンや薬を塗ってください。

 

切れた患部は気になりますが「グッ」とこらえ、舐めたり触ったりしない事が早く治る秘訣です。

 

 

まとめ

私は口角炎は疲れて免疫が低下したことで起こるものだと思っていたのですが、菌が原因な場合があり病気という事は知りませんでした。

 

私も何回か発症した事があるので、酷くなった場合は病院を受診し、発症しないように予防したいと思います。

 

口角炎で悩んでいる人も参考にしてみてください。

 

関連記事

食物繊維のとりすぎが便秘を悪化させる?意外な原因と対策とは

便秘が辛い!   そんな時に便秘解消するために摂取するものといえば「食物繊維」です

記事を読む

夜勤の疲れが取れないあなたへ!その疲れは十分な睡眠で解決できる!

夜勤で疲れているのに何故か眠れない…、こんな経験あなたもありませんか?   眠れないと

記事を読む

ゼッタイに元彼を見返す!失恋をバネにしてきれいになる方法

失恋は胸が張り裂けそうになるくらいに辛いです。   10代、20代、30代…と年代

記事を読む

早めの対処で発症を防ぐ!心筋梗塞の前兆と初期症状

冬場に多くなる病気の1つに心筋梗塞があります。   心筋梗塞になるのは動脈硬化や血

記事を読む

若年性認知症が疑われる時!症状をチェックして早めの処置を!

認知症といえば高齢者の病気と思いがちですが、最近では若くして認知症を患う人が増えています。 &

記事を読む

no image

ミノキシジルの初期脱毛が止まらない|いったいいつまで続く?

ミノキシジルを使い始めると初期脱毛が起こることはご存知でしょう。   しかし、しばらく

記事を読む

知ってましたか?冬だからこそ体臭に気をつけるべきだという事を!

夏は汗をかきやすく、臭いはいつも気になりますよね。   汗拭きシートやデオトラント

記事を読む

似ているようで違う!ニキビと吹き出物の違いとは?

あ~、ニキビが出来ちゃった! イヤそれは吹き出物でしょ?   なんていうやり取り

記事を読む

熱中症対策でも水の飲みすぎに注意!水中毒にならない正しい飲み方

今年の夏も熱いですねー!   連日、「今日の最高気温は○県○市で、なんと○度という

記事を読む

旦那のいびきに悩んでいる方へ!寝ている間もしっかり防止するグッズ

旦那さんのいびきがうるさく ガマンの限界と悩まされていませんか?   毎晩毎晩、

記事を読む

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑