*

頭皮のカビに効く市販薬|脂漏性皮膚炎のかゆみ・炎症を抑えたい

公開日: : 美容・健康

頭皮にカビができると、かゆみやフケといった症状がでるようになります。

 

できものができるなど炎症を起こすこともあるので、気づいたら早目の対策が必要になります。

 

ただ、頭皮のカビに効く薬ってあるの?という疑問があると思いますので、まとめて紹介します。

 

 

頭皮のカビに効く市販薬

スポンサーリンク

 

 

脂漏性皮膚炎はマラセチアというカビが原因で起こりますが、カビに対する薬はありません。

 

カビが原因でできた脂漏性皮膚炎に効く薬なら市販でも販売されています。

 

新レスタミンコーワ軟膏やムヒソフトGXなどはかゆみや炎症を抑える成分が配合されている尾で、病院に行く時間がない場合は使ってみるといいでしょう。

 

しかし、カビ自体を除去するわけではありませんので、かゆみが治まっても頭皮環境が良くなっているわけではありません。

 

 

頭皮のカビを抑えるには?

 

実は、頭皮にはカビは普段から存在しています。

 

つまりカビがいること自体には問題はありません。

 

ただ、そのカビが過剰に増えたり頭皮環境を悪くしているのが問題なのです。

 

もしカビが原因として脂漏性皮膚炎を発症しているなら、頭皮環境を整える必要があります。

 

カビが増殖するのを抑えて、頭皮を守るには専用のシャンプーを使うしかありません。

 

カビを抑えるシャンプーとしては、コラージュフルフルは持田ヘルスケアという製薬グループ会社が発売している薬用シャンプーがあります。

 

頭皮のカビの増殖を抑える事でふけやかゆみを抑えることができるシャンプーです。

 

薬で脂漏性皮膚炎の症状が治まったら、このようなシャンプーで頭皮環境を改善することが大事です。

 

フケの原因菌の増殖をブロック!頭皮環境も整える薬用シャンプー

 

関連記事

あなたの動脈硬化度を確認できる!血管年齢測定のチェックリスト

最近、テレビの健康番組でよく耳にする「血管年齢」。   もうすぐ還暦を迎える郷ひろ

記事を読む

頭がかゆい原因!次から次へと出るふけを止めるには?

頭がかゆい~、と思っていたらフケの出る量もすごかった!ということありませんか?  

記事を読む

no image

頭皮が固いのを改善すれば髪は生える?柔らかくするだけじゃダメ!

頭皮が固い人は髪が抜けやすいとか、ハゲやすいといわれていますが、本当なのでしょうか? &nbs

記事を読む

no image

季節の変わり目に肌荒れする貴女へ!生活を見直すチャンスです

季節の変わり目になると肌荒れになるという人は少なくありません。   特に肌の弱い敏

記事を読む

no image

初めて使った化粧水が合わないと感じたときの対処法

化粧水を変えると肌に合わずに肌荒れする事があります。   この場合は、使用を止める

記事を読む

寝るときの靴下はダメじゃない!正しい睡眠時の靴下の履き方

寒い冬の夜には手足が冷えて眠れない、 ということが少なくありません。   でも、

記事を読む

no image

肌の弱い人が選ぶべき化粧品とメイクのポイント

肌が弱くて化粧品が合わない、そんな事はありませんか?   肌に密着する化粧下地、毛

記事を読む

no image

塗りすぎ厳禁!ファンデーションで鼻の黒ずみをきれいに隠すには

毛穴の黒ずみをはとりあえず隠してしまいたいものです。   あなたも鏡の前で、ついフ

記事を読む

クロキュアはデリケートゾーンに使える!?黒ずみを消す正しいケア方法とは?

    小林製薬の黒ずみケア用品「クロキュア」。   &n

記事を読む

手汗がひどくて好きな人と手をつなげない方必見!夏の発汗対策!

好きな人と手をつなぎたい!でもつなげない!   別のカップルが手を繋いでいるのを見

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
カミソリ負けにいいのはニベア?オロナイン?早く治すにはどっちを使えば効果的?

カミソリでムダ毛処理した後のヒリヒリや痛み・・・、手元にあるニベアで解

カミソリ負けしたけど皮膚科に行けない!そんな時に代用できる市販の薬

    カミソリ負けして薬が欲しい・

カミソリ負けにリンデロンは使える?副作用なく安全に使用するための心構え

  ムダ毛処理した後のカミソリ負けがひどい時は、症状に

カミソリ負けでヒリヒリ痛い方は必読!剛毛な人でもムダ毛処理が痛くない方法

  手軽なムダ毛処理として使っている人の多い「カミソリ

カミソリ負けで湿疹ができたときの治し方!シミになる前の予防も解説

  カミソリ負けで赤く湿疹ができてしまった場合は、正し

→もっと見る

PAGE TOP ↑